So-net無料ブログ作成

第423話 天下の起源

中華統一という政の夢を一笑に付す呂不韋。そこに瑠衣、李斯、蔡沢二人きりの部屋に現れる。さらにその後ろには太后もいた。呂不韋は政に対し、これはどういうことかと問うと政は呂不韋に対して話し始める。
呂不韋が嫪毐を後宮に忍び込ませた張本人であることは調べがついており、此度の反乱の首謀者嫪毐を作った元凶である。しかし、裁くことができなかった。七年前の竭氏、成蟜反乱を黙殺した時も、その後の刺客団による暗殺未遂の時も、近くは成蟜が死んだ屯留反乱の時も、一度も背後にいた呂不韋を裁くことができなかった。しかし、今度は違う、今行われている咸陽の戦いで勝利した暁にはいかなる言い逃れも許さず、必ず呂不韋まで罪を波及させ、大罪人として処罰する。そうして呂不韋を権力の座から引きずり降ろし二人の戦いに終止符をうつと力強く言い切った。呂不韋はそれを正面から受け止め、咸陽での勝利という条件付きの話ですがなと返す。政はどちらに転ぼうと秦国の中枢は新しき体制に生まれ変わる、ならばここまでいびつながら現体制の中で国政に関わり国を支えた者たちに、そして新しき政府でも大役を担う者たちに節目となる我々の言葉を、聞かせておくべきとは思わぬか呂不韋と語りかける。その言葉の意味は政は勝利した後は李斯らさえ登用するということであった。その言葉に蔡沢、李斯は驚きを隠せないでいた。
呂不韋は一向に構わなく、聞かれてまずいのはむしろ大王ではないかと言う。その言葉を政は無視すると呂不韋はでは皆にも聞かせてやって下さい、中華統一という狂気の願望を抱く胸の内をと続ける。

政は一度目を閉じ、そして開く。政は人の道を断ずる前に自分を語れ呂不韋と言う。これまでいつも大口を叩き、人を翻弄してきたが、その実腹の底を見せる言葉は口から出ぬ、天下を語ろうと誘うならば、呂不韋自身も腹を据えて口を開け、何を持って中華統一を狂気と断ずるか、まずはその理由をお前の言葉で明らかにしろ、上辺の中傷ではおれの夢には通じぬと断言する。政のその言葉に場は静まり返る。
呂不韋は元よりそのつもりであり、断ずる根拠として、呂不韋から見た天下像について話し始める。まず最初に天下を語る上で国、民、王それらの前に大切なものを明らかにしなくてならなく、それは天下の起源であると話す。今、我々の示す天下というものはいつ始まったか、何によって生み出されたのかご存知かと政に問う。政が沈黙を続けると答えはこれだと金を手にして示した。
政は貨幣制度かと返すと呂不韋はさすがですと言い、これこそ人の歴史における最大の発明にして発見であり、全ては金から始まったという。



呂不韋と政の天下理論がどう発展していくのかが楽しみです。呂不韋が金といった背景が気になりますね。呂氏春秋を完成させたほどであるから、かなり論理的なんであろうと思います。また、金は現代社会においても人の行動を左右する重要な要素であることから、非常に興味深く思います。
しかし、それをさらに政が論破してくれることを期待しちゃいますね!

李斯、蔡沢までも登用しようとした政はやはり偉人であると思います。個人的な感情は無視して、中華統一に必要な人材は何かを考えた答えだと思います。
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック