So-net無料ブログ作成

第468話 吉と凶

紀彗の機転で急襲の刃が鈍るゼノウ一家。紀彗はゼノウ一家に割り込んで入っていったが、苦戦を強いられていた。ゼノウ一家の包囲は想像以上に固く、紀彗は自ら率いる離眼兵でも混戦に持ち込むのがやっとであり、慶舎の脱出までは届かないと感じていた。
しかし、紀彗より少し離れていた慶舎は冷静に部下達にもうすぐ機が訪れると落ち着かせた。
草むらの中にいたゼノウ一家の兵士が矢で紀彗を狙い、標準を合わせる。まさに矢を放とうとする瞬間、馬呈がその兵士を一刀両断した。
馬呈と劉冬が紀彗を助けにきたのであった。
その間に慶舎は混戦を抜けだすことに成功した。そして、本陣に戻るべく、駆け出した。
ゼノウ一家はそれを見て、慶舎を追うとしたが、慶舎兵がそれを阻止しようとした。
そして、丘の紀彗軍が黒桜に押し込まれているところを紀彗、劉冬、馬呈が助けに戻ったのであった。

桓騎はその様子を遠くから見ていた。リン玉はキメにいった桓騎の攻めから慶舎が逃れたことに驚きを隠せないでいた。
慶舎は桓騎と自分の互いに紀彗の力を推し量れていなく、その見落としが、慶舎に吉と出て、桓騎に凶と出ただけであると思っており、これをきっかけに桓騎の恐ろしさを十分に理解し、さらに弱点も見抜いていた。
飛信隊は馬呈がいなくなったことにより、全滅を避けられていた。河了貂は黒桜軍を助けるために下から突き上げることを考えた。馬呈、劉冬がいなくなった今、飛信隊は敵の視界から消えているため、絶好の機会であったのだ。
しかし、信は河了貂の考えを否定する。
慶舎の言葉通り紀彗軍は慶舎、桓騎の予測を超えた力を発揮したが、桓騎軍にも同じように両者の予測にない動きをする存在がいた。それは飛信隊であった。信は敵の視界から消えている今、丘の乱戦を無視して、慶舎の首を取りに行こうとしたのである。



残念ながら慶舎の首は取れなかったですね〜
普通に考えると黒桜軍が紀彗軍を一気に押し込んで、丘の右半分を奪取し、そこ起点に丘全てを取るのかなと思いますが、そうはいかないのでしょうね
桓騎の弱点とは何でしょうかね〜

ところで、どうでもいいことですが、桓騎軍って、みんなワルの風貌ですが、戦とかで減った兵士の補充はどうしているんでしょうかね…あんな感じの人たちはそうそういないですからね
普通の人をわざわざあんな風貌にする必要はないでしょうし