So-net無料ブログ作成

第471話 執念の追撃戦

鉄壁なる陣形へ渾身の突進。信の背中が飛信隊の士気と気力を支える。田有達飛信隊は信の背中を見る度に説明できない力が湧いてきて、慶舎兵をなぎ倒していった。
劉冬はその様子を見て、羌瘣の隊を抑えるのを止め、慶舎を助けに行こうとする。しかし、羌瘣の一閃が劉冬に舞い降り、それを阻む。劉冬はその一閃により、脇腹に傷を負うが、羌瘣も傷口が開いてしまったのだ。そして、羌瘣は劉冬の足止めをすべく、一騎討ちの形に持ち込んだのだ。

信は矛を振り下ろすが、ついにその矛先は度重なる疲労により、折れてしまう。しかし、信は剣に持ち替え、突き進む。その気力は一切衰えていなかった。
それを見た慶舎は一度本陣を捨て、金毛のところにいく決断をする。部下からは信は標的であるため、逃してよいのかと問われるが、慶舎自ら降りて手を下してもよいが、無傷では済まないからだと答える。
そして、慶舎は本陣を離れようと動く。河了貂はそれを見て、今から慶舎を追いかけることは不可能であり、作戦が失敗に終わったと痛感した。

しかし、慶舎の元に那貴ら五人が突然現れ、慶舎の首を取ろうとする。しかし、慶舎兵の堅い守りを突破することができなかった。しかし、那貴は上出来だとし、慶舎に別に慶舎の落ち度ではなく、皆が騙されているだけだと話しかける。さらに周囲の想像以上に飛信隊と信は強いと続けた。
那貴が話し終わると同時に信は丘を登りきり、ついに慶舎の目の前に現れる。

劉冬兵は劉冬と一緒となり羌瘣を討とうとするが、その素早い動きについていけてなかった。さらに羌瘣の一振りが劉冬の左手を捉え、指が飛ぶ。しかし、羌瘣も傷が癒えていない状況であるため、大量の汗をかいていた。

慶舎本陣では田有は信に雑魚は引き受ける故、総大将は任せたと意気込む。そしてついに信と慶舎の刃が交わる。




ついに信と慶舎の一騎討ちですね。慶舎の実力は不明であり、信も満身創痍ではありますが、皆んなの想いを双肩に抱え、首を取ってくれるでしょう。
そしたら、ついに将軍になること間違いないですね!