So-net無料ブログ作成
検索選択

第472話 狩人の落日

信は刃に持てる全てを込め、慶舎を斬り裂こうとする。しかし、慶舎の剣の一振りが信の力を上回り、馬ごと吹き飛ばされる。飛信隊の隊員は慶舎の華奢な体になぜ信を吹き飛ばせるほどの力があるのか疑問を持つが、信が趙三大天を狙っている慶舎の刃が軽いわけがないと理解していた。
河了貂は遠くから一騎討ちの様子を伺っていたが、慶舎は本当に大物であると認識し、今の趙軍の五本の指に入るほどであり、それをこの場で討ち取れるのであれば、趙国にとって大打撃であると同時に最大級の武功になると確信していた。

信と慶舎の刃が幾度も弾き合う。その様子を誰もが固唾を飲んで見守っていた。

羌瘣の兵と劉冬の兵は互いにほぼ壊滅状態であった。劉冬は力を振り絞り、羌瘣に対して、黒羊を抜かせるものか、侵略者共がと吐き捨てるが、羌瘣は侵略者ではなく、飛信隊だと返す。

信は渾身の一撃を振り抜くが、慶舎は剣で受け止め、逆に信の首筋を斬りつける。
そこに右側より趙の援軍の姿を視界に捉える。急がなければ飛信隊は逆に全滅の危機に瀕することになりかねない状況に陥ってしまったのだ。
再度信が渾身の一撃を慶舎に喰らわすと、今度は剣で受け切れず、肩筋に傷を負う。それをみた慶舎兵は割って入り、信に飛びつく。信はそれを振り払い、さらに慶舎の間を置かない一撃をギリギリで受けきる。
慶舎は間近で信の目を見て、信との記憶が蘇る。趙楚同盟以来、信を知っており、李牧とその成長を注視していたが、想定よりもはるかに大きく成長を遂げていたと感じていた。

信が再び振り下ろした渾身の一撃は慶舎の右肩から胸を斬り裂き、致命傷を与えたのだ。



ついに信がやりましたね!!趙三大天に最も近い男を倒したとあれば、将軍に昇格することは間違いないでしょう。
慶舎を失ったとなれば、紀彗があとを引き継ぐというのもさすがに無理があると思うので、このまま退却するでしょう。
離眼城が桓騎の魔の手に落ちないことを祈るばかり。
結局、桓騎の弱点って何だったんだろうか?
あと、砂鬼一家は今回出番なかったですね〜

第471話 執念の追撃戦

鉄壁なる陣形へ渾身の突進。信の背中が飛信隊の士気と気力を支える。田有達飛信隊は信の背中を見る度に説明できない力が湧いてきて、慶舎兵をなぎ倒していった。
劉冬はその様子を見て、羌瘣の隊を抑えるのを止め、慶舎を助けに行こうとする。しかし、羌瘣の一閃が劉冬に舞い降り、それを阻む。劉冬はその一閃により、脇腹に傷を負うが、羌瘣も傷口が開いてしまったのだ。そして、羌瘣は劉冬の足止めをすべく、一騎討ちの形に持ち込んだのだ。

信は矛を振り下ろすが、ついにその矛先は度重なる疲労により、折れてしまう。しかし、信は剣に持ち替え、突き進む。その気力は一切衰えていなかった。
それを見た慶舎は一度本陣を捨て、金毛のところにいく決断をする。部下からは信は標的であるため、逃してよいのかと問われるが、慶舎自ら降りて手を下してもよいが、無傷では済まないからだと答える。
そして、慶舎は本陣を離れようと動く。河了貂はそれを見て、今から慶舎を追いかけることは不可能であり、作戦が失敗に終わったと痛感した。

しかし、慶舎の元に那貴ら五人が突然現れ、慶舎の首を取ろうとする。しかし、慶舎兵の堅い守りを突破することができなかった。しかし、那貴は上出来だとし、慶舎に別に慶舎の落ち度ではなく、皆が騙されているだけだと話しかける。さらに周囲の想像以上に飛信隊と信は強いと続けた。
那貴が話し終わると同時に信は丘を登りきり、ついに慶舎の目の前に現れる。

劉冬兵は劉冬と一緒となり羌瘣を討とうとするが、その素早い動きについていけてなかった。さらに羌瘣の一振りが劉冬の左手を捉え、指が飛ぶ。しかし、羌瘣も傷が癒えていない状況であるため、大量の汗をかいていた。

慶舎本陣では田有は信に雑魚は引き受ける故、総大将は任せたと意気込む。そしてついに信と慶舎の刃が交わる。




ついに信と慶舎の一騎討ちですね。慶舎の実力は不明であり、信も満身創痍ではありますが、皆んなの想いを双肩に抱え、首を取ってくれるでしょう。
そしたら、ついに将軍になること間違いないですね!

第470話 俺の背中

鋭く華麗なる剣舞と共に羌瘣は飛信隊に帰還する。突撃の鈍る飛信隊に復活の息を吹き込む。
羌瘣は私の隊はいるかと叫ぶ。そうするとここにと返ってくる。羌瘣はそれを聞き、河了貂にここは引き受けるとして、敵将が態勢を整える前に突っ込めと言う。
そこに信が現れ、羌瘣に今まで何してたと問う。羌瘣は寝てたと答えるが、様子から信は羌瘣が怪我をしており、まだだいぶきつそうであることを認識する。しかし、羌瘣は大将首を逃す前に早く行けと急かす。信は今度は後ですぐに会うぞと言い、足止めを羌瘣に任せる。
そして、羌瘣は劉冬と向き合う。

飛麃は慶舎を射程圏内に捉える。我呂が突っ込むものの、慶舎の側近の兵に返り討ちを喰らう。慶舎はかつての六将級と言われる桓騎と三大天の最後の一席につこうとしている私の傑物の戦いであり、李牧が脅威に感じているのは飛信隊の成長後の力であり、今ではないとし、来るには五年早かったなと吐き捨てる。

しかし、信は早かねえバカヤローと叫び、信は慶舎兵をなぎ倒していく。信は単騎で慶舎兵に割って入っていく。そこに一人で何ができるという声が聞こえる。
信は一人ではないと言い、慶舎向かって叫ぶ。昔王騎というすごい人がいて、その人が先頭を走るとき、後ろの兵は鬼神と化し、いつもの十倍強くなった、そういう力が大将軍にはある、それを今から慶舎に見せてやると言う。
そして、今度は飛信隊に叫ぶ。野郎ども、へばってんじゃねえ、苦しいなら俺の背を見て戦え、俺だけの背だけ見て追いかけてこい!続け飛信隊!と檄を飛ばす。
それに呼応して、飛信隊は息を吹き返えす。



信が大将軍の片鱗を見せ始めましたね。
将の一言で隊の士気が最高潮に達するのは王騎や廉頗が得意とするところであり、大将軍への一歩を踏み出したと思います。
ぜひこのまま慶舎の首を取ってほしいですね。