So-net無料ブログ作成

第508話 山民族の剣

バジオウはついに城壁に立つ。そして動き出す。バジオウの剣は凄まじく、城壁にいる趙兵は次々と斬り倒されていく。趙兵は盾で囲み、押し潰そうとするが、バジオウは飛び蹴りで盾兵を蹴り倒し、囲ませなかった。山の民はバジオウに続くべく、次々と城壁に登り、趙兵をなぎ倒していく。信はそれを確認し、突撃の準備を始める。
そして、ついに山の民は城門開閉の部屋を見つけ、城門を開けることに成功する。それを確認した飛信隊は突入を開始する。しかし、趙兵も待ち構えていたため、気合を入れて戦わねば返り討ちをくらう可能性があった。

干斗ら新人達は舞い上がり、伍を崩して一人趙兵に飛び込む。そのため、干斗の伍の内一人が趙兵に殺されてしまう。また、干斗も趙兵に体当たりされ転び、殺されそうになる。そこに崇原が現れ、趙兵を斬り捨てる。崇原は伍を崩すなと再度命令し、乱戦の中では生き残ることだけを考えて戦え、生き残ったら少しだけ褒めてやると言い残し、その場を離れようとする。
そこに歓声が響き渡る。趙兵の雷花騎馬隊が現れ、田有が倒されたのであった。干斗は雷花騎馬隊の力を見て、震え上がるが、崇原は心配するなうちには信がいると言う、
信は王騎の矛を振り下ろし、雷花騎馬隊長を両断する。





ついに信が王騎の矛を使い始めましたね。これからの活躍がさらに期待できますね。
しかし、また田有さんは斬られちゃいましたが、大して深くなさそうなので、彼にとってはかすり傷程度でしょう。しかし、田有さんはほんと不死身キャラだな〜