So-net無料ブログ作成

第457話 執念の渡河

長年抱いていた劣等感を超え、飛信隊の渡河の光明を切り開いた渕さん。渕さんの隊は趙軍の左側の隊列を崩し、渡河の途中の信を呼ぶ。信はそれを聞き、渕さんのいる方向に進む。
しかし、川底の道は凹地の中央にしか繋がってなく、信達は足の着かない状況に溺れかけるが、渕さんはすかさず縄を投げ、上陸の手助けをする。趙軍はそれを見て焦り、拠点を潰しにかかる。渕さんは縄を引く人手だけ残し、趙軍に突進する。しかし、川を渡ってきた渕さんの隊に余力は残されてなく、弾き飛ばされる。跪く渕さんであったが、役割はまだ完遂していないと立ち上がり、趙兵を一人も通さないと身を盾に、立ち塞がる。
趙軍は一気に渕さんに襲いかかるが、間一髪のところで、信の一刀が趙兵を切り裂いた。そして、一気に岸を制圧すべく、突撃を図る。我呂は渕さんに向かい、見直したと言い、飛信隊の副長をはっているだけのことはある、渕さんみたいな男は好きだぜ、あとは任せておきなと言い残し、岸制圧に向かった。

馬呈に中央の凹地に飛信隊が上陸し、岸が制圧されたことが報告される。その報告に趙軍は騒つく。その趙軍の様子から河了貂は飛信隊の渡河が成功したことを知る。馬呈は劉冬が無手といったこの川を飛信隊が渡りきったことに驚きを隠せなかった。
岸に横陣を敷いていた趙軍は飛信隊の進行を止めることはできず、森へ散って退がった。渡河に成功した飛信隊であったが、川を背にしているため、急な趙軍の反撃を警戒するが、軍師役の劉冬が不在であったため、反転攻勢の機を逃したのであった。そして、その後、飛信隊はさらに前進し、趙軍の前線をズタズタにした。



渕さんの活躍により、渡河が成功しましたね。今回の渕さんの役回りは飛信隊で他の隊員では決して乗り越えることができなかったと思います。そう考えると様々な種類の人が飛信隊を支えており、それが組織の強さに繋がっていると感じました。
我呂の見直したという一言は何かぐっと来ましたね。渕さんが認められたことが何か嬉しかったです。
nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック