So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月13日| 2017年04月20日 |- ブログトップ

第514話 愚策の極み

秦連合軍と同時期に趙へ侵攻していた燕軍。戦況を見つめるオルドは次々と燕兵をなぎ倒す司馬尚軍を視界に捉えていた。オルドは燕国境側に大虎が眠っているなら、先に言え李牧と毒づきながら、面白いと前に出ようとする。
しかし、そこに急報が入る。趙の東本軍が東に進み、燕領土に侵攻し、現在貍城を攻撃中というものであった。さらに急報が入り、貍城はすでに陥落し、趙軍はそのまま陽城に攻め込んだため、陽城から援軍要請が来ていた。趙は燕軍の退路を断つ気であった。
オルドはこの策は李牧が予め用意していた戦略であると断定する。しかし、その策は司馬尚軍五千でオルド本軍二万を食い止めるということが前提であり、気に食わぬと怒りを露わにする。オルドは自分の落ち度とし、陽と貍を奪還しに行くぞと号令をかけ、全軍退却する。
それを見た司馬尚は青歌に戻る。

乱城に到着した李牧は燕軍退却の報せを聞く。舜水樹はようやく秦軍だけに集中できると呟く。李牧は列尾を越えた秦軍はどこまで鄴に近づいたかと尋ねると乱城の文官は鳥達の報告では信じ難いことに秦軍は鄴に向かわずに途中の小城吾多に攻め入ったと報告する。
その言葉に李牧は衝撃を覚える。

信は時間がない状況下でわざわざ小さい城に寄り道して、普通に攻め落として何がしたいんだと焦っていた。中に入ると桓騎軍が民家の略奪をしていた。信はそれを見て、怒り阻止しようとするが、蒙恬は今回ばかりは桓騎軍の鼻が役に立っていると信を制する。摩論は城主の屋敷の地下、城外の地下に食糧庫を発見し、民家の隠し食含めて一粒残らず手に入れたと桓騎に報告する。桓騎はそれを王翦に言う。摩論は本当はしらみつぶしに探さなくても砂鬼の公開拷問をすれば一発なんだけど、王翦が民を傷つけた者は斬首に処すと厳命を出したため、大変であったと不満を口にする。

信は蒙恬から民を殺さずに食糧を奪っていることを蒙恬から聞く。河了貂は確かに兵糧の足しにはなるが、二十万いる軍からすれば微々たるものであり、吾多を落としに来たことで半日分の兵糧を使ったし、王都圏を守る趙軍にも同じく半日もの刻を与えてしまった、本当に兵糧を増やすために来たのであれば最低の愚策の極みだと吐き捨てる。
蒙恬は河了貂の意見に賛同するが、王翦がなぜ厳命まで出してこの都市の民を守ったのか疑問を感じていた。

吾多の民は広場に集められていた。王翦はその前に立ち、語り始める。怯えることはない、民間人であるお前達を傷つけることはこの軍の総大将王翦が一切許さぬ、だがこれは戦だ、心苦しいが我々はそなたらから食糧を奪うと共にこの城も取り上げねばならない、食糧のないそなたらには体力の尽きる前に何とかして隣の城まで移動してもらわねばならない、許せと話す。吾多の民は滅相も無い、命を助けてもらっただけでもありがたいと感謝する。王翦はならばすぐに発て、皆の道中の無事を祈ると言う。民はすぐに城外に出た。そこには解放された兵も混じっていた。
それを見た河了貂、蒙恬、王賁、桓騎は王翦の狙いは兵糧ではなく、外に出された民間人達だと理解するが、それが一体何なのかわからないでいた。
王翦は要領は得たか、次の城に行くぞと号令をかける。





王翦は衛星都市全てに同様のことをして、鄴の周りを大量の難民で溢れ返させ、受け入れざるを得ない状況にするのか。そこに兵を紛れ込ませて受け入れと同時に侵入し、中から門を開けるという作戦になるのか。
しかし、鄴が民間人の受入を拒絶したらこの策は敢え無く失敗に終わると思います。鄴に李牧がいなくとも鳥を飛ばして、絶対に民間人を受け入れるなという指示を出せばそれで終わりかと。
ここで、ポイントとなるのは王翦の民への対応になると思います。鄴に辿り着いた民間人達は鄴の門が開かないことに怒りを覚えることでしょう。「敵の王翦は寛大な対応をしてくれたのに味方に見捨てられる」と非難し、罵倒を浴びせ、下手をすれば門をこじ開けようとしたり、王翦軍が裏から手を回し、ハシゴで壁を登らせようともするかもしれないですね。さすがに自国の民間人は斬り捨てることはできなく、雪崩のように鄴入り込み、いつの間か秦軍の侵入を許してしまうということになるかと…
しかし、李牧なら自国の民間人を斬り捨てても、鄴に受け入れるなと厳命しそうだが…まだまだ王翦の策には続きがありそうですね

2017年04月13日| 2017年04月20日 |- ブログトップ