So-net無料ブログ作成
検索選択

第436話 最後の懇願

反乱首謀者の嫪毐の刑が決定する中、必死に罪を庇う太后であるが、その処罰は彼らの二人の子にも及ぼうとしていた。
太后は政に目を閉じたまま、土下座をしていた。それを場にいた全員が固唾を飲んで見守っていた。そして、太后は土下座のまま語り始める。最愛の男に出世の道具のために捨てられ、人生の転落が始まった…好きでもない男にあてがわれ、その男にも置き去りにされ、悪意の只中で生きるはめになった、子供だった政もあの邯鄲での生活は忌まわしき記憶として残っているだろう、だが、大人だった私にはもっと過酷で惨めな日々だったと悔しむ。数年経ち、私を置き去りにして秦へ逃げ戻った男が太子になり、私も咸陽へ連れて来られ、后となったが、救われたと思ったことは一度もない、もはや何をしても灰色の無味無臭の世界にずっといたと語る。しかし、そこで嫪毐と出会い、その子を授かり何かが変わった、二十年以上乾ききった土地に水が注がれ染み込んでくるような心地がした、その水を注いでくれたのは嫪毐であった…嫪毐が助からないのは私でもわかる、私も助からなくていい、だがどうか二人の子の命だけは助けてくれ、母から政への最初で最後の頼みだと大粒の涙を流し懇願する。
一堂は政に注目し、その反応を待った。政は口を開く。残念ですが、それでも救えません、理由は先程も言った通りこの国に反乱の芽を残してはならないからですと返す。
それを聞いた太后は小刀を取り出し、政に襲いかかろうとする。しかし、それも衛兵にとり押さえられる。太后は政に対し、殺してやる、てめぇなんて産むんじゃなかった、てめぇを身篭った時に腹を打ちつけて叩き殺しときゃよかったんだと暴言を吐く。
そこに向が、太后様と叫ぶ。向はどうしてそんなひどいことを仰られるのですか、大王様だってあなた様の偽りなき大切な御子ではありませんかと泣きながら訴えた。さらにそんなに命懸けで二人のお子を助けようとしている熱意を愛情をどうして政様に向けることができなかったのですか、どんなにつらい世界であっても大王様にとっては太后様がたった一人の母親だったんですよと続けた。それを政は黙って聞いていた。
嫪毐はもう諦めましょう、決起した日の夜にこうなる覚悟も二人でしたではありませんか、もう二度とあなた様が涙を流されぬように精一杯頑張ったのですが、力不足でした、子供のことは残念ですが、向こうで私が面倒を見るので大丈夫です、太后様、私はあなた様とお会いできて人生に大いに意味を持ちましたよ、本当に幸せでしたと言い残し、処刑の場に自ら足を進める。


やはり太后の訴えも聞き入られなかったですね。歴史にたらればはありませんが、嫪毐と太后の子供の命を守るのは本当に国を興すことであったのか非常に疑問を感じます。太后ほどの頭脳と財力を持っていれば、他の選択肢もあったのではないかと思います。
しかし、太后の政への言葉は酷いですね、母親にそんなことを言われたら、何も言い返せないですよね、向ちゃんに救われた感じですね。
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック