So-net無料ブログ作成

第520話 火蓋を切る

秦趙両大軍が対峙する。空気が張り詰める中、秦軍陣形の不可解さに一同に動揺が走っていた。信は飛信隊を中央軍に置くのであれば前かせめて横に並べろよと文句を言う。信がいる最後尾では戦場が全く見えなく、これでは飛信隊が李牧を恐れて隠れているみたいだと言う。貂はそれを聞き、王翦は飛信隊を敵から隠すために最後尾にしていると勘付く。羌瘣は左側に注意を払った方がいいと話す。この戦いは左側から動く、この布陣では左翼の方があまりに深刻な状況だと続ける。

趙本陣に秦の布陣が伝えられる。李牧はそれを聞き、開戦前から仕掛けて来るとは意外と大胆だと感じていた。
戦はそれぞれ戦いやすい局面から始めるのが常であり、そういう意味で秦軍左翼の五千という数字は極端に少なく、あからさまな挑発行為であった。それはさっさと左翼を攻めて来いという王翦から李牧へのメッセージである。李牧はここで二択を迫られる形となった。王翦の挑発通り秦軍左翼五千に紀彗軍で構成される趙右翼三万をぶつけにいくか、王翦の怪しい誘いに乗らずにそれ以外のところから始めるか、李牧の選択は前者であり、紀彗に秦軍左翼五千の殲滅の命令が下る。
これが王翦軍対李牧軍の開戦の号令であった。

楽華隊に趙軍右翼三万が真っ直ぐ向かって来ることが伝えられる。蒙恬はであれば仕方ないと出陣する。じぃは老体では主力騎馬隊には追いつけぬとし、陸仙に蒙恬のことを頼む。じぃは陸仙の矛の実力や機転を認めての依頼であった。陸仙は三万の敵にこの楽華隊五千で挑む王翦の無茶振りにも全く動じない蒙恬は大将軍と同じ目線で戦がみえており、もう若君扱いを止めた方がいいと諭す。

紀彗は全軍停止し、しばらく様子を見るとした。そこに前線の物見より敵の左翼五千がいつの間にか半分になっているという報告が入る。消えた半分は蒙恬が率いて紀彗軍の右の横腹をえぐったであった。
紀彗は右軍を右向きに陣を敷き直させ、騎馬隊に蒙恬の背後に回らせようとする。それをみた蒙恬はその場から離脱する。しかし、紀彗軍の放った騎馬隊は蒙恬達を追いかける。ところが、その騎馬隊に別働隊の陸仙の矛が突き刺さる。蒙恬はようこそ狩り場へと語る。




ついに苛烈の戦いが始まりましたね。王翦の誘いに李牧は乗った形になりますが、機先を制した蒙恬は流石ですね。李牧でも測れなかった王翦の意図を理解して動いた蒙恬はやはり頭脳ではすでに大将軍級であることは間違いないと思います!!
ただ、左軍の戦いは蒙恬は善戦はするだろうけど、紀彗、馬呈が出てきたら、流石にきついと思うので、次の手がどうなのか気になるところですね。そこにきっと王翦の誘いの片鱗が出て来ると思います。