So-net無料ブログ作成

第480話 尾平と飛信隊

飛信隊と信への熱くみなぎる気持ちを桓騎にぶつけた尾平。しかし、返り討ちに遭い、馬乗りにされ、顔面に拳を何発も叩き込まれて、意識が飛んでいた。
そこに那貴が現れ、桓騎兵を止める。しかし、桓騎兵はてめぇには関係ないと続けようとするが、那貴は自分が声掛けをして、尾平を桓騎軍に送り込んだため、関係あると返す。それに怒りを感じた桓騎兵は雷土一家の自分にケンカを売ったら、那貴のような小さい組はとまでいうと那貴は桓騎兵の首に膝掛けを食らわせ、首の骨を折り殺したのであった。那貴は一家をバカにしたのが悪いと言い、おれがキレたら雷土より怖いと脅し、桓騎兵を退散させた。

飛信隊の陣では田有が羌瘣に手当を受けていた。羌瘣は桓騎を少し甘く見ていて、危うく田有を死なせるところだったと反省する。田有は尾平が乱入してきて結果的に命拾いしたなと呟き、さっき尾平が帰ってきたと騒いでいたなと言うと羌瘣は桓騎兵に暴行された瀕死の尾平を那貴が運んできて、今信が尾平についていると教える。
それを聞いた田有はどっと疲れたな羌瘣と口にする。羌瘣はそれに同意する。


尾平は意識を取り戻す。そして、傍に信がいることを確認する。
信は語り始める。実は昔戦地で一般人の家に入って盗み食いをしたことがある。ちょうど三百人将になったくらいの頃、一回無茶して隊が散り散りになり、皆が集まるまで一週間以上かかった。信は一人で深手を負い、食い物もなく、倒れそうだった時に茂みの中に民家を見つけたのであった。その住人は戦が始まることを察知し、慌てて逃げたようで作りかけの料理がそのままになって、腐りかけていたが、信は上がり込んでそれを全部平らげたのであった。意識は朦朧としたが半分腐ったその食物がとんでもなく美味かったのを覚えていた。
そして、その半年後にまた似たような状況になったのだ。住人は逃げ出して作った料理はまだ綺麗なものであったが、飢えで倒れそうではなかったというのが、前回と異なる点であった。しかし、腹は非常に減っていたので、また食べたが、その味はクソみてえな味がしたのであった。その時信はそうだよなと納得したのだ。子供の頃光り輝くものであり、ヒョウと思い描いた天下の大将軍の姿は陵辱や虐殺などはなかった。信はその時にヒョウと夢見た天下の大将軍の姿は今でも色あせる気は全くしなかった。もし、桓騎みたいなやり方で勝ち続けてもヒョウは喜ばないし、信も何も嬉しくない。ガキみたいなことを言っているのは十分理解しており、飛信隊の隊員にも青臭いとバカにされ、いろいろ我慢させてしまっているのもわかっている。しかし、そこは譲れなく、子供の頃に描いた誰よりも強くてカッコいい天下の大将軍に本気でなりたいと思っており、飛信隊もそういう隊でありたいと思ってると力強く語る。
天幕の外で信の話を聞いていた隊員達はその言葉を聞き、涙した。

信は尾平におれのわがままに付き合わせて悪いなと言うと尾平は一つも悪くないと叫ぶ。みんな好きで信のわがままに付き合っていて、全部承知の上で信と一緒に戦いたいと思っているんだ。それに実際我慢なんてことはない、桓騎軍と飛信隊は決定的に違っており、飛信隊は信と一緒に戦っているから、心が潤っているから略奪も陵辱も必要ないと豪語する。そして、尾平はもう一度飛信隊に入れてくれと懇請する。信は当たり前だ、一番賑やかな尾平がいないと隊が始まらないと返す。

黒羊五日目は中央丘を占拠し、砦化を進める趙軍に対して、秦軍は内輪揉めで半日を費やしたのであった。
だが驚くべきことにこの五日目の残り半日で黒羊戦は終結を迎えるのである。





信の子供の頃の夢の大将軍になりたいという気持ちとそれを支えようとする飛信隊は一層結束は固くなり、また一段と強い隊になるでしょう。
心を揺り動かされた良い回だったと思います。尾平も戻ってきたし。

しかし、ここから桓騎はどんな手を打ってくるのか。砂鬼一家がいたこと、桓騎兵がゲロを吐いていたことから、あの大きな輪のような物体はきっと人体を使った何かなんでしょうね。
少なくとも紀彗が砦化した丘を放棄して、降りてこざるを得ない状況をどう作り出すのか気になりますね…