So-net無料ブログ作成

第525話 馬南慈の気概

秦右翼の窮地に突き刺した玉鳳隊の奇襲の槍。指令違反の行為であったが、亜光は百騎を連れ、玉鳳隊と挟み込み、馬南慈を討つべく、向かう。
王賁は馬南慈隊の後方を分断し、前方を孤立化させる。そして、後方を関常に任せ、そのまま馬南慈を討ちに進む。関常は今回の命令違反は独立遊軍の働きとしては悪くなく、この突撃で亜光軍第一陣の危機は救われ、逆に入ってきた敵将を窮地に陥れ、もし、このまま敵将まで討ち取るなら、右の戦場は序盤にして大いに秦側が優勢となると評価していた。

王賁は馬南慈を討ちに向かうが、部下から前を固められる。それはその部下が嫌な予感を感じ取ったからである。
そこにいきなり馬南慈が現れ、王賁の前を固めた兵たちを一振りで身体を分断する。
馬南慈は趙左翼三将が一人馬南慈であると名乗る。番陽はその姿を見て、蒙武並みの巨躯だと感じ取った。しかし、王賁は知らぬ名だと吐き捨て、さらにこの王賁が一撃で馬南慈の眉間に風穴をあけてやる故、覚えるまでもないと続ける。
馬南慈は趙国内の話だが、名を馳せた武将が次々と雁門に派遣されては一月残らず死んでいったため、修羅場での飾られた名など何の意味もないと返す。
番陽は噂では雁門は匈奴との戦いで中華の争乱以上に死地になっていると聞いていた。
馬南慈はこれまで北部全域を踏みにじらんとする匈奴以上に憎らしい奴らは他におらぬと思っていたが、去年李牧と共に咸陽に出向き、王に会ってから、考えが変わった、北部どころか六国全てを踏みにじらんと軍を興す秦王こそ人の皮をかぶった獣中の獣よ、匈奴に劣る愚か者共にこの馬南慈の鉄槌をとまで言うと王賁は馬南慈の眉間を目掛けて槍を突く。馬南慈はそれを弾き返す。
王賁は他国の王を嘲る前に少しは史を学べ、この五百年で百あった諸国が七つに淘汰された、一大国という流れはこの中華史が求める答えという見方もできる、しかし、趙将の言い分も百も承知であり、互いの思いの折り合いがつかぬから力で是非を決するこの戦場がある、来い馬南慈、秦王の刃として、貴様をここに沈めてやると豪語する。





まず始めに来週は休載です。
王賁対馬南慈という図式になりましたね。王賁の秦王の刃としてという言葉は素直に嬉しいと思います。政の想いが前線の武将にまで浸透しており、その目標のために一緒に突き進んでいるというところが、イイですね。
今後の展開としては馬南慈と王賁は僅かの差で馬南慈が上回っており、それを亜光率いる百騎が助け出すのではないかと…
nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック