So-net無料ブログ作成

第467話 狩られる側の風景

黒羊丘攻防戦四日目、慶舎は自ら隊を率いて飛信隊撃破に向かったが、逆に桓騎の罠に嵌り、ゼノウ一家に包囲され、壊滅寸前であった。
桓騎はその光景を遠くから眺めていた。桓騎は慶舎が主力を飛信隊分断に出したのも計算通りと豪語し、桓騎はしっかり目に焼き付けて死ね、それが狩られる奴の景色だと慶舎を見下し、笑っていた。
それはまさにゼノウが慶舎と対峙する直前であった。

離眼城では女子供達と老婆達が集まっていた。そこでは黒羊丘にある集落から趙軍が敗退しそうであるという情報が流れていた。その情報に子供達は恐れおののいていた。老婆は子供に紀彗は出陣前に強くあれと伝えたことを思い出させた。紀彗は悲劇の後、二十歳そこそこで城主となり、主だった大人達を失い、虫の息であった離眼をここまで復興させ、新しい父として今日この日まで戦っているのだ。紀彗様は誰よりも強い、紀彗様は必ず黒羊丘で敵を食い止めてくださると力強く言い聞かせる。

紀彗は崖を全力で駆け下り、ゼノウ一家に突撃をかけていた。紀彗は個々の武力はゼノウ一家が上であると瞬時に判断し、士気で大きく上回るために、頭であるゼノウに対して、突っ込む。
しかし、紀彗はゼノウの大岩に振り払われる。紀彗は矛で受け止めるものの、矛は折れ曲り、負傷する。それでも紀彗はひるむな離眼兵、これほどの暴力、こんな獣の如き奴らだからこそ、何があっても黒羊を抜かせるわけにはいかないのだと叫び、趙兵を鼓舞した。
紀彗は慶舎を今のうちに包囲網から脱出させ、趙軍の立て直しを図ろうとしていたのであった。

桓騎は紀彗の咆哮に眉をひそめる。それが趙軍敗北に待ったをかける目になりうると感じたからである。そして、その紀彗の秘める力に最初に気づいた黒桜が即座に動く。紀彗が不在となった丘の右半分を奪うべく、全軍突撃の号令を発したのである。これより麓を含めた丘の戦いは灼熱と化す。



紀彗がいいところで入ってきましたね。黒桜が動いたことによりさらに劣勢になる可能性があるが、確かに慶舎さえ残れば、立て直しは可能な気もします。
ただし、それでも桓騎を警戒するあまりあまり動けなくなるような気がしますが…
ところで飛信隊は大丈夫だろうか?

しかし、ゼノウ一家は漫画の主人公側のキャラではないですよね…完全に敵キャラの絵面ですね…そこがまた面白いですが
nice!(4)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック