So-net無料ブログ作成

第464話 焦れの限界

四日目の早朝、桓騎からの伝令が信の元に訪れていた。伝令は飛信隊にその場に踏みとどまるようにと桓騎の指示を伝えた。信は飛信隊が作った好機を逃され、さらに馬呈軍に背後を取られ窮地に陥ってたため、感情を露わにしながら反論した。しかし、河了貂は飛信隊がこの地に留まっていれば依然桓騎軍は有利な局面であるため、そのつもりだと答えるが、それを黙って見ているほど相手は甘くないと言い切る。そこで、伝者は援軍を送ると桓騎からの言葉を伝える。貂は信用していいのかと問うが伝言にさあなとはぐらかされた。貂は飛信隊はギリギリまで粘るがそれでも昼までが限界であり、援軍を送るのであればそれまでにと伝えるよう依頼する。

そして、運命の黒羊丘攻防戦、四日目が開戦した。河了貂は昨日のうちに有利な地形は全て押さえていたため、主力はいつでも出られるように前線に置き、後方は楚水、渕さんに任せていた。
しかし、桓騎は相変わらず動かなかった。そのため再び戦場に戸惑いの空気が流れていた。飛信隊の後方は馬呈の攻撃に苦戦していたため、徐々に主力を後方に回していった。ここまで飛信隊のところ以外は前日と全く同じ膠着そのものであった。
だが、慶舎は怒りで目を血走っていた。慶舎は意地でも動きを捕捉させない桓騎に屈辱を感じていた。
慶舎の怒りは限界に達したため、動かなければ右翼の飛信隊を斬り落とすと飛信隊に対し、自ら先頭に立ち総攻撃をかけた。
その動きをみた桓騎は口元に笑みを浮かべた。



怒りで元々待ちのタイプである慶舎が我慢できなくなり、動き出させたというのは桓騎の作戦勝ちと思いますが、ここからどうやって、慶舎、紀彗を崩していくのか気になりますね
しかし、慶舎という人物の心理を桓騎はよくわかってますね…紀彗が総大将であったら、そのまま動かなかったでしょうから。ま、それなら桓騎は三日目に動いて趙軍側に大打撃を与えてたでしょうけど…