So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

第527話 橑陽の牙

早くも両翼の熱戦が展開する李牧と王翦の朱海平原の戦い。その地より南西に約三百里ではもう一つ重要な戦いが同時進行していた。山界の王楊端和軍対橑陽軍の戦いである。

壁は山の民の戦いぶりを見て、その強さに驚きを隠せないでいた。壁の援軍一万が加わらずとも山の民五万で九万の敵を圧倒していたのだ。しかし、楊端和は趙軍の戦い方が単調であるため、何か狙っているかも知れなく、流れ次第ではすぐに壁に出陣してもらうと話す。
そこに少数の騎馬が楊端和本軍の前を通る。その騎馬は舜水樹が率いており、山の民の亡骸を引き摺っていた。そして、舜水樹の合図と共に遺体に矛が突き刺さる。さらに舜水樹は楊端和を指差し、挑発する。それを見た山の民は怒り、舜水樹の後を追う。公孫龍は顔に似合わず派手な登場だとし、迎えの隊を送る。山の民の陣では楊端和はしっかり顔を覚えたぞと怒りを露わにする。

舜水樹は趙本陣で全軍退却を指示する。舜水樹は戦いで勝つにせよ、奴らを深く引き込み、一人残らず息の根を止めたいと考えていた。懸念としてはここで討ちもらした残兵が李牧の朱海平原に流れることであった。公孫龍はどこまで後退をと尋ねると舜水樹は橑陽城までだと返す。公孫龍はそこには厄介な…と焦るが、舜水樹はそのまさかであり、橑陽の牙で秦軍を引き裂くと断言する。

山の民と戦っていた趙軍は全軍退却を開始した。山の民は不自然な退却に素直に追って大丈夫かと楊端和に聞くと追わずに視界から消えられ、軍を分けて鄴に行かれる方が厄介だと返す。壁は敵の意図はともかく、兵糧攻めしている秦軍の目的は鄴に敵を近づけぬことであり、後ろに追い込むことは鄴から遠ざけることで、好都合と考えた。しかし、それを聞いた山の民はそれ故不気味だと気付かせる。楊端和は退がる理由としてはこの先に趙に有利な戦場があるのか、強力な援軍が待っているかのどちらかだと話す。

趙軍では公孫龍が舜水樹に本気で橑陽城をこの戦いに巻き込むのかと尋ねる。舜水樹はそれに答えず、他の部下がさっきの橑陽の牙とは何かと尋ねる。舜水樹はここにいる軍は橑陽軍であるが、橑陽一帯の城から集められたもので、真の橑陽城の兵ではないとし、橑陽城には趙人とは異なる人種の人間が巣食っているのだと説明する。

楊端和は橑陽城まで来ると全軍停止、敵の突撃に備えよと支持する。それは犬戎であった。橑陽には中華の周王朝をその手で滅ぼした大犬戎族の末裔が城を占拠していたのだ。




犬戎族ですが、たぶん趙にとっては厄介な存在なんでしょう。それを秦軍にぶつけるとは毒をもって毒を制すようなものなのでしょう。山の民は犬戎族と趙軍九万を相手にするという非常に苦しい戦いになってきましたね…
ちなみに舜水樹の挑発は楊端和に橑陽まで確実に追って来させる以外にも何か意図があるのでしょうか…謎ですね。

nice!(3)  コメント(8) 

第526話 槍と鉄槌

鋭き槍術の使い手王賁と馬南慈の一騎討ち。王賁は連続の突きを馬南慈に浴びせる。番陽は王賁の槍に速さと正確さに加え、紫伯のような破壊力まで付いてきた姿を見て、間違いなく中華五指に入ると確信する。
馬南慈は王賁の槍に圧されるが、何とか矛で受けきっていた。しかし、矛を振ろうにも間合いに入る前に凄まじい連打が飛んでくるため、防戦一方になっていた。さらに、部下より刻がなく、一旦離脱しましょうと進言を受ける。
馬南慈はそれを否定し、この男に鉄槌を喰らわしてはおらぬと矛を王賁に投げつける。王賁はそれを槍で払いのけるが、馬南慈は王賁に飛びかかり、右手を掴むとそのまま馬から引きずり下ろし、渾身の拳を王賁の頭めがけて振り下ろす。間一髪のところで王賁はその拳をかわす。
そして、馬南慈は部下から矛を投げ渡される。それを掴むと同時に背後からきた亜光と刃を激しくぶつからせる。力の勝負に馬南慈は亜光の方が相性がいいと感じる。
そして、馬南慈は猛者二人同時に鉄槌を落とすには連れてきた兵力が少々不足していたとその場を去ろうとする。亜光は逃げ切れると思うかと言うと馬南慈は逆にこんな初日で馬南慈の首が取れるとでもと聞き返す。
そこに後ろから趙軍が現れる。亜光が左側に来たため、兵力が固まり、趙軍の第一陣が復活してしまったのであった。押し込まれていた岳嬰が息を吹き返すには十分の隙であった。趙峩龍はそれを見て、馬南慈は戦をよくわかっていると感じていた。趙峩龍の部下はさらに我々が出陣すれば形勢は一気に趙側に傾くのではと尋ねるが、趙峩龍は出陣は敵がもっと弱ってからだ、十分弱ってから食しに行くと返す。

その頃秦軍中央本陣では信が王翦に呼び出されていた。王翦は信に隊内で脚の速い八百機を選りすぐり、今すぐ出陣せよと命令を下す。信がどちらの戦場へと尋ねると王翦は左だ、左の戦場に割って入り、お前が紀彗の首を取って来いと指示する。




まずは合併号のため、来週はヤンジャンの発売自体ありません。
おー遂に飛信隊出陣ですね!!しかも紀彗の首を取れという指示でなかなか痺れますね。秦軍はちょっと左に戦力が寄りすぎな気がしますが、それも作戦の内でしょう。信と羌瘣でぜひ紀彗を討ち取って将軍昇格を確実にしてほしいと思います。


2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ