So-net無料ブログ作成
検索選択

第479話 尾平の叫び

尾平の頭に幾重にも反芻する信の涙と拳。飛信隊脱退を告げられた尾平は一人佇んでいた。
尾平は信に殴られた後、羌瘣に縋るが、羌瘣は尾平の頬を殴り、自業自得だと怒る。信と同郷で一番の古参のくせに全く飛信隊のことがわかってないと吐き捨てる。
桓騎はシラけたなと呟き、信達にもう行っていいぞと興味を失っていた。信はまだ話は終わってないと睨むが、桓騎はすでに村焼きは全部終わっており、これ以上はなく、気が変わる前に失せろと返す。

尾平と一緒に桓騎軍に参加していた飛信隊員は尾平に対して、信のところに行って、弁明しようと言うが、尾平は無理だよと言い、城戸村に帰ると丘の上でいじけていた。尾平はこれまで、どれだけ血と汗を流し、何度も死にかけたのにたかだか腕飾一個とっただけでクビなんてふざけるな、村人のものとは思ったが、村は崩壊しており、それが何だってんだと想いを口にした。
尾平はさらに自分は信や羌瘣と違い、普通の人間であり、命がけで戦ってきたのに、腕飾一個で出て行けなんて、飛信隊のことを一番わかってないのは信じゃねえかと涙ながらに叫ぶ。

そこに丘の下より桓騎兵の笑い声が聞こえてくる。それは信が桓騎本陣に殴り込みにいったときの話であった。村人からの略奪や殺戮を禁止している飛信隊であったが、隊員の一人が腕飾を奪って、ぶっ飛ばされたとのことで、上もアホなら、下もアホだと笑う。さらに我慢の連続で見返りもなく、それで討ち死にした日には正にクソみたいな死に様だと笑い飛ばす。しかし、一番の問題は信であり、盗るのも怖い、犯るのも怖いとあれば将としても、男としても器は小さい、しかし、その小物は中華統一と天下の大将軍になるという夢を持っていると嘲笑う。

尾平はたまらず丘を駆け下り、桓騎兵を殴る。尾平は殴り返されるものの、信を笑う奴はただじゃおかねえぞと叫ぶ。器がでかいから盗みも犯しもしないのであり、信のために死ぬことはクソ死にではない、弟は立派に信を命懸けで守ったのだ、信が綺麗事を言っているのは百も承知で、色んな誘惑はあるが、それらも関係ないくらい、信のことが好きで、みんな信と一緒に命をかけて戦いたいんだと力強く言うと、尾平はそれが飛信隊なんだと改めて認識し、涙を流す。



まずは来週休載です。
尾平は改めて飛信隊への想いを再認識しましたが、この後どうすれば信に許してもらい、復帰できるのか…
信も頑固なところがあるので、単に謝るだけではダメなんだろうな…きっと

第478話 殴り込みの末

秦軍内の対立の中、リン玉に連れられ、尾平が信達の前へと急ぐ。

桓騎は信に対して、中華統一すれば戦がなくなる平和な世が来ると言いたいだろうが、それは極悪人の所業であり、敵国が抵抗できなくなるまで殺戮、略奪をし尽くすことで、それを喜ぶのは秦人だけだと断言する。さらに狂気じみた正義を振りかざすのが一番タチが悪いと続ける。
信は違うと否定するが、羌瘣は信にもういい、こんな連中に話をしても無駄と切り捨て、無意味な村焼きを止めさせることに話を向ける。桓騎は無意味だと決めつけるなと言うが、羌瘣は敵将慶舎の首は信が昨日討ち取っており、無意味だと豪語する。
羌瘣の発言に桓騎軍は騒めき出した。その言葉に桓騎は昨日の戦い方が変わったのはそれのためかと理解する。羌瘣は討った飛信隊を裏へ追いやったことをいいことに趙は隠して戦い続けており、敵は丘の砦化を進めている、村焼きなんかやってる場合ではないと言い、今すぐ慶舎の死を両軍に知らしめて士気を反転させ、一気に丘攻めに出るべきと桓騎兵に向かって発言する。
しかし、桓騎は村焼きを続行し、黒羊中の人間を皆殺しにすると考えを変えなかった。
羌瘣は桓騎に斬られないと思っているのか、相応の覚悟できていると返すと桓騎は自身を殺して、飛信隊が皆殺しにあう覚悟だよなと確認し、部下に田有の首を今すぐかき斬れと命令する。
羌瘣は桓騎の首を刎ねるぞと大声で叫ぶが、桓騎は羌瘣は絶対に殺せないと言い、部下に田有を殺せと再度命令する。その命令を受け、桓騎兵は剣を田有の首に押し付け、それにより、首から血が噴き出す。

そこに尾平が現れ、どっちも止めろと叫ぶ。尾平は焼かれた村は武器や兵糧の保管場所で秦軍の動静を趙軍に教える物見の役割もしており、一般人への陵辱とは異なるため、謝罪して隊の元へ戻るんだと説得する。
信は村人が趙軍だって見たのかと問うと尾平は見てないが桓騎兵がそう言ったからとだけ返した。信は曖昧な返事に尾平に詰め寄り、趙軍が関係していれば女や子供まで皆殺しにしていいのかと問い質す。尾平は状況が飲み込めず、しどろもどろになりつつも、小声でそんなことよりも桓騎軍が森の中で飛信隊を討つために戦闘体勢に入ろうとしていると警告する。しかし、信はそんなことじゃねえだろ、自分で何言ってるのかわかっているのかと尾平を締め上げる。
その時、尾平の懐から紫水晶が落ちる。雷土がそれを拾い上げ、これは上物であり、大事に取っておけと尾平に渡す。
信は尾平にまさか死人から剥ぎ取ったのかと問い詰める。尾平は違う、桓騎兵にもらったんだと必死に否定するが、信に焼かれた村の人間のものとは考えなかったのかと聞くと、尾平はそれはと言葉に詰まる。信はその尾平の姿に涙を流し、渾身の力を込めて、尾平の顔面を殴る。尾平はその勢いに体ごと吹っ飛んだ。
そして、信は二度と飛信隊に戻ってくるなと尾平を追放した。




信にとって、信頼していた尾平が飛信隊の最もやってはいけないこととして禁止していることをして、非常に悲しかったと思います。
尾平は飛信隊追放になり、このまま桓騎兵になるというわけにはいかないでしょうから、一度城戸村に帰るのかな…

信と桓騎の対立はこのまま信が引き下がることにより、桓騎暴挙が続き、趙軍が丘を降りてきたところを狙って叩くという作戦が功を奏し、桓騎軍の勝ちとなるでしょう。
信は慶舎をとったことにより、将軍に昇格すると思いますが、自分の戦いを展開するには将軍になるしかないと思うんでしょうね

第477話 矜持の咆哮

残虐の限りの光景に怒りの眼を浮かべる信と羌瘣。火球の如く桓騎の元へ馬を走らせる。
貂は行ってはダメだと止めるが二人は聞く耳を持たなかった。貂は田有と去亥に信たちを追うように指示し、渕さん達には散っている小隊を探して飛信隊を一ヶ所にまとめ、いつでも戦闘になっていいよう臨戦体形を組むよう指示する。それは下手をすれば飛信隊と桓騎軍の戦争の可能性を意味していた。

桓騎本陣に信と羌瘣が辿り着き、信は桓騎の名前を怒鳴りつける。桓騎は信を見て、生きていやがったのか面倒くせーのがと呟く。信は丘を奪われた挙句、無関係の人間からものを奪い、いたぶり、皆殺しにして、一体何をやってんだと叫ぶ。桓騎は冷静にただの陵辱と虐殺だと言い、おれは何でもやると最初に言ったと返す。信はだが全て勝つためにやると言ったぞとさらに叫ぶ。桓騎はだからこうやって勝つんだよと言う。
その返答に信は怒りが増し、桓騎に詰め寄ろうとするが、雷土が信を殴り止める。雷土は信を骨のあるやつかと思ったが、何にキレてんだと信の頭を鷲掴みにする。雷土は趙に攻め込んで、趙人が死ぬ、戦争やってんだろ、それとも弱者をいたぶるのに加えてほしかったのかと言うと信は裏拳を雷土に食らわせる。それを受け、雷土は反撃するが、信の雷土の顔面への渾身の一発が炸裂し、雷土は宙を舞う。黒桜はすかさず信に矢の照準を合わせるが、羌瘣が弓を切り、黒桜を投げ飛ばす。そして、桓騎の首に剣を突きつけ、全員動くなと警告する。
信も雷土から剣を突きつけられていた。そして、雷土はもうただでは収集つかない状況になったと怒りを露わにする。
信はその状況で、昔、落とした城を陵辱していた乱銅という千人将を斬ったと話す。乱銅はこれが戦争だと言ったが、信はそれは戦争じゃねと豪語する。今は五千人将であり、侵攻がどういうものかわかっている、制圧した地での反乱に対する刃と無力、無抵抗の人間に向ける刃は決して違う、それが戦争だと言い切るやつは武将や兵士ではなく、ただの侵略者だと言い、さらにそんなやつらがらどれだけ強く、勝ち続けようとも中華統一なんてできるわけがねえと言い切ると、桓騎兵は一様にその言葉に心打たれる。
しかし、桓騎は高らかに笑い出す。そして、信を指差し、参った、お前が今まであった中で一番悪党だと言い放つ。




信と桓騎のまさかの舌戦が繰り広げられるとは思いませんでした。それぞれの考える中華統一とはを語り出すのでしょう。まさに政と呂不韋の時のように。
信が熱く桓騎に反論するが、最後は尾平が出てきて、飛信隊の矛盾を突き付けるのでしょうね…信はその時どうするのか気になりますね。
しかし、仮に信の言い分が通って、趙人を解放したら、ここからの一手は何もなく、まさにこの戦は趙側の勝利になりますね…それでいいのかとも思いますが、大義名分の方が大切か、、、、




ここ最近、たくさんのコメントを頂き、感謝しております。しかし、申し訳ございませんが、来週は中国出張のため、ブログ更新が土曜の夜遅くになると思います。皆様にはご迷惑お掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

第476話 煙の真実

黒羊にたなびく煙を目撃し、一心不乱に樹海を駆ける羌瘣。敵と出くわす危険を顧みず、全速力で突き進む。
紀彗は丘の上から煙の存在を認識するが、桓騎軍の動きは確認できていなかった。部下から麓から二里離れた地に陣取り、攻め上がる気配はないという報告を聞くと、紀彗は着々と丘を砦化していったのであった。

信達は羌瘣の後を追うとある集落に辿り着く。そこは家屋が全て焼かれているものの、死体もなく、全く人の気配がなかった。
しかし、信はふと岩の陰に気配を感じ、馬を走らせる。そこには桓騎軍が集落の人の死体を車に積み上げているところであった。
信はそれを見て何をしてると聞いてんだクロ野郎どもがと叫ぶ。しかし、そこは渕さんと貂が身体を張って止める。乱銅の時とは異なり、上には桓騎がいるためただではすまなくなるからであった。

羌瘣は車の死体の中に治療をしてもらっていた混婆を見つける。羌瘣は混婆と戦いが終わった後にご利益のある御守りをもらう約束をしていたことを思い出す。
羌瘣はお前らがやったのかと桓騎兵に問うと桓騎兵はだったら何だよガキと答える。
羌瘣はそれを聞き、そこにいた五、六人を斬り捨てる。その光景を見た桓騎兵は恐れおののき、全部お頭の命令でやっただけだと叫ぶ。
それを聞いた信と羌瘣は怒りの矛先を桓騎に向かわせた。



ここから信と羌瘣は桓騎と相対するでしょう。最悪斬り合いということになるのではないかと心配ですが、今後の展開がなかなか読めないですね。
桓騎は信と羌瘣の怒りをどうかわすのか…