So-net無料ブログ作成
検索選択

第475話 動揺のその先

桓騎軍の眼前には中央の丘を制した趙軍の多数の旗が風になびいていた。桓騎は中央丘争奪戦を放棄したことにより、桓騎軍の陣内には動揺と怒りが漂っていた。

桓騎とリン玉は天幕の中に入る。そこには雷土、摩論、黒桜がおり、それぞれ怒りの表情を露わにしていた。摩論は桓騎に対して、今日の丘撤退がどうしても納得がいかなく、理由を教えて頂きたいと口を開く。雷土は桓騎のことは信じているが、丘取り合戦から方針が変わったのなら、説明してほしいと意見した。
桓騎は方針は変わってなく、この黒羊の勝敗は中央丘をどちらかがとるに決まっていると返す。それを聞き、雷土はだったらなぜ丘を明け渡したりしたのかと怒りを口にすると、桓騎は丘をとるためだと返す。その返答におちょくってるのかと怒るが、桓騎は長くやっているせいで、最近お前らの考えは軍に染まってきている、理由だの戦術だのどうでもいい、昔みたいにおれを信じろ、おれのやっていることはいつも完全勝利の結果に繋がっていると言うと雷土、摩論、黒桜の三人は自然と納得する。
桓騎は話を変え、飛信隊と那貴の現状を確認するが、紀彗騎兵の急襲から行方知らずであり、相当奥深くまで終われたか、死んだかと黒桜は返した。
桓騎はあっそとだけ言い、次は久々におれたちらしいやり方で存分にやる、弱者をいたぶると言う。今、この黒羊には趙軍でも秦軍でもない第三の人間がいやがると語る。

紀彗と金毛は丘の頂上に立ち、桓騎の動向を怪しんでいた。しかし、紀彗は黒羊はこの中央丘を手にした者が黒羊の勝者となることは間違いなく、夜を徹して丘を砦化することにより、明日以降絶対に丘へ登らせぬと強く決意する。明日一日桓騎軍の攻めを受け止め、砦化が進められれば、この中央丘は不落となり黒羊戦に勝利できると確信していた。

そして、黒羊戦五日目の朝は紀彗も金毛も全く予想しない景色から始まる。金毛、桓騎は黒羊の森の至る所から煙が上がっているのを目にする。
尾平は集落の焼け跡に辿り着く。しかし、桓騎軍の兵士は集落の焼け跡ではなく、趙軍の物資の隠し場所であり、そこを襲ったと言う。尾平はそれでも人気が全くないことを不審に思う。そこに宝石が落ちているのを桓騎兵が発見し、尾平に渡す。尾平は飛信隊では禁止されていると拒否するが、故郷の女に持って帰れ、黙っていればわからないという甘言に心を惑わされ、受け取る。

信は夜通し走って敵をまいて、元の場所に戻ると丘が趙軍に取られていることに驚きを隠せないでいた。
羌瘣は煙を上がっている方向を見て、焦りを感じた。




桓騎軍は羌瘣を助けたと思われる集落を襲い、人質作戦に出るのかと思われますね…
残虐非道であることは間違いないが、それも戦争なのかな…
羌瘣は集落を助けに行くところで桓騎兵との戦いがありそうですね