So-net無料ブログ作成
検索選択

第515話 小城の流民

咸陽では連合軍が列尾を捨てたという報が届く。城に秦の旗は立ててあるものの、兵は残っていなく、王翦からは列尾はすぐに趙に奪還されるため、補給は送らなくてよいという伝言があった。
それを聞き、昌平君は自分達が授けた策を捨てて、連合軍は王翦の策で動いていると判断した。
昌文君は列尾を捨てて、なぜ先に進んだのだと怒りと共に焦りを隠せないでいた。ここまでは間違いなく上策であったが、現場の何らかの理由で捨てざるを得なかったのであれば、即座に全軍退却すべきだ、連合軍は今持っている兵糧が尽きる前に鄴を落とさねばならなくなったと力任せに机を叩いた。
昌平君は連合軍の動きを確認する。伝令は楊端和五万が分離し、趙軍九万と交戦に入り、本軍は鄴へ向かわずに吾多という小都市へ攻め入ったと報告する。政はそれを聞き、昌平君にその意図を確認するが、昌平君は首を振り、王翦が何を考えているのかわからないでいた。

前線では吾多と同様のことをしており、信は焦っていた。王翦は流れができつつあると確認するが、信はそこに一刻も早く鄴へ向かうべきであり、山の民はそのために盾となって戦っていると主張すると、王翦は信の目の前に立ちはだかり、睨みつける。
王翦は李牧が最初の位置から邯鄲に戻るには最短でもあと一日かかる、そこから王都圏の軍を統制し、動き出すのに一日、それらが鄴を守りに到着するのに一日、それまでにこちらの仕掛けを済ませておく必要があると語る。
さらにここから鄴までの間にあと七つ城があり、王翦軍、桓騎軍、そして、楽華と玉鳳と飛信隊の合同軍の三軍に分けて西から順に足並みを揃えて落としていく、やることは同じく兵糧を全て奪い民を東へと追いやることだと続ける。

そこに急報が入る。列尾が趙軍の手に落ちたというものであり、太行山脈に沿って南下してきて軍、およそ五万が占拠し、外にまで展開布陣し始めたとのことであった。ついに出口が塞がれたのである。王翦はそれを聞き、楊端和に本軍の動きと足並みを揃えよと伝令を出す。

公孫龍は、山の民と相対していた。山の民は趙軍が攻めなければ動いてはこなかった。公孫龍は山の民は趙軍を足止めしていると考えているだろうが、それは逆であり、兵糧に制限があるのは秦軍で、刻一刻と首が絞まっていると考えていた。そこに山の民が東へ少し陣を動かしているという報告が入る。公孫龍は何も状況は変わらないと距離を保ったままついていった。

王翦の細かい指示に従い三軍が展開し中小都市を落として回ったため、城を追われた難民の群れは増え続ける一方であった。
山旦城を落とした信たちは移動する難民を眺めていた。信は難民を作って落とした城は占拠せず軍は次へ動かすと何をやらされているんだと叫ぶが、羌瘣はイナゴだと呟く。それを聞き、王賁と蒙恬は王翦の真意に辿り着く。

そして、王都圏南部に難民の大行列が出現していたその時ついに李牧が王都邯鄲へ到着した。





羌瘣がイナゴだと言ったことから、鄴に難民を向かわせ、難民に鄴の兵糧を干上がらせるということでしょうか。そうした場合、鄴を占拠しても結局補給が望めない秦連合軍も干上がってしまうでしょう。しかも仕掛けと言っていたからにはやはり難民に兵を紛れ込ませて、鄴を攻めると同時に中から瓦解させるということになりそうですね。
そして、李牧は逆に自ら作り上げた完璧に近い守りの鄴を奪還すべく王翦軍との戦いになるのかと思います。

合併号なので、来週発刊がないのはちょっと寂しいですね…