So-net無料ブログ作成
検索選択

第486話 文官達の戦い

咸陽では文官達が激論を交わしていた。
趙だけでなく、魏や楚も大軍を秦に向けていることもあり、再度合従軍が興る危険性を危惧していた。
しかし、昌平君は合従軍は興らないと断言する。四年前の合従軍は二十年間楚の宰相を務めた春申君の名の信頼と王騎、劇辛を討った李牧の名の信頼の二つが重なって興りえたものであり、すでに春申君は死去し、李牧も先の失敗の汚名返上ができていない現実と、それ以外で大掛かりな絵を描ける人物はいないからであった。さらに昌平君は自ら二度とあんなものは作らせないと豪語した。介億は国間のつながりを妨害する遊説の徒を国外に多くはなっていると発言した。
しかし、昌平君は見当たらぬといったものの、東に鎮座する人物だけは力が未知数であり、危険性を感じていたが、それは口には出さなかった。
政はそれを聞き、ならば次に刃を交える国はと問うと昌平君は趙国ですと返答する。昌平君は黒羊という楔を活かし、次が本当のとまで言うと、いきなり伝令が宮殿に入ってきて、急報を告げる。
それは蔡沢から国運に関わる知らせが伝えられる。

黒羊での引き継ぎを終え、信は蒙恬に後を任せ、出発しようとする。しかし、そこに咸陽本営からの急報が入る。
それは趙との一時休戦というものであった。伝令は理由も特に知らすこともなく、相当慌てながら各隊を回っていた。その様子を見て、蒙恬は昌平君に突発的な想定外の出来事が起きたと推測した。

そして、数日後、咸陽にものものしい警備の中、国籍不明の一旅団が到着したのであった。得体の知れない車からは予想外の人物が姿を表す。その姿は王建王と李牧と蔡沢がであったのだ。
蔡沢は一人本営に赴くと文官に囲まれ、李牧と王建王を連れてきた理由を詰問される。蔡沢は独断で動いたことを詫びるものの、段取りを踏んでいては危険度が増し、実現困難であるからだと釈明する。昌平君はなぜあの二人を連れてきたのかと問うと蔡沢は一人であると返す。
政は斉王かと言うと蔡沢はいかにもと返答し、斉王が咸陽まで来るには趙国を通らねばならず、その旨を趙に伝えたところ、無事に通す条件として、金とは別に李牧も同行し、秦王との謁見する機会をと言われたため、可として連れてきたと白状する。
周りの文官からは王をないがしろにし、大逆罪だと怒りを買うが、蔡沢はかつて東帝、西帝と中華に恐れられた時代もあった東の斉王と西の秦王が直接会って対話する意味を考えると自分の細首程度喜んで差し出すと言い切る。
蔡沢は政に最後の仕事として、列国を滅ぼさんとする王とそれを東の玉座で受けて立つであろう斉王と舌鋒をお交わし下さいと懇請する。




蔡沢の思惑はなかなか粋なものだと感じました。蔡沢は政と呂不韋の舌戦から政の中華統一の意志に心動かされたのでしょう。蔡沢は自身の年齢を考慮し、中華統一の最後まで見ることができないため、最後の敵となりうる王建王との舌戦を実際の戦いに見立てて、行く末を思うのかなと推測します。
しかし、蔡沢の言う通り、これを順序立ててやったら絶対に実現しないでしょうね。そもそも秦が中華統一を狙っていることは周知の事実ではあるものの、それを秦王が他国の王に語るとなると重みが遥かに増し、警戒される危険性が増すからであります。しかも、今回は李牧も来ちゃってますし…間違いなく蕞での一件が本当に政の力であったのかどうかを見極め、今後の対策を考案するためだと思われます。

第485話 蒙恬の報せ

着々と砦化の進む黒羊の丘。膨大な仕事を引き受ける飛信隊の下に楽華隊が現れる。
信は蒙恬を迎え、酒を用意する。
蒙恬は慶舎を討って最大武功をあげて、同士討ちの禁を犯して武功帳消しになった信に乾杯と皮肉を言う。そして、蒙恬は慶舎討ちの報せを聞いて、完全に信が将軍になったと思い、驚いたと感想を述べた。内輪揉めで昇格が消えたが、愚直さが揺るがないのは流石だと感じていた。
信は何の用で来たのかと蒙恬に尋ねる。
蒙恬は現場の引き継ぎだとし、飛信隊の持ち場は全て楽華隊が引き取ることとなった。渕さんは砦はまだ完成してないと危惧するものの、蒙恬はしっかり仕上げると言い、これは総司令の温情であり、隊にとって休むことも大切なことだと諭す。
信は休みはいらないと反発するが、飛信隊の隊員は疲れていると信に文句を口にする。蒙恬は桓騎と揉めて思うところがあるだろうから、一度家に帰って、しっかり休んで気分転換でもしろと話す。
信は気分転換ですることもないと言うと蒙恬はお見合いを勧める。信は驚き焦るが、黒羊を取られて趙がこのまま黙っている訳はなく、前線を離れるわけにはいかないと固辞した。
蒙恬は秦軍が黒羊を取ってから秦国に牙をむこうしているのは趙だけでなく、楚、魏、韓、斉、燕全てが中華の均衡を崩そうとしている秦に対して、水面下で謀を進めており、次の戦はかなり大きくなると推測していた。
信はだったらなおさらと言うと蒙恬は否定し、だから今休むんだ言い、次が大戦なら敵国も秦もそれなりの準備期間に入るため、今しっかり休んで傷付いた飛信隊の回復と進化をはかれとの昌平君の意図であった。
河了貂は黒羊戦を通して、飛信隊は攻めはともかく守備力は決して高くなく、それは戦が大きく長くなると致命傷であり、羌瘣隊との連携、弓隊の配備等やるべきとことはたくさんあり、時間をかけて練ればまだまだ飛信隊は強くなると断言する。
蒙恬は霊凰、慶舎という大物食いをしている飛信隊の本営からかかる期待はもはや小さくないと言うと信は納得し、帰還することを了承する。

蒙恬は今から大変になるのは文官であり、次が大戦になるのであればそれまでの準備が戦の勝敗を大きく左右させるため、軍略補強、整備、表、裏の外交の仕掛けなどであると語る。

蒙恬の言葉通り、この時すでに列国の計略、謀略の手が水面下で複雑にうごめいた。秦から東、遠く離れた趙と斉の国境付近「香」という小さな城邑では咸陽の目を盗んで全く予想外の三人の大物が密談の席につこうとしていた。そこには蔡沢、李牧と斉の王建王がいた。





久しぶりの蒙恬登場にファンとしては非常に喜んでおりますが、地味な登場だし、今週のみだと思われるので、ちょっと残念です。次の大戦で活躍することを期待してます。
蔡沢の目論見が読めず、不安を感じております。蔡沢は呂不韋派閥だったので、現政権では不遇の扱いになっているだろうから、面白くないのでしょう。そのため、李牧、王建王と結託して、秦を滅ぼす算段をするのではないかと思います。たぶん斉は蔡沢との約束の秦領土を貰うというのが果たされていないでしょうから、乗ってくるのでしょう。
nice!(1)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第484話 それぞれの出発

信は河了貂と那貴の桓騎の分析を聞いて、一体何者なんだと問う。那貴は桓騎は謎の多い人だと言い、なぜあれほど強いのか、家族はいるのか、どこから来たのかなど雷土ら幹部でさえ知らないと話す。しかし、過去に一度だけ最古参の者から桓騎の根っ子の部分について聞いたことがあった。最古参の砂鬼一家は桓騎の根にあるのは岩をも動かす怒りであり、それは全てに対してであると語っていた。

咸陽に朗報が入る。
伝令は秦軍が黒羊戦に勝利し、敵将慶舎を飛信隊の信が自ら討ち取ったと伝える。昌文君は信が慶舎を討ち取ったことに驚き、目を丸くし、声が出ない状況になった。
しかし、伝令はその後、桓騎と信が内輪揉めをし、死人が出たという報告が入る。しかし、それも沈着したと報告される。
介億は戦の内容は不明であるが、黒羊を五日で勝利するのはさすが桓騎であると評価する。昌平君は桓騎が自分の予測を上回る戦いをしたと想像したが、黄龍と介億に黒羊を拠点化させる指示を出し、黒羊の先の趙領土へと意識を向かわせていた。

黒羊では摩論と河了貂が口論していた。それは西の丘一つを飛信隊だけで砦化しろというものであった。さらに黒羊の外側の警邏隊の指示も出ており、貂は冗談じゃないと反発するが、摩論は八千の内五千はいると指摘する。しかし、貂は重傷者ばかりであり、慶舎本隊の奇襲を受けた時にボロボロになったと返す。
そこに雷土が現れ、それはてめぇらがアホだからだろうが、お頭みたいに頭を使って戦わないから死傷者を出すんだと切り捨てる。
貂が雷土に反論しようとするが、信はもういいと貂を止めて、了解する。信は桓騎は顔も出さないで何をしているかと問うと雷土は何でてめぇごときにいちいち顔を見せなきゃいけないんだと睨み付け、てめぇなんぞお頭の眼中にはこれから先も一生入らねえんだよと吐き捨て去る。

信は丘の上で物想いに耽る。そこに羌瘣が現れ、大人の戦い方を見せつけられたなと話し出す。信は戦い方はクソだが、桓騎とはまだこの先も戦場を一緒にする機会があるだろうから、結果は真正面から受け止めなければいけないと感じていた。
羌瘣は桓騎が強かろうと制止すべきところは制止すべきだと話し、信はそれに同意し、そのために桓騎より先に大将軍になり、上に行く必要があると決意する。羌瘣は先は難しいなと言うが、信のやり方で大将軍になればいいんだと諭す。それを聞き、信は桓騎に負けないことを心に誓った。
一方、飛信隊は大将桓騎への反逆行為の咎により、慶舎討ち取りの戦果は相殺とされた。しかし、その際に信の想いを皆が聞いたことで、隊の結束はより強くなった。

桓騎本陣では怒号が飛んでいた。それは那貴が飛信隊に移ると桓騎に伝えたからであった。雷土はそれに怒り、内臓ぶちまけられてぇのかと手にもっていた器を粉々にした。
那貴はそう熱くなるなと言い、桓騎軍は軍であって、軍ではなく、堅苦しい縛りがないところが桓騎軍の良いところであるので、問題ないですよねと桓騎に確認する。
桓騎は那貴に理由だけ教えろと言う。那貴はただのいつもの気まぐれですよと返し、強いてあげるなら飛信隊で食う飯は意外と美味いからと語る。

これらの出来事はこれから上に進む飛信隊にとっては大きな収穫であった。そして、また黒羊戦を樹海にひそみ別の収穫を得た新たな存在もいた。それは李牧であった。
李牧は今回の敗戦は桓騎の力を見誤った自分の責任だと言う。副官舜水樹は慶舎の損失は痛いが、その代わりに得たものが二つあると語る。それは隠れた名将紀彗の発見と桓騎の弱点であった。
黒羊戦の翌年秦は合従軍戦以来の超大軍を興して趙軍と激突する。その時、黒羊がその前哨戦であったことに気づく。




まずは信の慶舎獲りが内輪揉めと相殺になったことは残念です。今回の戦いで信は将軍になると思っていたので…
ま、でも飛信隊のさらなる結束と那貴が加わったことは非常に隊としても大きな収穫だと思います。特に那貴は今までの飛信隊にはなかなかいない頭の切れるタイプだと思うので、貴重だと思います。
翌年は秦対趙の一大決戦ですね。秦は趙を滅ぼしにかかり、趙は李牧を中心として、防衛を図るのでしょう。しかし、桓騎の弱点が李牧にバレてしまっているため、厳しい戦いになりそうですね。
大将は騰がいいな〜、、、いや、今回の勝利で桓騎が大将軍になって、桓騎が大将になるのか???