So-net無料ブログ作成

第455話 主攻なる助攻

信は飛信隊に配置に着くよう指示する。そして、貂に後で会うぞと言うと貂は向こう岸でと返す。また、信は緊張して固くなっている渕さんに飛信隊の力、趙の奴らに見せつけてやろうぜと拳を突き出すと、渕さんは拳を突き返し、存分にと答える。
河了貂は昨日斥候に出た羌瘣を手掛かりとしていた。羌瘣は昨日、この川を馬で渡って先に進んでおり、この川のどこかで足が届く浅瀬が対岸まで続く場所があると考えていた。岐鮑に見てもらうと読み通りそれらしい場所が二ヶ所存在した。この二ヶ所に兵を集中させて渡河を企てようとした。まずは浅瀬の幅が広い中央を飛麃、カク備兵ら屈強な兵士を集中させ、大軍とした。率いるのは隊長の信であった。
対岸から見ていた馬呈は川底の道に気付いたかと感心するが、そこは残念ながら凹地だとつぶやく。凹地とは上から見たくぼ地のことで、ここを攻めると対岸全てから集中砲火を浴びてしまうのであった。凹地を攻めるのは下策中の下策であるが、それを突き進むことにより、敵は当然大軍を投入した一点突破に見える。敵の注意が信達に集中した隙にもう一つの川底の道を貂と楚水が渡る作戦であり、こちらの対岸は凹地とは真逆の凸地のため、攻めるには上策の地であった。問題は川底の道が狭く、大軍を送れないため、上陸戦に不安があったが、そこは飛信隊の息の合う生え抜き少数精鋭で固めて挑むとした。
しかし、馬呈は予め劉冬よりその可能性を示唆されており、凸地が主攻であると見抜き、主攻部隊の頭を叩き割るため、凸地に移動する。
ところが、貂はこの二手ではこの川は攻略できないと考えており、事前に三手目を用意ていた。そこは浅瀬ではなく、真逆の底が見えない程、水深が深く流れも激流の地、かつ対岸が険しい絶壁という悪条件が重なる場所であった。しかし、悪条件過ぎてそこには敵の布陣は存在しなかった。魚の異名を持つ岐鮑はその川を命からがら泳ぎきり、対岸の岩に縄を括り付け、川に縄を張った。しかし、例え縄があったとしても、それをつたって川を渡るのは自殺行為であった。
まずは泳ぎが得意とする土南が渡ろうとするが、川の流れがあまりに強く、飲み込まれ、そのまま流されていってしまった。その姿をみた隊員は川を渡ることに怯んでしまう。そこに上流から赤い血が流れてくる。それは上流で身を呈して戦っている飛信隊のものであった。それを見た渕さんは改めて気合を入れ直し、渡河に挑戦するのであった。



貂が考えた三手ですが、どこを進んでも地獄ですね…もしどれか選べと言われたら、私なら、、、一手目かな…人が多いから後方にいれば、何とかやり過ごせそうなので
しかし、三手目が今回の鍵となる策ですが、仮に渡河がうまくいったとしても、渡れるのは数十人というところでしょう。正直、飛麃でもカク備でも飛信隊生え抜き少数精鋭でもない隊がどこまでできるのか甚だ疑問を感じますね…
貂のことですから、もちろん渡河の後の作戦も与えていると思いますが…
nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第454話 軍師の底力

阻まれた前線を進めるため、目前にある川を渡ろうとするが、川は深く、渡ろうとしても胸の位置まで浸かり、趙軍の格好の矢の的になる状況で、現状を打破するのは困難を極めていた。河了貂は橋も舟もない状況に危機感をつのらせていた。
一度陣まで戻った飛信隊幹部達に河了貂は川を端から端まで見に行くと告げ、飛信隊の中で一番川に詳しい岐鮑を連れ、出発しようとする。信はそれを見て、状況をわかっているのか、時間がないんだぞと言うが、河了貂はわかっているから何とか策を見出そうとしているんだと反論する。飛信隊はそれ程追い詰められていた状況であったのだ。今日中に中央丘の横まで軍を進めなければ信と貂の首が飛ぶだけでなく、全戦局に大きな影響を与えてしまう状況であり、岸を固めた敵を舟も持たない飛信隊が抜くには特別な作戦が必要だった。全ては軍師にかかっている、信じて待ってて信と言い残し、河了貂は出発する。

対岸の馬呈は怪我で動けない劉冬から授かったこの陣に打開策はなく、絶対の自信を持っていた。

河了貂は一通り見た後、陣に戻り、苦心していた。河了貂は軍師学校にいた時、昌平君に渡河の戦いの困難さを教えられていたのだ。それは野戦の中で一番の難題の戦いであり、突破口となるのは橋か舟であり、それがない場合は打開策はなく、長期戦に切り替えるしか道はないと教えられていた。昌平君でさえ、策ないという状況に河了貂は諦めかけるが、信は諦めない、どんな状況でも諦めないと思い、そこに道を切り開くのが飛信隊の軍師だと気合を入れ直す。
太陽が最も高くなった昼頃、河了貂は作戦を練り上げる。それは飛信隊流の橋を架けることであった。そこで鍵となるのは渕さんであり、河了貂は渕さんを呼び寄せるよう指示する。



飛信隊流の橋の架け方とはまた悲惨な感じではないかと危惧します。きっと人を橋代わりに使うことになると邪推しますが、橋自体を矢で狙われたらひとたまりもないと思うので、そんな短絡的ではないと思いますが…
唯一の救いは趙で軍略に明るそうな劉冬が怪我で前線にはいないので、河了貂の奇策に応対できそうな武将はいないというところでしょうか。そういう意味だと羌瘣の強襲も意味のあったものになりますね。

第453話 進軍の終着地

羌瘣の強襲は両者痛み分けとなったが、高台から落ちた羌瘣の傷は深かった。劉冬はすかさず部下に羌瘣を生け捕りするよう指示する。

信はうたた寝をしつつも、羌瘣の帰りを待っていた。そこに隊員から急いで天幕まで戻るよう伝令が来る。再び桓騎本軍からの使者が来ていたのだ。
信が天幕に戻るとそこには桓騎軍参謀の摩論がいた。摩論は二日目の作戦を伝えるために来ていた。内容は二日目から中央の丘取り合戦が始まるというものであった。黒羊の戦いは巨大な中央の丘を手にすれば十中八九勝ちを手に入れることができ、本日は双方の中央軍が進軍し、丘の斜面でぶつかり、覇をかけた領地合戦になると予想された。この戦いでカギを握るのは平地の左右の軍であり、中央軍が丘の前線の押し合いをしている最中に下から攻撃を受ければ挟み撃ちに合い、その部分は根こそぎ敵にとられてしまう可能性がある。しかし、逆もまた然りであった。
飛信隊と雷土隊が再び前線を押し上げ進軍し、丘の麓から槍をつきあげれば丘にいる趙軍は決定的な打撃を喰らうことになり、引いては桓騎軍勝利につながる。信はそれを聞き、約束通り持ち場の右をしっかり押し込めって話だなと確認すると、摩論は左様と言い、那貴より相対す敵手強しと言う報告があったものの、そこは自分で何とかせよと指示し、昨夜信が言い放った中央丘横まで軍を進めるというのは本日の最低限の約束だとした。そして、最後に桓騎からの今日飛信隊が失敗したら、砂鬼一家を信の元に送ると脅しをかけた。

黒羊の二日目の戦いが始まる。二日目、飛信隊は好調に軍を進めていた。しかし、河了貂は趙軍の力を軽いと感じており、違和感感じていた。
最前線の信が茂みを抜けるとそこには川を挟んで反対側の岸に万全の陣容で馬呈が待ち構えていた。岸辺の戦いでは陸地にいる方が十倍力を増すと言われており、飛信隊は早くも窮地に立たされていた。





まずは羌瘣が心配ですね…様子を見ると命には別状はないと思いますが、劉冬軍に捕まっていないか、傷の深さから黒羊の戦いに再び参戦できるか微妙だと思います。

信は再び馬呈と相見えることになりましたが、飛信隊はかなり不利な位置となっておりますね…川の深さはどれ位なのかによって、船が必要だったり、馬で渡れるなどあると思いますが、かなり苦しい状況には変わりないですね
河了貂の機転を期待するばかりです。
nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第452話 強襲の成否

初日の激戦から一転、静寂に包まれる黒羊の夜。趙の陣営は誰も破ること能わぬ堅牢なる陣であった。陣には幾人もの見張りがおり、近く者は例外なくその監視の網に引っかかるのであった。
しかし、羌瘣はその網を抜け、陣の中心の高台にある劉冬まで辿り着く。劉冬は偶像を額に付け、祈りを捧げていた。劉冬は羌瘣の気配を察知し、誰だと問う。羌瘣は劉冬の姿を見て、偶像崇拝か、軍の将にしては珍しいなと言う。そして、命を貰うぞ趙将と剣先を劉冬に向けた。
劉冬は妖の類か呟き、この陣に忍び込み、寝所まで来れる者がいると思えない、しかも女でと驚きを隠せないでいた。羌瘣はここにいるとだけ返す。劉冬はそうだなというものの、火に照らされた羌瘣は人ならざる者に見えたと話す。羌瘣は偶像にすがっているから、そう見えるのだと言い捨てる。劉冬は偶像はすがるものではなく、奮わせるものだとし、羌瘣に自らの命を賭して守るべきものを持っているかと尋ねる。羌瘣はむかし唯一のものを失くしたが、今は別のものを持っていると言い切る。
劉冬はそれを聞き、腰を折って悪かった飛信隊副長羌瘣と言い、事前に持っていた情報から羌瘣の正体を突き止める。さらに、副長自らの無謀を決意の深さの表れとし、敬意を払うが劉冬も倒れられぬ理由がある、秦軍を黒羊の先へ行かすわけにはいかんとし、剣を抜く。そしてその剣で、かがり火を払い落とす。それを下にいた兵士が見て、異変に気付く。
羌瘣は劉冬のその行動を元に突撃を開始する。羌瘣の足の速さは増していき、一気に最高速度まで上がる。しかし、劉冬と羌瘣の間に、ちょうど首の辺りの位置に糸が仕掛けられていることに気づく。速度の上がった羌瘣は直前で首を上げ、皮一枚切るものの、何とかかわす。しかし、体勢は大きく崩れ、劉冬の一振りを剣で防ぐものの、肩に喰らう。劉冬のさらもう一振りするが、それは舞い上がり、逆に左肩に一撃を喰らわせる。
しかし、羌瘣は体勢が崩れたまま、舞い上がったため、体を偶像を置いてあった棚に強くぶつけ、体が宙に浮いた。劉冬はその好機を逃さず、羌瘣の胸をめがけて一刀を振り下ろす。それを喰らった羌瘣は高台から落ちていった。




まさか羌瘣が隠密行動で返り討ちを喰らうとは…信じられない気持ちでいっぱいです。しかも、劉冬の一撃を喰らって、落ちていったことと、敵陣のど真ん中ということを考えるとまさに絶体絶命といえる状況でしょう。
しかし、劉冬が糸を仕掛けていたというのは何でなのでしょうかね…あれだけ万全な陣営なのに羌瘣の情報を元に暗殺があるかもしれないという推測で罠を仕掛けていたとも思えず、、、、偶像のお告げの方がまだリアリティがある気がしますが
nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック