So-net無料ブログ作成
検索選択

第426話 人の本質

問い詰められた政の周囲に満ちる謎の声と光、中華の行く末を決める対談は佳境へと進む。
呂不韋は言葉を発しない政に対し、己の描く道が誤りであるとようやく気づかれましたかなと尋ねる。しかし、政の目にはしっかりとした意志が宿っていた。瑠衣は政に寄り添うように漂う光が呂不韋や李斯達には見えていないことに気づく。
政は口を開く。呂不韋が口にした為政は所詮文官の発想の域を出ないものだと一蹴する。戦いに向き合わぬ為政はいかに耳に響きのいい言葉を並べようとも今の世の延長にしかならなく、一時和平協定の下、富で他国と繋がろうと各国が力を付けきったところで、再びより大きな戦争期間へと突入する。五百年続いた戦争時代が結局のところそのまま続いていく。手前勝手な現実という言葉で問題に蓋をするのではなく、人の世をよりよい方向へ進めるのが君主の役目であり、それが戦国時代を終わらすことであると断言する。呂不韋は政の言葉を妄想の道だと切り捨て、戦争は人の本質の表れ、人の世の営みの一部で、その否定は人の否定であり、現実を受け入れて為政に挑まねば世は前進しないと言い切るが、政は違うと叫び、呂不韋は人の本質を大きく見誤っていると豪語する。その言葉に場は静まり返る。
再び政が口を開く。確かに人は欲望におぼれ、あざむき、憎悪して殺す凶暴性も人の持つ側面であるが、本質ではない。その見誤りから争いがなくならぬと思い込み、その中で最善を尽くそうとしているが、それは前進ではなく、人への諦めである、そこに気付かぬが故にこの中華は五百年も戦争時代を続けていると言う。
呂不韋はそれでは大王の言う人の本質は一体何なのか、邯鄲で正に人の闇に当てられた悲惨な経験を踏まえた言葉でお聞かせ願おうと言うと政は冠を外し、無論だ、おれの歩みはあそこから始まっていると言う。
政は趙にいた時代、国外に逃亡する際、全くの赤の他人の政のために命を張って守った紫夏を心に思い出していた。

そして、政は人の持つ本質は光だと口にする。



さすが政です。呂不韋の完璧と思われた持論を否定し、政の持論を展開する。呂不韋の持論を人への諦めというのはその通りであり、確かに諦めた時点でそこで発展は終了だと思います。
しかし、正直呂不韋の言っていることもまだ私の中では正しいと思うところもあります。
光が人の本質であれば、またその闇も人の本質ではないかと思います。
世の中に性善説と性悪説があるように両方本質であるが故に世の中が成り立っているのでないかと思ってます。
何れにせよ、来週が楽しみです。
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック