So-net無料ブログ作成

第469話 一瞬の出来事

ゼノウ一家について行こうとした尾平達はその速さについていけず、丘の途中に残っていた。そこには黒桜軍の兵がおり、黒桜の全軍突撃の命に血が湧き上がっいて、尾平達もその兵に加わって戦うように命令した。黒桜はこの半日で丘を奪取するつもりであった。
紀彗、馬呈、劉冬は丘で奮戦していた。しかし、そこに周邦の壊滅の報が入る。紀彗軍は周邦、黒公、連苛の三点が鍵であり、その三点が奪われれば丘は黒桜の手に落ちてしまうのであった。黒桜はそれを見抜き、周邦に続き、黒公にも猛火を浴びせていた。紀彗は黒公を救うべく、馬呈と最前線に立つとし、劉冬は後方に本陣を敷き、全戦局を操作するよう指示する。馬呈と劉冬は紀彗の体を心配し、後方に退がるよう依頼するが、紀彗は全てを出し尽くさねば止められぬ、だが三人が力を合わせれば必ず勝てる、離眼の力を侵略者共に叩きつけるぞと前線に向かったのであった。

三十分前、飛信隊では信の慶舎を討ちに行くという言葉に騒ついていた。怪我人が多い中で、自陣に戻った慶舎を討つのは不可能と反対の声が多かったが、河了貂は起死回生の一手となるかもしれないと考えたのだ。慶舎という武将は独特の陣からおびき出してからしか討ち取れない型の武将であり、桓騎はそれを狙うもギリギリで逃げられてしまったため、慶舎としては二度と同じ手を食らわないだろうと思われた。そのため、慶舎を討つためには慶舎が陣を再生させる前の今しかなく、それができるのは敵の視界から消えている飛信隊だけであった。しかし、慶舎を守る本陣の兵はいるため、無謀であることは変わりなく、現在の飛信隊の戦力で切り崩せるかはやってみないとわからない状況であった。敵のど真ん中に単騎駆けをかけるような戦法であり、成否に関わらず、一瞬の出来事でなくてはならなく、まさに一撃必殺であった。

最初に飛信隊の動きに気付いたのは後方の見晴らしの良い高台に登った劉冬でおった。それはあまりの近さに慶舎本陣への伝令部隊と誤認したほどであった。
飛信隊は慶舎軍を切り裂いて突き進む。すでに信の目は慶舎本陣の旗を捉えていた。河了貂は士気は高いが、思った以上に敵に引っかかっていると感じていた。そこに左上より矢の雨を食らう。劉冬が反応し、飛信隊を止めに来たのであった。劉冬兵は河了貂に向かって突撃する。河了貂が趙兵に狙われ、刃が振り下ろされるその瞬間、羌瘣が趙兵を両断した。




まずは来週は休載です。せっかく羌瘣が戻ってきて、盛り上がるところなのに残念です。
飛信隊の一撃必殺は慶舎まで届くのか気になりますが、何とか成功し、将軍への道を拓いてほしいと思います。
しかし、慶舎が討ち取られたらこの戦いはもう終わってしまいますね。紀彗を将として立て直すにも前線にいては指揮がとれないですからね…