So-net無料ブログ作成
検索選択

第513話 中華の予測

秦連合軍が列尾を抜けた一報は瞬く間に列国中に広まった。
媧燐は秦は本気で趙を滅ぼす気であると認識する。媧燐は李園に趙が落ちるのかと尋ねられると落ちないと断言する。李園は秦が失敗するのかと聞くと媧燐は趙王都圏は圧倒的に守りやすく、中に入られても、山脈と大河で狭められた出入口を奪い返し、封をすれば敵は勝手に中で窒息するだけだと切り捨てる。

呉鳳明も秦が敗れると考えていた。そこで凱孟軍を前線まで呼び寄せることにした。趙で王翦らの連合軍が消滅したと同時に眼前の騰軍を撃破して秦国に雪崩れ込むとした。
一方、媧燐は魏が先に動き、その対応に蒙武軍の力が割かれたところを見計らって、楚軍は一気に北上して咸陽まで叩き潰す予定とした。媧燐は秦を手に入れれば中華は楚のものだと高笑いする。

河了貂は進軍中、思考を巡らすが、嫌な予感しかしていなかった。この進軍は兵站の要を捨てた作戦であり、蒙恬も一番とってはいけない作戦だとはっきり言う。しかし、王賁は総大将の決定であり、自分達は持ち場で命を賭けるだけだと断言する。

桓騎は今度の作戦の勝ち方は想定できなかったものの、王翦とは白老の下で副将をやってきた付き合いで、桓騎の知る限りでは負ける戦は絶対しないと感じでいた。

友軍、敵軍はたまた列国の目が注目する中、王翦による鄴攻略の第一手は楊端和の山の民軍五万の分離であった。山の民軍は王翦軍、桓騎軍と分離し、陽土に前線を張る公孫龍軍九万に戦いを挑みに行ったのである。
河了貂は楊端和が北東の敵の動きを封じれば本軍は横腹や背後を討たれる心配をせずに鄴まで全力で走れると信に説明する。
大将王翦を先頭に鄴に向け本軍の足がいよいよ速まってきたまさにその時、王翦は突然奇怪な行動に出る。それは本軍十五万の進路を大きく北へ曲げ、鄴とは無関係な小都市吾多に襲いかかったのであった。




やはりこの一戦は秦の中華統一への大きな一歩になるか、滅亡への道になるかのどちらかになりますね。しかも相手は李牧。厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
しかし、桓騎が王翦は負ける戦は絶対しないという言葉は心強いですね。桓騎ほどの知将に存在を認めさせるとは、やはりその実力は本物でしょうし、この作戦は勝利に向かっていると思います。

今後、連合軍は鄴の衛星都市を次々と落としていくような気がします。そこで兵糧を補充するとともに、鄴を孤立させ、包囲し、攻めるのかな…???
でもそんなのでは河了貂と一緒で悪い予感しかしない…