So-net無料ブログ作成

第418話 初体験の只中

対岸で待ち受ける反乱軍を蹴散らし、飛信隊は渡河作戦完遂する。死者離脱者はおよそ千五百であり、蕞兵と飛信隊と合わせて反乱鎮圧軍とし、現在、総勢九千五百名であった。反乱鎮圧軍大将の馬仁将軍は飛信隊が千名しか来ていないことを尋ねた。信は飛信隊は魏攻略戦を展開している時であり、いきなり全軍離脱というわけにはいかなく、さらにそんなことは大将隆国が許さないため、足を引っ張らない程度に戦力を置いて走ってきたと言う。馬仁将軍は大将隆国の許可を得ずに来たことを危惧するが、信は政の危機にかけつけないわけにはいかないと力強く言い切ったのであった。
そこに相変わらず無茶をしているようだなと一人の男が現れる。その姿を見た信は蛇甘平原で壁の友人であった尚鹿であることを思い出す。尚鹿は壁の強い依頼により、今回の戦に参加しており、副将を任せられていた。尚鹿は信に一つ聞きたいことがあると言い、魏にいた信がなぜ大王の危機を一番最初に察知することができたのか問うと軍師である貂がある暗号文を解いたからであると返した。
そして、反乱鎮圧軍は咸陽に向かって走り始めたのであった。

咸陽は攻城戦の最中にあった。函谷関を通過した敵軍は今までなかったため、咸陽は初めて戦を経験することとなった。樊於期の息子は初めてとはいえ、仮にも王都の門であり、堅固そうであるとみていたが、樊於期はそれはどうかなと返した。
咸陽の混乱の最中、後宮では向と陽が危機感をつのらせていた。そこに微久が現れる。微久は大王が信頼を置いていた人物であり、咸陽に危機が迫った際に抜け道から逃すように指示されていた。
向は非常事態を目の前にして、大王から雍に発つ前にに言われたことを思い出していた。永きに亘った権勢争いに大いなる決着がつこうとしている、故に想定外のことが起こるかもしれないが、信じて待てと。

雍のキ年宮では呂不韋が政を見据えていた。蕞に鎮圧軍一万を隠していようが、反乱を成功させるといっているのであり、それがどうしたと心の中でつぶやいた。

咸陽は反乱軍の猛攻に耐えていたものの、突如城門が開く。



咸陽にも内通者がいるようですね。これではまともな攻城戦は展開できないでしょう。飛信隊が間に合うのか心配ですね。しかし、今回千人だけとなるともしかして羌瘣は残った方の指揮官として、今回の鎮圧軍に参加していないかもしれないですね…寂しいですが…
しかし、貂への伝令が暗号文だというのは予想した通りでよかった。

ところで、尚鹿将軍の顔を見ただけで分かったって人いますかね?
私はなんとなくみたことあるが、全く思い出せませんでした…
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック