So-net無料ブログ作成
検索選択

第449話 蜘蛛の罠

自ら出陣する数刻前、慶舎はゼノウの快進撃を見つめ、不敵な笑みをこぼす。
岳嬰とゼノウ、雷土が相見える。岳嬰は戦で最も恐ろしいことは優位に立っていると思っていた状況が知らずに己の死地へと変わっていることだ、言っている意味がわかるかと勝ち誇って問うと雷土はわかるぜ、てめえがマヌケって意味だろと吐き捨て、両軍がぶつかり合う。
その歓声が趙軍本陣に届く。それを紀彗と金毛は耳にする。紀彗は岳嬰を心配するが、金毛は問題ないとし、紀彗の賭けより万倍安心できると返した。さらに慶舎自ら討って出たので、ゼノウ、雷土は終わりだと切り捨てた。紀彗はそれを聞き、慶舎は聞いていた以上に恐ろしい方だと感じた。慶舎が自ら出陣するときに紀彗に桓騎の片腕が砕ける音を聞かせてやると言い残していた。

尾平は慶舎の振り下ろした刃を槍で何とか受けるも、その重さに槍はへし折れた。その後、尾平は馬に轢かれ、弾き飛ばされる。
桓騎軍は慶舎の奇襲を止められずにいた。慶舎は後続も徹底的に叩くことにより、頭と分断させようとした。
精鋭部隊を率いた慶舎は中央丘の裾を斜めに走り、一気に樹海の地を飛び越えた。そして、雷土隊を追っていた尾平達二列目を真横から奇襲。この奇襲により、二列目は完全に足止めされ、前方の雷土、ゼノウ隊は後続を失い孤立する。さらに慶舎軍右翼の各隊は続々とその雷土隊の方へ行軍しており、雷土、ゼノウ隊は気付かぬ内に孤立、包囲の窮地に陥っていたのだ。

金毛は遠くからその様子を見て、李牧が本能型の蜘蛛であると例えていたことを話す。見えない糸で巣を張っている恐ろしい蜘蛛であり、敵は好機と思い近づくと知らぬうちに絡め取られて骸になる。その結果、初日から桓騎は片腕を喰い潰される羽目になったとつぶやいた。

雷土は後続が来ないことに焦りを感じていた。後続を呼びに行った伝令は二列目が来るはずの道で敵と遭遇したことを報告する。雷土はゼノウ一家の暴れっぷりを見ても岳嬰が余裕ヅラをしている理由を理解する。雷土はこんなに綺麗に桓騎が嵌められたのは初めてだと感じていた。
雷土の言葉通り、この分断、包囲の危機は桓騎の予測を大きく越えた事態であった。だが、慶舎も一つだけ気づいていない部分があった。包囲を受ける雷土、ゼノウの面々は元大野盗団ならではの知恵を持っていたのである。




雷土、ゼノウ一家がどうこの状況を切り抜けるか気になりますね。大野盗団ならではの知恵というのは何なのか。何か地形を利用することによって、敵の目を欺き、危機的状況から抜け出すとかですかね〜
しかし、桓騎軍は今のところやられっぱなしなので、逆転の一手がほしいですね。桓騎も実際どこにいるかよくわかりませんし。実は中央丘の上にすでにいるとかかな…?
nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック