So-net無料ブログ作成

第465話 掌上の戦場

秦軍最大の好機演出から一転、飛信隊は消滅の危機へ堕つ。慶舎は飛信隊を殲滅させるべく、突撃をかける。慶舎は飛信隊の中央を切り裂いていく。河了貂は飛信隊を分断し、後方の楚水、渕さん達のところまで貫き、崩壊させる意図を察知する。河了貂は信に対して、何としてでも止めろと指示を出す。信はわかってると返し、岳雷と我呂と共に止めに入るが、長くは持たない可能性があった。
信の前に怒りに満ちた慶舎が現れる。慶舎は李牧が桓騎と並べて名指しであげた標的であるため、確実に首を狩り取れと命令を出す。それは李牧がついに信を脅威と認識した証拠であった。
河了貂は後方へ下り、退却の指揮をとるとした。
劉冬は慶舎の動きをみて、飛信隊を屠る気であると理解し、飛信隊の包囲にかかる。

紀彗は自陣からその様子を見て、飛信隊が一溜まりもなく、殲滅されるだろうと推測した。しかし、それでも紀彗の心はざわつき始めていた。
実はこの時、慶舎の出陣に胸騒ぎを覚えたものが紀彗の他にもう一人いた。それは長年側近を務める金毛であった。桓騎が動いた気配はなかったのにもかかわらず慶舎が動いたのは明らかに焦れであり、最大の好機ですら、動かず気配を消し続けた桓騎に苛立っていたのだろうと感じていた。そして、金毛はこの慶舎の出陣を見て桓騎が笑っているとしたら、恐ろしいことだと感じていた。

そして、その想定は当たっていたのだ。
桓騎はリン玉と共に並んでいた。リン玉は捕まえた敵兵が吐くには慶舎は沈黙の狩人であり、待ちの達人で敵は張り巡らされた罠に気付かず先に動いて絡めとられる、結局いつも慶舎の手の平の上で踊らされて敗れるということを話す。しかし、桓騎はそういう奴に限って最後は桓騎の手の平の上で踊らされて殺されると笑いながら、答える。さらに沈黙の狩人だと、あっさり血相を変えて動きやがってザコがと続けた。

黒桜の陣にゼノウが現れ、通過しようとする。




完全に桓騎のペースとなってきたみたいですね。しかし、それは飛信隊という大きな囮の上で成り立っているように思えるので、殲滅されないかちょっと心配ですね〜ま、大丈夫だとは思いますが

キングダムはビジネス書が発行されたり、期間限定ではありますが、キングダム酒家が出来たりと色々なイベントが出来てきて、社会的な認知度も相当上がったなと感じました。常設のキングダムバーができればいいなと思います。
nice!(6)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック