So-net無料ブログ作成
検索選択

第429話 将の人望

一心不乱に信は一騎で戦場を駆け抜けていた。戦の鍵となる大王の子、麗の行方は信の腕に託されていたためである。信は脇腹から血を流しつつあったが、間一髪のところで陽を守りきることができた。そして、陽の前に立ち、反乱軍から陽を守ろうとした。琉期が馬上から信を斬りつけようするが、信は馬の首を次々と斬りつけ、敵を馬上から降ろす。琉期は四人で囲み、信を倒そうとするが、信の圧倒的な強さの前に琉期以外は斬り捨てられ、琉期自身も右腕を切り落とされる。
さらに飛信隊が追いつくと他の反乱軍は琉期を置いて逃げ返っていったのであった。その光景を見て、田永はうちらの大将とは大違いだと言う。信は田有の傷の具合を心配するが、隠れていた王宮の仕えに手当てを頼んだので、大丈夫だと教えられる。
信は琉期の胸倉を掴み、なぜここまで来れたかわかるかと言い、さらに琉期は来る途中人を殺し過ぎで、その血の跡を追ってきたためだと続けた。琉期は怒っている信に対し、それが軍の特権であり、大勢の人間を虫のように殺す快感をというと、信は顔面におもいっきり拳で殴りつけた。飛信隊員は琉期を斬らない信に対し、なぜ叩き斬らないかと問うと指揮官級は出来るだけ捕まえて黒幕の呂不韋まで罪を暴かなくてはやらないからだと返す。
信は麗と向き合う。怖かったかと聞くと首を横に振ったので、信は顔だけでなく気の強さも政似だと喜ぶ。さらに信は自分のことを知っているかと聞くとまた首を横に振ったので、信は抱き上げ、お前の父ちゃんの一番の友達の信だと話す。



まずは今週は合併号でしたので、来週はキングダムお休みです。

信が間に合って良かったと思います。飛信隊がいれば、もう樊於期が来たとしても、守り抜けると思います。
これからの展開も気になりますが、まぁ大丈夫かなと…さすがに呂不韋といえども、まだここからの一手があるとも思えない。


無事に楚(上海)から戻ってまいりました。ほぼ会議でしたので、あまり街を見ることはできませんでしたが、なかなかの活気があるように感じました。
しかし、白酒をビールに混ぜて飲む爆弾を五杯くらい飲まされた時はフラフラでした…

nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック