So-net無料ブログ作成
検索選択

第434話 敗北の巨星

秦国の将来を賭けた咸陽の攻防戦は大王政に軍配が上がる。咸陽の報を待つ雍は緊張に包まれていた。
そこに咸陽から呂不韋陣営の伝令が現れる。伝令は咸陽の戦いに決着がついたので報告すると発言する。そこに居た政、瑠衣、呂不韋、李斯、蔡沢、太后の六人全員口を開かず、伝令の次の言葉を待った。
伝令は毐国軍の反乱は失敗、咸陽は落ちず反乱軍は敗れ北道を敗走中と声を響き渡らせた。その言葉に一堂は言葉を失った。呂不韋は間違いないかと問うと伝令は間違いありませんと悔しさを噛みしめながら返した。
そこに大王陣営の伝令も現れる。政は勝報は聞いた、咸陽の様子はと即座に尋ねる。伝令は反乱軍は咸陽内にまで侵入、城内の民、家屋にも相当な被害が出た模様で、さらに敵は後宮にまで侵入したものの、御子様方の扶蘇様、麗様並びに后の方々も皆様全員無事と報告をした。
太后は大王陣営の伝令の胸倉を掴み、嫪毐はどうなったと問い質した。伝令は反乱首謀者嫪毐は討ち取られた報告はなく、恐らく反乱軍と共に北道を敗走していると推測されますと話す。太后はその言葉に絶望し、その場に座り込んだ。
呂不韋が口を開く。政に対し、よもやそちらが表に出るとはとつぶやき、大王、結果はともかくようやく決着がつきましたなと言うと政はああそうだなと返す。呂不韋はそうかこの儂が負けたのかと初めて負けたことを認識し、正に完敗だとつぶやいた。

後日敗走した反乱軍は函谷関を抜けた所で桓騎軍とぶつかり、散々に粉砕されたのであった。
そして生け捕られた嫪毐は咸陽へと送られ、そこで太后と再会するのであった。


呂不韋が潔く、負けを受け入れたところが印象的でした。来週は嫪毐が太后の前で政に裁かれるところになると思いますが、どういう展開になるか気になりますね。当然死罪は免れないだろうが…
nice!(1)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック