So-net無料ブログ作成
検索選択

第451話 黒羊の夜

趙軍による奇襲で苦境に立たされる秦軍。慶舎による包囲の危機を脱し、雷土とゼノウは趙本陣へ逆奇襲を仕掛け、焼き払った。そして、戦場に夜が訪れる。
河了貂は飛信隊が不慣れなこの地に不慣れな間が最も趙軍にとって好機であるため、必ず夜襲をかけてくるとし、外側の隊はいつでも戦える準備をさせ、見張りは倍以上にするよう指示する。
楚水が信の元に近寄る。楚水は羌瘣が戻っていないことを確認する。信は斥候に出たきり樹海の中に消えたと答える。楚水は羌瘣が斥候で前に出た後、本隊は手前の丘に戻ったため、大きく間が空いてしまったため、前線の趙軍側にいるかもしれなく、羌瘣は十数騎であるため、趙軍に捕まっていければ良いがと心配する。信は羌瘣に限ってそんなヘマはしなく、それより心配はと言うとそこに桓騎軍から伝者が現れる。

羌瘣達一行は自らの位置を確認していた。羌瘣達は趙軍の深くまで入っており、完全に孤立していた。部下からはすぐに戻るべきと言われるが、夜営は厳重であるため、迂回して戻るしかなかった。しかし、羌瘣は迂回はしないと断言する。明日は戻って隊を率いて戦うが、その前にやることがあると言う。それは現在敵の後ろ側にいる、この好機を逃さず背後を突くことであった。

飛信隊の夜営地本陣では桓騎の部下兵より信に対し、初日の大失態により斬首に処すと言い渡される。河了貂はいくら何でもそんな権限はと反論すると桓騎はこの軍の総大将であり、権限はあると否定する。しかし、今ここで信の首を飛ばせば右側の事態が悪化することは桓騎も承知しているため、特別に減刑し、右腕だけ切り落とすとした。
しかし、信はそれを意に介さず、戦は最後に勝てばいいだろと言い、伝者に対し責任の重大さは認識しており、二日目以降で必ず目前の敵を撃破し、飛信隊が戦局を覆すきっかけを作ると桓騎に伝えろと言い放った。そして、最後は敵将慶舎の首をとって黒羊の戦いを勝利に導くとした。
那貴は相対している敵は一筋縄ではないと言うと貂は今日一日の苦戦でやれることやれないことなどの戦い方は把握できため、明日は前線を突破し、隊を中央丘横まで持っていくと断言する。
一刻後河了貂の読み通り夜襲があったが、その準備をしていたため、被害は最小限であった。信と貂は夜襲よりも羌瘣が戻ってこないとこが気になっていた。それは密林夜と羌瘣にとって得意な状況であり、逆に無茶をする可能性があるためであった。

羌瘣は眼前に広がる隙のない夜営を見ていた。部下達は敵将を討ち、生きて脱するのは不可能であるため、羌瘣に中止にすべきと言うが、羌瘣は三千人将になると敵を討つのにどのくらい味方に犠牲が出るか少しは考えると言い、そして、今は万の軍の敵将の首を犠牲なしで討てる好機があり、飛信隊のために無茶をするのだと諭す。難しくはあるが、勝算がないわけでもない、一千年前からこういう仕事をやってきている一族の出であるからなと言い残し、単身で趙陣営に乗り込んでいった。




羌瘣の単身での夜襲がどこまで成功するのか。普通であればあっさり敵に捕まるだろうが、羌瘣であればそれなりに結果を残せるでしょう。しかし、これで劉冬や馬呈あたりの将の首まで取ってしまったら、通常の戦いは何なんだろうかと思ってしまうところもあるかな…
十数騎であれば敵陣の背後を突くのはさほど難しくないでしょうし。
nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック