So-net無料ブログ作成

第443話 化物達の出陣

桓騎軍本陣から戻ってきた尾平は他の飛信隊の隊員から、桓騎将軍はどうだったかと聞かれる。尾平は怖そうで冷たそうだったが、男でもドキっとするくらいかっこよかったと答える。そこに桓騎軍の兵が訪れ、桓騎将軍が飛信隊を気に入って、隊員と話がしたいことを話し、古参は誰かと尋ねる。尾平が自分だと答えると桓騎兵は部下を連れて来るように言い、女付きで接待すると話す。昂は信に一言言わないとまずいと尾平に注意するが、尾平は女がいるということと急かされたこともあり、そのまま桓騎兵に連れられていった。

翌日、その桓騎兵が信に訪れ、隊の入替を提案する。桓騎兵は桓騎軍ではいつもやっているやり方であり、互いの軍を理解し合わないとうまく戦えないからだと説明する。桓騎の戦いは早く、変化するため、飛信隊本陣に意図の分かる者が入らないと連携が取れないと理由を話す。桓騎兵は千人将の那貴と名乗り、端で静かにしているから心配ないと語る。羌瘣は入替であればこちらからも桓騎軍に送るのかと問うと那貴は昨夜、尾平が桓騎軍に入ったことを告げる。
そして、その後桓騎軍五万、飛信隊八千の合計五万八千は趙国黒羊丘攻略に向けて出発した。

黒羊地帯まで80km離れた趙の離眼城では城主の紀彗が出陣のため城内を進んでいた。城民達は紀彗に桓騎軍の残虐さを訴え、恐れ慄いていた。紀彗は残虐されないために黒羊に戦いにいくと告げる。紀彗の部下は桓騎も化物であれば紀彗も化物であり、さらにもう一人傑物が来ると話す。そして、その軍が到着した鐘の音が響き渡る。
紀彗が城外に出ると慶舎が待ち構えていた。慶舎は今回の戦の総大将であった。慶舎は紀彗と会い、李牧に離眼とともに戦えと言われた意味がわかったと言う、慶舎と同じ匂いがすると紀彗の印象を語る。
副将を紀彗に任せ、慶舎軍四万、紀彗軍三万の合計七万の趙軍も黒羊へ向け出陣した。



趙の総大将は慶舎でしたね。慶舎対桓騎となるとお互い変則的な戦いをするので、面白いと思います。特に慶舎は合従軍の時は初日以降あまり出番がなかったので、まだまだ実力が未知数なところがあり、期待できると思います。
しかし、尾平を桓騎軍の下に置いたのはどんな意図があるのであろうか…普通に考えると人質かな…信が桓騎の言うことを聞かなかった時の…本当にそうなら桓騎は残酷だが、やはり先々まで見えている化物としか言いようがない。
nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第442話 似た者同士

信は飛信隊を引き連れて、桓騎軍との合流地である拡ミンに到着した。そこにはすでに桓騎軍が到着しており、野営の陣を張っていた。貂は信に桓騎軍に援軍に来た隊がいくつか消失している噂があると言い、友軍ではあるものの、警戒するように促す。
飛信隊の隊員は桓騎軍の中を歩くが、そこには住人から略奪したものを身につけている歩兵や娼婦がいたり、捕虜を斬首したりとその雰囲気は飛信隊とは大きく異なっていた。

信達一同は桓騎軍の本営に到着する。信は桓騎の姿が見えないことから将軍はどこかと問うと背後から桓騎に捕まれる。信は桓騎のその不気味さに反射的に剣を抜こうとする。しかし、雷土の大声で信は我に返り、手を止めた。
桓騎は涼しい顔をして、おれは味方だぞと信を真っ直ぐ見据える。信は桓騎の目に一瞬吸い込まれそうになるが、強烈な拒絶を感じていた。
桓騎は元下僕、元野盗の似た者同士仲良くやろうと言い、飛信隊の援軍に感謝の意を示すものの、飛信隊の青臭いやり方には残念だと言い、桓騎軍に来たからには桓騎軍のやり方に従ってもらうと言う。それは勝つために略奪、虐殺などやりたいことは全てやることであった。そして、いい機会だから大人の戦いを覚えていけと信に言う。



水と油くらい考え方もやり方も違う桓騎と信。果たして軍として機能するのかどうかも危ぶまれる気がします。同士討ちにならなきゃいいですが…
今回のこの桓騎と信を一緒に戦わせるというのは昌平君も知っているだろうから、ぜひその真意を知りたいと思います。


先日、1000万アクセスの記事を記載いたしましたが、皆さんの温かい応援を頂き、本当に感謝しております。これからもしっかり続けて参りますので、何卒宜しくお願い致します。
nice!(2)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

1000万アクセス達成のご報告

1001人目の飛信隊のブログですが、皆様のおかげをもちまして、1000万アクセスを達成することができました。これも応援して下さっている方々の支えがあってこそです。本当にありがとうございます。

このブログは2011年8月に開設し、ちょうど4年の月日が経過しました。始めたきっかけは李牧が合従軍を発足させ、これからまさに秦に攻め入ろうとしていた時、今まで信達が築き上げて来たのものが、跡形もなく壊されてしまうという危機に何か意見を発したかったということでした。
それから毎週欠かさず書き続けた結果、本当にありがたいことに毎週のようにコメントを頂けるようになり、さらにはキングダムファンの人達と飲み会を開催することもできました。趣味で繋がる仲間というのは本当に気が合い、楽しい時間を過ごすことができ、ブログをやっていて本当に良かったと思います。飲み会は東京のみでしたが、私が京都に転勤したことに伴い、これからは大阪で開催していきたいと思います。
これからも皆様の応援、コメントを何卒宜しくお願い致します。

飲み会参加希望の方は下記メールアドレスまで、ご連絡下さい
hishintai1001@gmail.com
nice!(1)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第441話 宰相の席

媧燐は李園と場所を変えて、話の続きをしていた。そこには廉頗は同席せず、ふたりだけであった。媧燐は李園に春申君の暗殺の理由を尋ねる。李園は考烈王には子が生まれなく、このままの流れでいけば王弟が次の玉座に着くのであるが、王弟の異常性は王宮の大きな悩みであり、このままでは楚は暗君の船に乗ることになる、その時、李園の妹が春申君の子を身篭ったため、その子を王の子とするのは国の行く末を思った考烈王と春申君と李園の苦肉の策であったと語る。媧燐は王家の血脈を変えてまでもかと問うと李園は変えてまでもだと断言する。媧燐はではなぜ春申君を凶刃にかけたのかと聞くと春申君は考烈王の死後、突然、暗君を出すより裏で血脈を途絶えさす方が罪深いと王位は王弟に継がせると言い出したのであった。李園としてはその申し出を受けることは偽りの子を産まされた妹含め、死を意味することであり、賛同できなかったと話す。媧燐は身内愛のために春申君を殺したのかと言うと李園は半分はそうであり、たった一人の妹であるからだと返す。媧燐は爆笑と呟くと李園はなぜ笑う、君も少女の時、唯一人の身内の弟を探して荒野をさまよっているのではないかと言うと媧燐は怒りを露わにし、死にてえのかお前と睨みつける。李園は許せ、他意はないと言い、必死であったことを理解してほしいと話す。刺客を送ったのは李園だけでなく、春申君も同様であり、その結果、李園が生き残ったのであった。李園は事の重大さは誰よりも深く理解しているつもりであると言い、列国の牙が向かってくる前に背骨を失ったこの国を立て直さなければならぬと決意を口にする。媧燐はだったら、一人でやれよと言うが、李園はそれでは普通の国として復活するだけであり、項燕から以前、中華最大規模を誇る楚軍はまだその力を最大限活かしきれていないと聞いており、加熱する戦乱期に対し、この大国をどう再構築すべきか戦いの天才である媧燐に導いてほしいと熱く語った。

咸陽では昌平君と介億が話をしていた。介億は楚の新宰相の席に媧燐が座ったことを報告する。介億は李園は変令を用いて臨時の二宰相制にし、すでに宮廷内は一つにまとまっているとのことであった。李園は想像以上にやり手であり、さらに媧燐という軍略の天才が宰相の座についているため、楚急襲作戦は一度破棄し、様子を見ることとした。

前線にいる飛信隊に伝令が届く。楚攻めはなくなり、趙攻めに変更となる。向かう先は黒羊丘であり、そこは趙でも主要の地であった。指示は飛信隊は本軍五万に合流せよとのことであった。そこにオギコが別の伝令として、飛信隊の前に現れる。



媧燐が宰相についたとなると、楚も今まで以上に厄介な存在になるのでしょうね。
次の飛信隊の戦いは桓騎軍に入ってですね〜
桓騎のやり方に信が反発するのは目に見えてますから、なかなか面白い展開になると思います。何となくですが、趙将は慶舎っぽい気がしますね。
この戦いで信が活躍して、将軍になるのでしょうかね!
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック