So-net無料ブログ作成
検索選択

第460話 飛信隊の楔

戦争の苛烈さとは一線を画した静寂に包まれた集落。そこでは一人の老婆が羌瘣の馬に話し掛けていた。主人が心配だろうけど、お前もキズだらけだから早く休みなと。老婆は昼間に羌瘣と会ったことを思い出していた。羌瘣は秦と趙の戦争が始まるため、集落の長に皆をすぐに退避させるよう伝えろと命令した。老婆は自分がその長だと言い、口調から羌瘣が秦国兵だと判断した。そして、忠告しに来るくらいなら、最初から他人の土地に入ってくるな侵略者がと吐き捨てた。しかし、羌瘣はそれでも退避をと続けた。
昼間のやりとりを思い出した老婆は悪い娘ではないのはわかっており、最善を尽くすつもりと羌瘣の馬に約束する。そして、小屋の扉を開ける。するとそこに意識を朦朧とさせた羌瘣が立っていた。しかし、すぐに老婆に向かって倒れこんでしまったのだ。意識がはっきりしない中、羌瘣は飛信隊に戻らないと、呟いていた。

黒羊戦三日目。飛信隊と相対していた馬呈は飛信隊の攻めの巧さに翻弄されており、かなり押し込まれていた。そこに劉冬が現れる。劉冬は血の気が引いた顔色であったが、立て直しを図ろうとしていた。
飛信隊の陣営では部隊長を招集していた。そこでは各部隊の勝報の連続で沸き立っていた。しかし、河了貂は前線の押し込みはここまでとし、右の戦場の主導権を戦場全体に広げるため、飛信隊の九割を中央の丘の攻めに移動させると決断する。
馬呈、劉冬軍では飛信隊の移動を物見が確認していた。劉冬はその動きを見て、秦のキレものは桓騎だけではなく、飛信隊の軍師もまたキレものだと感じていた。
紀彗は足元に迫った飛信隊を確認する。劉冬、馬呈を後手に回すほどの実力を認め、紀彗は軍の三割を下方防線に回さざるを得なかった。この時、軍の力と注意が割かれ、つけ入る隙のなかった紀彗軍に歪みが生じたことは紀彗本人にも相対す黒桜にも分かった。そして、この場にいた指揮官全員が同じことを考えたのであった。この瞬間を桓騎が逃すはずがないと。



ついに次号は桓騎が登場しますね。趙軍が一番悶え苦しむのはやはり紀彗を倒すことだと思うので、この好機を逃さないと思われますね〜
しかし、飛信隊は劉冬が復帰したことに気づいてないだろうから、下手をすると紀彗と劉冬、馬呈軍の挟み討ちを食らう可能性もありますね…大丈夫かな?