So-net無料ブログ作成
検索選択

第503話 火急の鳥

中原を東西に割るようにそびえる太行山脈では伝令の鳥が邯鄲に向かって、数多く飛んでいっていた。それは李牧からの伝言であった。
それを受け取った邯鄲では焦りが走り、公孫龍が急遽呼び出されることとなった。

老臣は入浴中の悼襄王に謁見し、李牧からの伝言である邯鄲の軍を興して列尾に送り、秦軍の進入を妨げるという旨を進言するが、悼襄王は邯鄲の軍は王を守るためにあり、王が邯鄲にいる限り、軍は王都を離れることはないと切り捨てる。
悼襄王は邯鄲の兵を使わずとも鄴を始め、周辺の城から集めれば大軍となり、それで十分であろうと諭す。老臣は李牧の代案と合致していたため、それを王命と受け取り、老臣と公孫龍はその場を去ろうとする。しかし、悼襄王は斬首ものの失態を犯した李牧本人はいまどこで何をしているのかと老臣に問うと軍と共に必死に山脈の合間を抜く道程で王都圏に向かって走っていると話す。

走る李牧に舜水樹が合流する。舜水樹は前線に張っておきながらの失態を詫びるが、李牧はいち早く邯鄲に鳥を飛ばすことができたため、この差が勝敗を大きく分けるかもしれないと話す。李牧は王都圏入口の列尾の戦いが長引けば秦軍よりも早く援軍が追いつき間に合うと話す。
傅抵は意表を突かれたとはいえ、列尾までの間を全て素通りさせるほど趙は甘くないと断言する。

飛ばしながら行軍を進める秦軍は中都市を避けて通っていた。貂は小都市であれば城に閉じこもるしかないが、中大都市であれば足止めに来るため上策であると感じていた。
飛信隊は右側に黄河をみる。それに沿って行けば列尾に着くと改めて気を引き締める。
そこに三千から五千の趙騎馬軍が王翦軍の前方と横腹を狙って突撃しようとしていた。しかし、王翦は馬脚を乱すな、直進すると命令する。部下がしかしと言うと王翦は桓騎が動くと返す。




ホント悼襄王は典型的なダメな王ですね
春平君のために李牧を咸陽に送るほどですからね…わかっていたことですが…

戦いは上手く李牧を出し抜けたものの、完全にまではいかなく、どちらが先に列尾に入るかが鍵になりそうですね。

第502話 機先を制す者

飛信隊は秦の兵糧中継地の金安に到着する。そこで飛信隊は先に到着している軍が夜営の準備をしていないことに気付き違和感を感じる。そこに信を総大将の天幕に呼ぶ伝令が現れる。
信が天幕に到着すると王翦は全軍この金安から進路を変え、鄴へと向かうと告げる。壁は黒羊から西部攻略に入るのでないのかと尋ねると王翦は否定し、準備はあるため心配は無用だと返す。
さらにすぐにここを発つ、各将責任を持って己の軍、隊を動かせ、もたつく小隊があればその上に立つ者の首を刎ねると宣告する。蒙恬は進路変更により、李牧に真意がばれ、王都圏の攻防まで突っ走ることになると気を引き締める。さらに夜通し進軍して李牧を徹底的に後手に回すと口にする。

趙西部前線都市武白では李牧は対燕への対応に四苦八苦していた。東の防衛戦はオルドに崩されており、李牧を焦らせていた。李牧は扈輒を止む無く東に向かわせるべく、カイネに急報を出させようとするが、燕の進路が中都市青歌だと報告を受けると驚きの表情をする。
青歌には司馬尚は青歌城主でその実力は李牧が三大天に推すほどのものであった。しかし、司馬尚は病に伏せていると虚偽の報告をし、断っていたのだ。そこに青歌軍五千を城主司馬尚が自ら率いて出陣したという急報が入る。李牧はそれに安堵し、東は次の大きな動きがあるまでは一旦置くことにした。
そして、李牧は舜水樹が戻ってきてないことに気づく。部下の一人が東からの急報を優先にしたため舜水樹の報告を後回しにしていたと弁明する。舜水樹は秦軍は金安からの進路を変える可能性があるため、前線に残るとしていた。
李牧はその報告を受け、地図を開く。李牧は熟考し、秦軍の目標が王都圏にあることを察知する。そして、鄴が狙いだと看過すると正気かと叫ぶ。
夜が明ける頃、金安にいた秦軍二十万の姿が消えたという報告が舜水樹の元に届いた。




ここからは鄴攻略戦に入りますね。李牧と王翦の知恵比べが見れることになるでしょう。非常に楽しみです。
しかし、新しいキャラの司馬尚はどんな人物か、実力はどれほどなのか気になりますね〜
李牧が三大天に推すほどなので、当然本物でしょうけど

第501話 気運の探り合い

秦軍の趙西部討伐軍の姿を見て、赤連城の兵達は沸き立ち見送っていた。
信と貂は赤連は兵糧を隠し集めている金安まで二日であるため、緊張が走っていた。貂は金安が進路変更地点であると推測しており、集結した兵糧をつかんで一気に南東へ道を変えると考えていた。そこで李牧に露見し、秦軍が先に王都の蓋である列尾を抜いて王都圏に侵入するか、趙に先に入口を固められ、侵入を阻止されるかが勝負の決め手であった。何も聞かされていない軍の金安からの進路変更が大きな山であり、総大将王翦の手腕にかかっていた。

王翦は全軍に小休止の命令を出す。
妙な位置での小休止であったが、しばらくすると大雨が降ってくる。桓騎は雨の中の行軍は疲れるため、体力を温存しとけということだと推測し、逆に走るときはとことん走らせるのだなと感じ取った。貂は軍の体力調整をしており、王翦の本番への助走はもう始まっていると心を引き締める。

趙西部の最前線地では秦軍の行軍の様子が報告されていた。舜水樹は李牧から武白へ戻るよう指示を受ける。舜水樹は伝者に報告しておくことはないかと確認すると伝者の一人が発言する。
それは金安に潜らせている間者の五人が消息不明になっているとのことであった。舜水樹は他の場所でも消息不明があるかと確認するとそれはないと返す。
舜水樹は金安だけが他よりも警備が厳重であるのは金安がただの中継地ではなく、何か秘密があると考え始める。そして、兵糧中継地が隠すものは二十万の兵が何十日も食える分の兵糧だという結論に至る。
そこで舜水樹は秦軍は金安より進路を変える恐れがあることを即座に李牧に伝えるため、伝令を走らせる。

舜水樹が金安の不自然さに気付き、李牧に伝者を送ったその時、王翦が独自に放った間者から急報が入った。それは趙からのものではなかった。それをみた王翦は行軍を早める指示を出す。

李牧本営地の武白では舜水樹の急報が李牧の元に到着しようとした正にその時、城内の李牧の元には別の急報が届いていた。それは王翦が掴んだ情報と全く同じものである。
燕のオルドが動いたのである。オルドは李牧の気が西に向かっている好機を見逃さず、趙に攻め入ったのである。
趙は王都圏の攻防に入る前に燕と戦うのであった。
李牧ら本営の意識が東へ持っていかれたころ、秦連合軍はついに進路変更地である金安城の姿を目視する所まできていた。




出たー
合従軍戦で10点という最低評価を喰らったオルド。秦と趙の一大決戦に横槍を入れて、掠めとろういうところが戦国の世の常ではありますが、小者ですね。
ま、李牧が出てきて、少し戦ったら兵を引くことになるのでしょう。
しかし、この小者のお陰で秦にとっては貴重な時間稼ぎになることは間違いなさそうですね。
舜水樹の気付きがどこまで生かせるのか、気になるところです。


皆様明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年は趙との一大決戦に終始しそうですが、合従軍級の緊迫感のある戦いが見られるのではないかと期待しております。
今年もしっかりブログを続けていきますのでよろしくお願いします。