So-net無料ブログ作成

第424話 夢のような国

若き日の呂不韋は師と呼んでいた人物と意見を交わしていた。師は自分達が届けた武器で殺し合いが行われている光景を見て、呂不韋に対し、たまらぬなと呟く。師は戦こそ正に人の愚行の極みであると言うが、呂不韋はそれもまた人の営みの一部であると考え、それよりも武器商が儲かることに興味を抱いていた。しかし、師は今回武器を流したのは火急に大金が必要であったためであり、節度のある商人として、武器に手を出してはならぬと諌める。目の前で人が死んでいく様を見て、あの戦いで利を手にするのは戦っている張本人ではなく、国の中枢の人間たちであり、戦いとは虚しいものと師は感じていた。呂不韋は虚しくはないが、愚かであると考えていた。呂不韋は軍資金があるならもっと別の楽な方法で戦で勝つよりも多くのものを手にできる、人が手に入れた最強の武器は剣や槍ではなく、金であり、金を使い、人の欲望を操り、国を大きくすると言い、並み居る商人の頂点に登りつめ、全てを手に入れると断言する。

呂不韋は相対した政に対し、貨幣制度が天下を作ったのであり、金が人の欲を増幅させたと話す。千年以上前、貨幣制度の誕生により物々交換であった世界は一変し、運搬しやすく腐らぬ貨幣は物流に距離を与え、散在していた社会を次々と広げた。しかし、金のもたらした最大の発見は裕福の尺度であり、他人と裕福度を比較する物差しを手にしてしまったのである。当然生まれたのは他より多くを得たいという強烈な我欲であり、それから千年は中華という広大で複雑な世界へと進化したのである。そして、人は天下という言葉を口にしだす。かつての世は「天」の恩恵を預かる世界、「下」はあまねく天に支配されるものであったが、天の下が中華となり、それは人間がその手で支配できるのではと思わせるものへと変わったと語った。
政はまるで金が全てのようなもの言いだと言うが、呂不韋はそうであると断言する。政は呂不韋が王となれば人の我欲を至上とする醜悪な世になると言い切ると呂不韋は戦争を第一手段とする世の中よりはるかにマシと反論する。為政者は国民に血を流させるのではなく、国により多くの幸福をもたらす者であらねばなりませぬと諭す。理想を掲げて国を治めようとする政に対し、呂不韋は金を操って国を治めようとしたのである。
蔡沢は呂不韋に対し、金でどう国を治めるか問うと全実権を呂不韋に委ねるのであれば十年で秦を中華史上最も富に満ちた国に成長させ、物があふれかえり、飢えなど無縁の世界にし、秦人全員が人生を楽しみ、謳歌する国を作ると言う。蔡沢はまるで夢のような国だが、それを乱世が許すのかと問うと乱世だからこそと断言する。秦が溢れるばかりの富を示せば他国の人間は必ず羨ましがり、秦に流れてくる、他国の王がそれに危機を感じるなら、富を分け与え、手を握る。刃ではなく富を交わらせて関係を築いていき、中華全体の経済を秦を中心とした発展にするとし、暴力ではなく、豊かさで全体を包み込む、それが呂不韋の考える正しい中華の統治であった。つぶして従えるという蛮行は争乱の世こそ大国が見せてはならぬ姿であり、暴力で征服し尽くす中華統一は以ての他である、国が一つになれば国家間の争いがなくなるが、それは勝利する側の身勝手な夢の押し付けにしかならなく、敗北国には秦への怨念しか残らない、それこそ未曾有の闇に包まれる。自国民にも多大な犠牲を強いるやり方は狂気の沙汰であり、それでも中華統一が王の道として揺るがぬというのであれば、大王は誰よりも玉座にあってはならぬ人間だと豪語する。




呂不韋の自論は最もだと思ってしまいました。確かに国が裕福になれば幸せと感じるようになるでしょうし、満足感があれば他国から奪おうとも考えないため、戦争がなくなっていく、国という形こそ残れど平和な世になる。
しかし、そんなに未来永劫に富が続くとは到底思えないし、呂不韋が出来ても呂不韋亡き後は再び乱世に戻るような気がしますが、、、でも目指す方向は非常に良いのではないかと思っちゃいました。
来週政がどう呂不韋を論破するか楽しみです!!この場を正面から切り抜けてこそ、中華の王だと思うので、期待してます。
nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック