So-net無料ブログ作成
検索選択

第425話 正しい感情

宮殿深くまで入り込み、殺戮を恣にする反乱軍。大王の子が篭る後宮まであと僅かのところまで来ていた。城外の戦いでは戎翟軍が鎮圧軍を押し返しており、反乱軍優勢となってきていた。
戎翟はその矛を振るい、暴れ回っていた。尚鹿は戎翟の強さに驚き、圧倒されていた。戎翟は尚鹿と貂に向かい、この時が来るのを百年待ったと話す。百年前、戎翟は秦に征服され、糾合された、秦としては田舎民族の一つかもしれないが、戎翟としてはそうはいかなく、祖父達が受けた不条理を倍にして返しているだけだと吐き捨てる。

信は後宮を目指し騎馬でひた走る。そこに二人の王宮警備隊と出くわす。信は飛信隊であることを名乗り、後宮までの近道を聞くと、一人の警備兵はあそこの建物の脇道だと言い、信の意識がその建物に向くと、もう一人の警備兵は隙のできた信の脇腹に刃を突き刺した。さらに城壁に弓隊が現れ、信に対して一斉射撃を行う。しかし、間一髪のところで田有が身を呈して信を護った。田有の背中には無数の矢が突き刺さっていたのだ。

呂不韋と相対していた政は明らかに顔色が悪くなっていた。政は呂不韋の後ろに数多くの亡霊の手を見ていた。
政は呂不韋のやり方では戦はなくならぬと話す。呂不韋はそれを認め、いかなるやり方でも人の世から戦はなくならないと断定する。それは武器商人として、広く戦を見てきたからであった。命懸けで戦う者達の思いはそれぞれであり、大義のために戦う者、仲間のために、愛する者のために戦う者、私利私欲のために戦う者、復讐を果たす者、しかし、誰も間違ってなく、どれも人の持つ正しい感情からの行動であり、だからこそ堂々めぐりになる、復讐心一つをとってもそれを無くすのは至難の業である、邯鄲でそれを味わった大王であれば十分承知でしょう、戦争はなくならないと話す。
政はさらに多くの亡霊の手を見て、混乱しそうになるが、そこに何処からか大丈夫ですと言う声が聞こえる。さらにあなたなら力強くそうでないと言えるはずと語りかけてきた。その時、政は紫の玉の光を纏っていた。



語りかけてきたのはきっと紫夏さんですね。復讐は復讐を生むが、必ずしもそうではないと身をもって経験した政が言い切るのであろうと思います。呂不韋を論破するのが楽しみです。
しかし、田有さんは心配ですね…きっと身体が丈夫なだけが取り柄だと言って、回復することを祈ってますが…
信の怪我も心配です
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第424話 夢のような国

若き日の呂不韋は師と呼んでいた人物と意見を交わしていた。師は自分達が届けた武器で殺し合いが行われている光景を見て、呂不韋に対し、たまらぬなと呟く。師は戦こそ正に人の愚行の極みであると言うが、呂不韋はそれもまた人の営みの一部であると考え、それよりも武器商が儲かることに興味を抱いていた。しかし、師は今回武器を流したのは火急に大金が必要であったためであり、節度のある商人として、武器に手を出してはならぬと諌める。目の前で人が死んでいく様を見て、あの戦いで利を手にするのは戦っている張本人ではなく、国の中枢の人間たちであり、戦いとは虚しいものと師は感じていた。呂不韋は虚しくはないが、愚かであると考えていた。呂不韋は軍資金があるならもっと別の楽な方法で戦で勝つよりも多くのものを手にできる、人が手に入れた最強の武器は剣や槍ではなく、金であり、金を使い、人の欲望を操り、国を大きくすると言い、並み居る商人の頂点に登りつめ、全てを手に入れると断言する。

呂不韋は相対した政に対し、貨幣制度が天下を作ったのであり、金が人の欲を増幅させたと話す。千年以上前、貨幣制度の誕生により物々交換であった世界は一変し、運搬しやすく腐らぬ貨幣は物流に距離を与え、散在していた社会を次々と広げた。しかし、金のもたらした最大の発見は裕福の尺度であり、他人と裕福度を比較する物差しを手にしてしまったのである。当然生まれたのは他より多くを得たいという強烈な我欲であり、それから千年は中華という広大で複雑な世界へと進化したのである。そして、人は天下という言葉を口にしだす。かつての世は「天」の恩恵を預かる世界、「下」はあまねく天に支配されるものであったが、天の下が中華となり、それは人間がその手で支配できるのではと思わせるものへと変わったと語った。
政はまるで金が全てのようなもの言いだと言うが、呂不韋はそうであると断言する。政は呂不韋が王となれば人の我欲を至上とする醜悪な世になると言い切ると呂不韋は戦争を第一手段とする世の中よりはるかにマシと反論する。為政者は国民に血を流させるのではなく、国により多くの幸福をもたらす者であらねばなりませぬと諭す。理想を掲げて国を治めようとする政に対し、呂不韋は金を操って国を治めようとしたのである。
蔡沢は呂不韋に対し、金でどう国を治めるか問うと全実権を呂不韋に委ねるのであれば十年で秦を中華史上最も富に満ちた国に成長させ、物があふれかえり、飢えなど無縁の世界にし、秦人全員が人生を楽しみ、謳歌する国を作ると言う。蔡沢はまるで夢のような国だが、それを乱世が許すのかと問うと乱世だからこそと断言する。秦が溢れるばかりの富を示せば他国の人間は必ず羨ましがり、秦に流れてくる、他国の王がそれに危機を感じるなら、富を分け与え、手を握る。刃ではなく富を交わらせて関係を築いていき、中華全体の経済を秦を中心とした発展にするとし、暴力ではなく、豊かさで全体を包み込む、それが呂不韋の考える正しい中華の統治であった。つぶして従えるという蛮行は争乱の世こそ大国が見せてはならぬ姿であり、暴力で征服し尽くす中華統一は以ての他である、国が一つになれば国家間の争いがなくなるが、それは勝利する側の身勝手な夢の押し付けにしかならなく、敗北国には秦への怨念しか残らない、それこそ未曾有の闇に包まれる。自国民にも多大な犠牲を強いるやり方は狂気の沙汰であり、それでも中華統一が王の道として揺るがぬというのであれば、大王は誰よりも玉座にあってはならぬ人間だと豪語する。




呂不韋の自論は最もだと思ってしまいました。確かに国が裕福になれば幸せと感じるようになるでしょうし、満足感があれば他国から奪おうとも考えないため、戦争がなくなっていく、国という形こそ残れど平和な世になる。
しかし、そんなに未来永劫に富が続くとは到底思えないし、呂不韋が出来ても呂不韋亡き後は再び乱世に戻るような気がしますが、、、でも目指す方向は非常に良いのではないかと思っちゃいました。
来週政がどう呂不韋を論破するか楽しみです!!この場を正面から切り抜けてこそ、中華の王だと思うので、期待してます。
nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

第423話 天下の起源

中華統一という政の夢を一笑に付す呂不韋。そこに瑠衣、李斯、蔡沢二人きりの部屋に現れる。さらにその後ろには太后もいた。呂不韋は政に対し、これはどういうことかと問うと政は呂不韋に対して話し始める。
呂不韋が嫪毐を後宮に忍び込ませた張本人であることは調べがついており、此度の反乱の首謀者嫪毐を作った元凶である。しかし、裁くことができなかった。七年前の竭氏、成蟜反乱を黙殺した時も、その後の刺客団による暗殺未遂の時も、近くは成蟜が死んだ屯留反乱の時も、一度も背後にいた呂不韋を裁くことができなかった。しかし、今度は違う、今行われている咸陽の戦いで勝利した暁にはいかなる言い逃れも許さず、必ず呂不韋まで罪を波及させ、大罪人として処罰する。そうして呂不韋を権力の座から引きずり降ろし二人の戦いに終止符をうつと力強く言い切った。呂不韋はそれを正面から受け止め、咸陽での勝利という条件付きの話ですがなと返す。政はどちらに転ぼうと秦国の中枢は新しき体制に生まれ変わる、ならばここまでいびつながら現体制の中で国政に関わり国を支えた者たちに、そして新しき政府でも大役を担う者たちに節目となる我々の言葉を、聞かせておくべきとは思わぬか呂不韋と語りかける。その言葉の意味は政は勝利した後は李斯らさえ登用するということであった。その言葉に蔡沢、李斯は驚きを隠せないでいた。
呂不韋は一向に構わなく、聞かれてまずいのはむしろ大王ではないかと言う。その言葉を政は無視すると呂不韋はでは皆にも聞かせてやって下さい、中華統一という狂気の願望を抱く胸の内をと続ける。

政は一度目を閉じ、そして開く。政は人の道を断ずる前に自分を語れ呂不韋と言う。これまでいつも大口を叩き、人を翻弄してきたが、その実腹の底を見せる言葉は口から出ぬ、天下を語ろうと誘うならば、呂不韋自身も腹を据えて口を開け、何を持って中華統一を狂気と断ずるか、まずはその理由をお前の言葉で明らかにしろ、上辺の中傷ではおれの夢には通じぬと断言する。政のその言葉に場は静まり返る。
呂不韋は元よりそのつもりであり、断ずる根拠として、呂不韋から見た天下像について話し始める。まず最初に天下を語る上で国、民、王それらの前に大切なものを明らかにしなくてならなく、それは天下の起源であると話す。今、我々の示す天下というものはいつ始まったか、何によって生み出されたのかご存知かと政に問う。政が沈黙を続けると答えはこれだと金を手にして示した。
政は貨幣制度かと返すと呂不韋はさすがですと言い、これこそ人の歴史における最大の発明にして発見であり、全ては金から始まったという。



呂不韋と政の天下理論がどう発展していくのかが楽しみです。呂不韋が金といった背景が気になりますね。呂氏春秋を完成させたほどであるから、かなり論理的なんであろうと思います。また、金は現代社会においても人の行動を左右する重要な要素であることから、非常に興味深く思います。
しかし、それをさらに政が論破してくれることを期待しちゃいますね!

李斯、蔡沢までも登用しようとした政はやはり偉人であると思います。個人的な感情は無視して、中華統一に必要な人材は何かを考えた答えだと思います。
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック