So-net無料ブログ作成
検索選択

第524話 覚悟の比重

王翦軍第一武将亜光による突撃。亜光軍と岳嬰軍は激しくぶつかり合う。両軍共に弾け飛ぶが、亜光軍の後続は自軍の兵も関係なく、踏みつけて全速力で突進していく。その非常な程の躊躇さの無さが相手側と大きな力の差を生み、亜光軍が圧倒的に押し込み始める。関常は王賁に対し、玉鳳隊の騎兵も全秦軍の中でも指折りの実力ではあるが、あそこまで勝負に徹する冷酷さはなく、亜光は王賁が考えるより何倍も強いと語る。

馬南慈は趙峩龍に対して、なぜ第一陣を岳嬰に譲ったのかと尋ねると岳嬰軍は強く、その軍がぶつかれば敵の力量が図れるからであり、早くも敵が二万とみて侮ってはならぬ相手だと分かったと話す。馬南慈は同感だとし、第二陣として、出陣する。趙峩龍は少々早いのではと聞くと馬南慈は秦軍は趙を滅ぼす気で来ており、道を踏み外す程に思い上がった愚か者に怒りの鉄槌を食らわしたいからだと返す。

参戦してきた馬南慈は軍を主攻三千と助攻七千に分け、助攻七千を援軍に来るであろう亜光軍第二陣にぶつけ、壁を作り、主攻三千で亜光軍第一陣の脇腹に強烈な横撃を加えた。それを見た趙峩龍は馬南慈はただの武偏重の猛将ではなく、戦術眼も鋭いため李牧が副官に据えるだけのことはあると認識する。さらに持ち合わせる武が介子坊や廉頗に近しいとするなら李牧軍対王翦軍の戦いそのものの勝敗のカギを握る男かも知れぬと感じていた。

亜光軍第二陣が苦戦している中、乱戦の亜光軍第一陣と第二陣の空間を疾走する騎馬隊があった。それは王賁であり、中間を討って馬南慈を孤立させる狙いであった。
関常は命令無視の王賁に対して、あとで亜光から説教ですなというと王賁はうるさいとだけ返した。




王賁が早くも戦場に飛び出しましたね
人の言うことを聞くようなタイプではないですが、これが吉と出るか凶とでるか。
また馬南慈は李牧副官に相応しい実力を持っていそうですね。さすが李牧、人材登用も優れているのでしょう。