So-net無料ブログ作成

第461話 黒羊の大一番

飛信隊が作り出した趙軍圧倒の最大の好機。黒桜軍は桓騎の指示が来次第、すぐ動けるよう行軍の準備をしていた。今、桓騎軍は絶好の戦況にあり、いかようの手を使っても大いなる戦果を望める状況にあり、それ故桓騎がどんな手で攻めてくるかわからなかった。河了貂は桓騎は頭脳で勝負する将軍であり、策を我流で生み出す天才と評していた。

桓騎が口を開く。それはオギコを呼べというものであった。

紀彗は飛信隊への守備を固めていた。しかし、秦軍がどう動いてくるかわからない状況であるため、外を固めすぎずに柔軟さをもたせていた。劉冬、馬呈が到着すれば飛信隊の脅威は半減するが、それは桓騎も承知の上であるため、刻との勝負であった。紀彗は劉冬達が到着すれば反転攻勢の芽も出てくると踏んでいた。

慶舎は丘の頂上で桓騎の匂いを嗅ごうとしていた。足音が聞こえ、鼓動も伝われば、桓騎の心臓を握る潰せると期待に胸を膨らませ、顔には笑みを浮かべていた。

そして、今まさに両軍の主要な目が桓騎の一挙手一投足に集中していた。

太陽が高く上がり、両軍の将は桓騎の動きを待っていた。

しかし、桓騎は一切何もせずに三日目を終わらせたのであった。それは戦場にいる全ての将の想定から外れていた。
紀彗は桓騎はあえて動かなかった。しかし、動かなかったが、直感で何かをしたというのだけは感じていた。




絶好の好機にあえて何もしない、何もしていないのか、誰にも気付かせずに勝利のための楔を打ったのかはわからない。
戦場にいる将どころか読者全ての期待を裏切る桓騎は恐ろしいですね。

敢えて予想するのであれば、相手を精神的に翻弄したのでないかと推測します。紀彗が何かされたと感じたようにありもしない罠を勝手に想像し、動きを制限する、慶舎に対してはより桓騎に意識を集中させ、他を見えなくする、こんなところと想像します。

第460話 飛信隊の楔

戦争の苛烈さとは一線を画した静寂に包まれた集落。そこでは一人の老婆が羌瘣の馬に話し掛けていた。主人が心配だろうけど、お前もキズだらけだから早く休みなと。老婆は昼間に羌瘣と会ったことを思い出していた。羌瘣は秦と趙の戦争が始まるため、集落の長に皆をすぐに退避させるよう伝えろと命令した。老婆は自分がその長だと言い、口調から羌瘣が秦国兵だと判断した。そして、忠告しに来るくらいなら、最初から他人の土地に入ってくるな侵略者がと吐き捨てた。しかし、羌瘣はそれでも退避をと続けた。
昼間のやりとりを思い出した老婆は悪い娘ではないのはわかっており、最善を尽くすつもりと羌瘣の馬に約束する。そして、小屋の扉を開ける。するとそこに意識を朦朧とさせた羌瘣が立っていた。しかし、すぐに老婆に向かって倒れこんでしまったのだ。意識がはっきりしない中、羌瘣は飛信隊に戻らないと、呟いていた。

黒羊戦三日目。飛信隊と相対していた馬呈は飛信隊の攻めの巧さに翻弄されており、かなり押し込まれていた。そこに劉冬が現れる。劉冬は血の気が引いた顔色であったが、立て直しを図ろうとしていた。
飛信隊の陣営では部隊長を招集していた。そこでは各部隊の勝報の連続で沸き立っていた。しかし、河了貂は前線の押し込みはここまでとし、右の戦場の主導権を戦場全体に広げるため、飛信隊の九割を中央の丘の攻めに移動させると決断する。
馬呈、劉冬軍では飛信隊の移動を物見が確認していた。劉冬はその動きを見て、秦のキレものは桓騎だけではなく、飛信隊の軍師もまたキレものだと感じていた。
紀彗は足元に迫った飛信隊を確認する。劉冬、馬呈を後手に回すほどの実力を認め、紀彗は軍の三割を下方防線に回さざるを得なかった。この時、軍の力と注意が割かれ、つけ入る隙のなかった紀彗軍に歪みが生じたことは紀彗本人にも相対す黒桜にも分かった。そして、この場にいた指揮官全員が同じことを考えたのであった。この瞬間を桓騎が逃すはずがないと。



ついに次号は桓騎が登場しますね。趙軍が一番悶え苦しむのはやはり紀彗を倒すことだと思うので、この好機を逃さないと思われますね〜
しかし、飛信隊は劉冬が復帰したことに気づいてないだろうから、下手をすると紀彗と劉冬、馬呈軍の挟み討ちを食らう可能性もありますね…大丈夫かな?

第459話 闘志の伝染

紀彗の登場により、趙軍は息を吹き返す。紀彗の離眼の兵よ戦えという一言は離眼兵の目と血に火をともした。秦の侵略者に対して、自らの土地を守るため、決死の想いで戦い、秦軍を跳ね返し始める。守りの布陣を敷いていた他の隊も総攻撃に転じた。
しかし、そこに桓騎軍千人将の角雲が現れ、趙軍の勢いを止める。しかし、さらにそこに紀彗が崖を勢いを増しながら下ってくる。そして、その紀彗に角雲はあっさり討ち取られたのであった。

その様子を黒桜は遠くから見ており、自らの判断の誤りを認識し、地形の見方を改める必要性を感じた。そこに趙兵が崖の上から襲いかかる。しかし、黒桜はすかさず弓を引き、趙兵を返り討ちにする。黒桜は再び戦場に視線を送る。そして、この状況から全軍退却の判断を下す。
それは正に雷光の如き早さの逆転劇なあった。紀彗の出現で黒桜軍は後退し、逆に一気に紀彗軍に押し込まれる位置まで退げられてしまったのであった。せめて、収穫といえるものがあるとすれば黒桜の判断の早さにより、失った兵数が多くなかったこと、紀彗という第二の存在に気づいたことである。
中央の丘を中心に戦場を左右に分けてみると右は平地を飛信隊が押し込み、丘は紀彗軍が押し込んだ。左は平地も丘も拮抗し、前線は大きく動いていなかった。二日目の戦いはほぼ互角のような形で幕を下ろしたのである。

二日目の夜は飛信隊では渕さんの活躍を皆で祝い、盛り上がっていた。信と河了貂は桓騎の条件を満たしたことを確認し、明日以降さらに趙軍を押し込み、右の戦局を優位に固めるとした。信は羌瘣がまだ帰ってきていないことを心配していた。河了貂は明日さらに趙軍を押し込んだら、捜索隊を出すとした。

羌瘣はある村の小屋の一室で寝ていた。そこで、羌瘣は生死を彷徨っていた。






紀彗の圧倒的な存在の出現により、戦局は一気に変わりましたね。まさに大将軍級の働きのような気がします。慶舎と紀彗の連合軍はまさに脅威に感じました。しかし、同じ右側ということで、紀彗と飛信隊の戦いが近々ありそうな気がするので、信の成長度を見る上でも楽しみに思います。



皆様、明けましておめでとうございます。本年もぜひ1001人目の飛信隊のブログを宜しくお願い申し上げます。
去年皆様のお陰により、累計1000万アクセスを突破したので、特に今年のブログの目標はございませんが、去年やった五人武将を選ぶという特別企画をまたやれたらいいなと思います。宜しければこんな企画をやってほしい!という意見がございましたら、遠慮なく言っていただきたく、何卒お願い申し上げます。
nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック