So-net無料ブログ作成
検索選択

第526話 槍と鉄槌

鋭き槍術の使い手王賁と馬南慈の一騎討ち。王賁は連続の突きを馬南慈に浴びせる。番陽は王賁の槍に速さと正確さに加え、紫伯のような破壊力まで付いてきた姿を見て、間違いなく中華五指に入ると確信する。
馬南慈は王賁の槍に圧されるが、何とか矛で受けきっていた。しかし、矛を振ろうにも間合いに入る前に凄まじい連打が飛んでくるため、防戦一方になっていた。さらに、部下より刻がなく、一旦離脱しましょうと進言を受ける。
馬南慈はそれを否定し、この男に鉄槌を喰らわしてはおらぬと矛を王賁に投げつける。王賁はそれを槍で払いのけるが、馬南慈は王賁に飛びかかり、右手を掴むとそのまま馬から引きずり下ろし、渾身の拳を王賁の頭めがけて振り下ろす。間一髪のところで王賁はその拳をかわす。
そして、馬南慈は部下から矛を投げ渡される。それを掴むと同時に背後からきた亜光と刃を激しくぶつからせる。力の勝負に馬南慈は亜光の方が相性がいいと感じる。
そして、馬南慈は猛者二人同時に鉄槌を落とすには連れてきた兵力が少々不足していたとその場を去ろうとする。亜光は逃げ切れると思うかと言うと馬南慈は逆にこんな初日で馬南慈の首が取れるとでもと聞き返す。
そこに後ろから趙軍が現れる。亜光が左側に来たため、兵力が固まり、趙軍の第一陣が復活してしまったのであった。押し込まれていた岳嬰が息を吹き返すには十分の隙であった。趙峩龍はそれを見て、馬南慈は戦をよくわかっていると感じていた。趙峩龍の部下はさらに我々が出陣すれば形勢は一気に趙側に傾くのではと尋ねるが、趙峩龍は出陣は敵がもっと弱ってからだ、十分弱ってから食しに行くと返す。

その頃秦軍中央本陣では信が王翦に呼び出されていた。王翦は信に隊内で脚の速い八百機を選りすぐり、今すぐ出陣せよと命令を下す。信がどちらの戦場へと尋ねると王翦は左だ、左の戦場に割って入り、お前が紀彗の首を取って来いと指示する。




まずは合併号のため、来週はヤンジャンの発売自体ありません。
おー遂に飛信隊出陣ですね!!しかも紀彗の首を取れという指示でなかなか痺れますね。秦軍はちょっと左に戦力が寄りすぎな気がしますが、それも作戦の内でしょう。信と羌瘣でぜひ紀彗を討ち取って将軍昇格を確実にしてほしいと思います。