So-net無料ブログ作成

第482話 離眼と趙国

桓騎は紀彗の弱点を抉り、趙軍を混乱に落とす選択を迫る。紀彗は金毛に対して、丘を捨てると宣言する。金毛は紀彗に対して丘の占拠こそ戦の勝利であり、自らそれを捨てるというのはあり得ないと諭す。しかし、紀彗は離眼を助けに行かなければならないと自らの意志を曲げるつもりなかった。
金毛は桓騎軍が離眼を落としたとしても飛び地のため、趙軍に包囲され滅するだけだとし、明らかに紀彗を誘い出す罠であり、紀彗軍が去った後に丘を攻め上がる兵が隠されていると説得する。
馬呈はそんなことは紀彗も当然わかっているが、それでも追わないと必ず腹いせに離眼を血の海にすると焦る。
金毛はせめて二日待てば砦が完成し、慶舎軍だけで丘を守れると譲歩する。
しかし、紀彗は今の離眼は桓騎軍を相手に半日も持たないと受け入れなかった。
そこに岳嬰が割って入る。
岳嬰はそんな身勝手は通用するわけがなく、どうしても行くのであれば殺してでも紀彗らを丘に留めると刃の先を向ける。馬呈は岳嬰の矛に自分の斧を乗せ、その前に自分が岳嬰を倒すと怒りを露わにする。
金毛はもしこの場で紀彗を殺せば全離眼兵は決死隊となって、慶舎軍に襲いかかり、それが趙軍の選択の中で最悪の道だと叫び、今我々はこの戦いの勝ちか負けの究極の選択を桓騎から突きつけられており、その判断を下すのは趙軍の実質的総大将である紀彗だと睨みつける。
金毛はさらに続ける。
最後に中央の武将として離眼城城主紀彗に言っておくことがある。それは慶舎軍は離眼のためでなく、趙国を守るために黒羊に戦いに来たのだ。黒羊を失えばここを拠点に周囲一帯が秦軍の侵略を受けるだろう、離眼はその中の一城に過ぎず、実際にそうなった時の趙人の血がどれほど流れるか予測すら立たぬ、そして一帯が秦の領土と化した時、言うまでもなくさらに奥深くまで次の侵略を受けることになるため、そうさせぬための黒羊戦であったのだ。それを防ぐために皆は戦いの血を流し、死んでいったのである。離眼一城を救いに行くというのであれば、その全てを無に帰すことになり、離眼一城のために趙国西部一帯が失われる可能性がある。それほど重い選択なのだ、よく考えて決断しろ紀彗と言葉を浴びせる。
紀彗は金毛の言葉に何一つ返事ができないでいた。


離眼城の城壁にいる兵士は遠くに物凄い数の兵士を確認する。鐘を鳴らし、男は全員城壁に登らせ、女子供を地下道へ避難させる。桓騎が来たと焦るが、実際に来たのは紀彗であった。
そして、紀彗は離眼を離れる準備を始める。




金毛の言うことは最もであり、何一つ間違っていなかったが、やはり紀彗も人であり、頭では行ってはならないと分かっていても、止めることはできなかったのでしょう。
しかし、そう考えるとみんな桓騎の掌の上でクリクリ踊っているだけですね…
桓騎、ホント恐るべし…