So-net無料ブログ作成
検索選択

第427話 決意の言葉

壮絶な過去を乗り越えてきた政が語る人の本質は光という思想。それは一堂に驚きを与えた。
政は九歳の時に紫夏が身を盾にして趙から救出してくれたことに触れ、その時に初めて人の優しさと強さと強烈な光を見たと話す。初めは紫夏だけの特別なものかと思っていたが、そうではなかったのだ。王騎、麃公、成蟜、ヒョウも形、立場が違えどみないちように自分の中心にある光を必死に輝かせて死んでいった、そしてその光を次の者が受け継ぎ、さらに力強く光輝かせる。そうやって人は繋がり、よりよい方向へ前進する。人が闇に落ちるのは己の光の有り様を見失うから、見つからず、もがき、苦しみ、悲劇が生まれる、その悲劇の最大が戦争であるため、この世から戦争をなくすと宣言する。
呂不韋は武力でですかと問うと政は武力でだと返す。政は戦国の王の一人として、戦争から離れられぬ運命にあるため、暴君と言われようと自分の代で中華を分け隔てなく統一し、戦争を終わらす、そうすれば政の次の代は人が人を殺さなくてすむ世界になると豪語する。
呂不韋は政の発言に言葉を失う。そして、大王の語る世と呂不韋が語る世では前提が違い過ぎるため、もはやこれ以上語り合っても平行線でしょうと話す。しかし、呂不韋はそれにしても大きゅうなられましたな大王と続ける。
そして、貨幣と光、相対する二人の野望の行方は激戦の渦に沸く咸陽に託されるのであった。



さすが政ですね。大きい理想をもとに何一つブレない考えがある。その理想に呂不韋でさえ、心が震えたと思います。しかし、呂不韋の考える世界も決して間違いではなく、このままだと平行線を辿るため、行く末を咸陽に任せることになりましたが、何もしてでも信に咸陽を守ってもらわねばならなくなりましたね。


皆様に報告がございます。皆様の応援をいただいたお陰で累計100niceを達成いたしました!ありがとうございます!!これからもしっかり続けていきますので、是非ともよろしくお願い申し上げます。

また、4月23日ですが、中国出張が入ってしまったため、ブログの更新が遅れてしまいます。土曜日にアップしますので、何卒よろしくお願いします。
上海に行くのですが、当時で言うと斉になるのかな?
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック