So-net無料ブログ作成

第500話 進軍路の兵達

始皇十一年、王翦、桓騎、楊端和連合軍は巨大なる列をなし、趙に向け出陣した。
趙西部前線の武白城では秦の進軍の急報が入る。そこには李牧、舜水樹、馬南慈、カイネ、傅抵達がいた。舜水樹が軍の数を聞くと伝令は十万から二十万と返す。傅抵は二十万であれば黒羊の三倍以上であると驚く。
李牧は昌平君は趙西部攻略の長期化が命取りになると気付き、この一戦に掛けてきたと判断し、カイネに扈輒将軍の出陣を依頼する使者送るようを指示する。扈輒将軍は王都の守護神と呼ばれる人物であった。李牧は秦は放てる力全てを出してきているため、さらに紀彗にも招集の指示を出す。李牧は最前線で情報を集めるとし、舜水樹には秦の兵糧の量と流れをしっかり追うことにより、秦の意図を推し量るようにと命令する。

河了貂は進軍する中、楊端和に会いに行っていた。
河了貂は楊端和に飛信隊は楊端和軍に入ることになっているが、飛信隊はある程度自由をもらってこそ力を発揮するため、細かい戦術を使う時は飛信隊を中心に置かないようにと依頼する。楊端和は昌平君よりそう聞いているから安心しろと返す。
楊端和は河了貂に大きくなったものだと微笑み、最初に政と信と河了貂の三人で会いにきた思い出を語る。河了貂は自分も含め、信も政もこんな風になるとは夢にも思わなかったと呟く。しかし、楊端和は政の目を見たときにここまでになると感じていた。
河了貂の目に桓騎軍の最後尾が入る。河了貂は今回の戦いは速さ勝負になるのに桓騎軍の進軍の遅れていると怒りを露わにする。
しかし、楊端和は桓騎軍が遅いのではなく、山の民軍を先導している飛信隊の足が速すぎると指摘し、さらに少し肩の力を抜けと諭す。鄴攻めを知る中で昌文君と河了貂が一番力が入り過ぎており、その不自然な緊張は下の兵にも伝わり、それがそのまま趙にも伝わると教える。
今回の鄴攻めは黒羊の西部攻略と見せかけて、趙軍主力を西に固めさせ、途中で進路を変え、一気に王都圏に攻め込む作戦であり、いち早く西部攻略が嘘だと気付かれ王都圏を固く守られれば近づくことさえできなくなる。序盤戦はどこまで李牧を欺き、鄴攻めを悟らせぬかにかかっており、進軍を急ぐのは黒羊から鄴へ進路を変えてからであり、それまで過度の緊張感を出すべきではなく、いつもの戦と変わらぬ気配を装わなくてはならない。これだけの大軍であれば敵の間者も必ず紛れ込んでいる、相手は李牧だ、戦はすでに始まっていると忠告する。

黒羊までおよそ五日の秦軍兵糧中継地金安には軍より先行する兵糧運搬の中にまで間者は入っていた。趙は秦軍の兵糧の流れをしっかり掴んでおり、兵数は二十万前後であり、そこから三軍全て一度黒羊に入り、そこから三軍同時展開してくると舜水樹は判断し、李牧に伝令を走らす。
しかし、三ヶ月前に作られた金安城内の極秘地下施設では集めた兵糧を一度出し、土と材木で重さを合わせた偽装俵が大量に作られていたのであった。趙の目が追っていた金安から黒羊へ続く兵糧の兵站は偽物であり、実際の兵糧はこの金安に着実に集積されていた。秦軍の仕掛けはすでに始まっていたのである。




さすが昌平君。李牧が兵糧に目を向けることを予測し、その手をすでに打っているとは驚きでした。
今のところは李牧も趙西部攻略が本命と思っているでしょう。いつまでバレないのか…少しでも遅いことを祈ります。


皆さま今年一年このブログを応援して頂きありがとうございました。お陰様で無事今年も続けることができました。来年は秦対趙の苛烈なる戦いが繰り広げられるでしょうし、信の王騎の矛を振るう姿を早く見たいとも思います。
来年一年ではこの戦いは終わらないとは思いますが、様々な局面を迎えることと思います。
来年もぜひこのブログを応援頂きますようお願いいたします。

第499話 手にする想い

歓喜と緊張が入り混じる中、三将による連合軍がいよいよ趙に向けて咸陽を発った。咸陽は三軍を見送る歓声で賑わっていた。
そこで貂は壁と出会う。壁は南にいたが、この戦争に招集されていた。今回の軍はおよそ二十万の規模で合従軍を除けばここ十年で最大規模であった。壁は軍の規模もさることながら、本営上層部に妙な緊迫感があり、想像以上に大戦になる予感を口にする。貂は壁の意見を聞き、鄴攻めのことは情報漏れを恐れて、三将と信、蒙恬、王賁しか知らないことを改めて感じた。

歓声が一気に沸き立つ。今回の総大将である王翦が現れたからであった。壁は今回の総大将が王翦で本当に大丈夫か疑問であった。貂はそれを聞き、昌平君も同様に人間性に疑念を抱いているが、王翦にはその不安をおして余る秘めた力があると話す。

昌平君は信と蒙恬と王賁が集まった際に六将胡傷が王翦を認めていたことを話す。胡傷は唯一の軍師上がりの六将であり、頭脳だけで登りつめた軍略の天才てあった。戦争の自由を与えられていた六将も実際の戦略の大枠は胡傷が作り、他の五人を操っていたとも言われていた。昌平君は胡傷こそ自身の軍略の師だと語る。その胡傷が昔昌平君に王翦はその軍略の才だけで六将の席に割り込んでこれる逸材だと言っていたと話す。

昌平君は隣に立っていた王翦に授けた鄴攻めの攻略は戦局の流れによっては捨てていいと語る。そして、適宜判断を将軍に任せるとした。王翦は分かっているとだけ返した。そして、昌平君達はその場を離れようとする。王翦はその昌平君に対して、出陣前に頼んでおきたいことがあると語りかける。

信はいざ出陣という際に政を呼び出す。政は信からの預かり物を持ってきていた。それは身長よりも遥かに大きい矛でその重量も並大抵ではなかった。
その矛は王騎の矛であった。
信は王騎将軍の矛を手に取る。
王騎から授かった時は色んなことがいっぺんに押し寄せてよくわからなかったが、改めて持ってみるとすごく重いし、すごく熱いと言い、いきなりじゃ振り回されそうだから、使いながら慣れていくと話す。
政は出発する信にいつも通り勝報を待つぞと言うと信はこの矛で李牧の首をぶっ飛ばしてくると宣言する。






ついに信が王騎の矛を持ちましたね!!
感動で涙が出そうになりました。
ぜひ王騎の矛で趙をなぎ倒してほしいと思います!!

王翦の過去が少し語られましたね。六将の頭脳の胡傷が認めた王翦は今中華でもトップクラスの頭脳であることは間違いないですね。
今までの戦いから見ても焦ったところは一度も見たことないですし、今回の戦いの総大将としては適任かもしれないですね。性格に難があるのが不安要素ですが…