So-net無料ブログ作成

第512話 鄴の正体

秦連合軍が列尾を落として二日、つまり王翦が列尾城から突如姿を消して二日後にようやく王翦は目的とする趙国第二都市鄴をその肉眼で捉えた。
亜光は聞いていたものとだいぶ様子が違うという印象があり、近年李牧が大改修を行なったという噂は本当のようだと確信する。亜光は愚将には尋常ならざる城に見えますが、王翦様はどのように見えますかと尋ねると王翦は完璧な城だ、あの城は攻め落とせぬと発言する。
王翦は亜光に王都全域の地図を出させる。鄴までの間に存在する城は八つで正確かと聞くと亜光は斥候の話では紀音の北西にもう一つ小都市があるという報告があると話す。王翦は北西に何里だと確認すると二十里ほどと返す。王翦は地図を見ながらその場で軍略を練っていた。部下達は趙王都圏の深部であり、敵に見つかれば一溜まりもない場所で戦略を練り始めたことに不安を抱いていた。
そこに突然趙兵が現れ、どの所属だと詰問する、亜光は一振りで趙兵を蹴散らす。王翦は亜光に敵数を確認すると亜光はこちらの倍ほどかとと返す。王翦は良いかとさらに聞くと亜光は心ゆくまでと返す。王翦はその場で腕を組み、座って戦略を練り始める。

そしてそこから二日後列尾に戻った王翦は連合軍の将校たちに号令を下した。王翦は桓騎、楊端和、信達の前で語り始める。すでに気付いた者もいるかも知れぬが、昌平君の授けた鄴攻略の策はこの列尾で潰えた。よって、この連合軍は私の策をもって列尾を越える。ここからはこの王翦と李牧の知略の戦いだ、全ての兵糧を持ち、全軍で出陣、鄴を奪うぞと断言する。

秦連合軍は国門列尾を越えて、趙王都圏へ全軍進撃開始する。

太行山脈山道にある小城の切城、そこは北西からの王都圏入口アツヨまで二日の場所であったが、そこに鳥の急報が入る。
李牧は王翦が王都圏に入ってきたことに驚く。脱出口のない包囲戦の先に勝機を見出したというのであれば、それは完全な読み違いだと考えていた。李牧は騒つく一堂に静かにと制する。そして、聞いての通り秦軍が列尾を越えたことで、これから趙秦両国の命運を占う戦いへと突入すると語り始める。李牧は秦軍の狙いは鄴であり、もし鄴を落とされることがあれば王都邯鄲の喉元まで秦の刃が迫ることになり、趙王国が滅亡する危機へ瀕すると講じる。しかし、逆に秦連合軍を殲滅すれば秦は二十万という大軍と大将軍級の王翦、桓騎、楊端和、その下に連なる有能な武将達を一気に失うことになるのであり、秦王の中華統一という野望が潰えることに直結すると豪語する。李牧は結末は間違いなく後者だと断言した。
そして、南下中の扈輒将軍に列尾攻めの指示を出し、包囲戦に入ろうとする。




李牧と王翦の知恵比べ、互いに実力的には申し分ない者同士の戦いはどうなっていくか非常に楽しみであります。
李牧は王翦に手はないと高を括っているようですが、それを含めて戦略を練っているので、決して負ける前提ではないとは思います。それとも李牧としてはまだ隠している策があるのか…
しかし、王翦が完璧だと評した鄴をどうやって奪うのか…その作戦気になりますね

今回も名シーンがありましたね。
王翦と亜光のやりとり。
王翦の良いかという問いに心ゆくまでと亜光が返すところは心打たれました。互いに信頼しているのだなぁと感じましたね。