So-net無料ブログ作成
検索選択

第511話 列尾の罠

火急の如く夜通し駆け、王都へと突き進む李牧。そこに伝令が現れ、列尾陥落の報が入る。さらに、公孫龍は後退し、陽土に布陣したという報告に一同は戸惑いが走る。しかし、李牧は自分の指示通りであり、列尾には自らが施した秘密があると話す。しかし、その罠に王翦は気付くだろうと考え、そのため秦軍はそこから一歩も動けなくなると断言する。舜水樹は李牧が王翦の立場であればどうするかと尋ねると李牧は多少危険を冒してもあれを見にいくと語る。

列尾城では貂が王翦のいなくなった本陣に何か伝言はないのかと聞くと共に消えた第一大隊長の亜光から、全軍列尾に三日待機と言われていると話す。貂は三日も費やしたらせっかく李牧を先行した意味がなくなると怒鳴るが、楊端和は冷静に本当に伝言はそれだけか、列尾城について何か言っていなかったかと確認する。
桓騎の陣では王翦がいなくなったという情報が入る。桓騎は城がやべーからだろと一人呟く。

王翦が姿を消して二日、秦軍は列尾から一歩も動けずにいた。無論王翦の失踪の件は上層部だけの秘密であり、兵は次の進軍のための休養と信じていた。

楊端和、信、王賁、蒙恬が一堂に会し、そこに桓騎が現れる。それで蒙恬は列尾城は意図的に弱く作られていると発言する。蒙恬は城内に入り、二日見回って微妙な城壁の高さ、乱れた動線等意図的に守りづらくなっていると続ける。そして、王翦はいち早くそのことに気づいて姿を消したと言うと信はなぜそれで総大将が姿を消すのかと聞く。蒙恬はそこまではわからないと返す。
信はそもそも何で列尾を弱くする必要があるのかと苛立つと王賁は奪い返しやすくするためだと返す。列尾が強固の城であれば秦が落とし、手に入れれば今度は趙にとって不落の城になる、だから強固にせず、奪還しやすくしておき、列尾を抜いて敵が王都圏に侵入した時、大行山脈に伏せてある軍を南下させ、再び列尾を奪い返し、敵の唯一の出口を防ぎ、脱出口と補給線の両方を失った敵を王都圏の各軍でゆっくり包囲殲滅するという作戦だと説明する。
蒙恬は王都圏を狙う強行軍に対して逆に誘い込んで殲滅を狙って待つ防衛策なんて尋常ではないとし、練れるのは李牧唯一人だと一堂意見が一致する。
信は感心している場合ではないと焦るが、王賁はこの大遠征の本命である鄴攻めは列尾を不落として補給線を確保し続けることが絶対条件の作戦であり、その昌平君の大戦略が根元から粉々に打ち砕かれたのだと言い切る。
蒙恬は大将の王翦がいない席でこんな話をするのもなんだが、今俺たちには三つの選択肢があると思うと切り出す。一つ目は列尾に当初の予定以上の兵力を残して王都圏に突入する方法。弱いといっても城は城であり兵力さえあれば守りきれないことはない、ただしそれ程多くの力を割いて本命の鄴を落とせるか甚だ疑問が残るものであった。二つ目は列尾城の弱点を回収して敵の攻城戦に耐えうる城にすること。王賁はそれに一体何日かかるのか、李牧が戻って列尾より先に一歩も進めなくなると否定する。蒙恬は王賁に同意し、それではやはり第三の選択肢しかないと言い、全軍退却だと諦める。信は反発するが王賁は勢いでどうにかなるという戦いではなく、不用意にこのまま王都圏に侵入していけばこの二十万は本当に全滅すると言い切る。
楊端和は桓騎がほくそ笑んでいるのを見ると桓騎はやっぱ若ェなザコ共はと吐き捨てる。何でそこに第四の選択肢がないんだと言う。その作戦は逆にこっちからこの列尾を捨てて、全軍で王都に雪崩れ込み、兵糧が尽きる前に鄴をぶんどるという手であった。蒙恬は無謀過ぎると言うが、桓騎はそれが可能かどうか王翦が今走っているのだろうがと言った。





さすが李牧、恐ろしい作戦を思いつきますね。そして、それを王翦が見破り、いち早く動くと言うことまで見抜くとは相変わらずの怪物というところでしょうか。
桓騎の言った第四の選択肢ですが、仮に鄴を取れたとしても、列尾を塞がれたら、飛び地になり、李牧に囲まれて結局は殲滅させられるような気がしますが…
それとも二十万の軍を十分に養えるほどの兵糧が鄴にあるのか…それを含めて鄴に確認しに行くのでしょうかね
李牧であれば鄴の兵糧をすぐに運び出し、鄴を攻める価値のない城にしそうでありますが…
それならまだしも列尾を不落の城にした方がいいような気がしますが、そんなことを言ったら桓騎にザコだと言われそうだし、きっと黒羊みたいに防衛戦を張られて何も手出しができなくなるのだろうな〜