So-net無料ブログ作成
検索選択

キングダム2015年三大ニュース

今年もブログをお読み頂き誠にありがとうございました。
キングダム本編は先週の「離眼の御印」で今年は終了いたしましたが、せっかくですので、ブログは去年同様三大ニュースで締め括りたいと思います。
ちなみに今年は信が毐国反乱の討伐に向かうところからスタートしました。



〜キングダム三大ニュース2015〜

第三位 渕さんの責任感

飛信隊では羌瘣、河了貂、我呂などが台頭してきており、もはや渕さんの活躍する場面はもうないと高を括っておりましたが、あの命懸けの激流越えには本当に感動いたしました。渕さん以外の誰も成し遂げることのできない偉業だったと思います。いろんな隊の組み合わせでできている飛信隊はある意味このような武力、知力が突出しているわけではない渕さんが副長の一人だからこそ、纏まっているところもあるんでしょうね。



第二位 昌平君出陣

昌平君が包雷を仕掛け、圧倒的な武力の差で戎翟の首を刎ねたことも衝撃ではございましたが、やはり一番しびれたのは呂不韋側を捨てて、大王側についた瞬間かなと思います。呂不韋に対し一言、世話になったと吐き捨てたあの瞬間は男を感じました。今後も秦国の頭脳としてさらに飛躍的に活躍が期待されますね。
いきなり楊端和を使うところも何か考えがあるに思えます。




第一位 政と呂不韋の戦いに決着

ついに長かった政と呂不韋の争いですが、大王側の完全勝利で幕を閉じました。思い起こせば本当に綱渡りの九年だったと思います。成蟜の反乱、政暗殺未遂を乗り切り、呂不韋が三大宮家を味方につけた時も成蟜を大王側に率いれ、力の差を埋めた。
そして、力が拮抗してきたところで、合従軍が発生し、秦国の滅亡の危機にさらされる。合従軍では各武将が奮迅の働きにより、函谷関を守るが、李牧に裏をかかれ、南道より敵の侵入を許してしまう。そこを政が蕞で迎え撃ち、山の民の力を借りて、撃退する。
毐国の反乱の際も、昌平君から事前情報を入手し、紙一重のところで、鎮圧する。
一つ何かが間違っていたら、政の国内統一はできなかったと思いますが、それを可能にしたのは政と政を支える仲間であることは言うまでもないですね。これからの秦国の飛躍を期待したいです。




番外編

今年は何と言ってもアメトークでの「キングダム芸人」によって、キングダムが一躍有名になったことが、ストーリー以外の一番のニュースでしょう。一気に人気が爆発し、書店からキングダムがなくなったり、アマゾンコミックランキングの上位を独占したりと世間の認知度は今までの比にはならなかったと思います。きっと、このブログをご覧いただいている方もアメトークから入られた方も多いのではないかと思います。




私個人としても東京から京都に転勤したりと変化の大きい一年でした。来年は信は将軍になり、韓あたりは消滅しているだろうと邪推しますが、ブログは例年通りしっかり続けてまいりますので、ぜひ応援頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック