So-net無料ブログ作成
検索選択

第417話 渡河の戦い

咸陽救援へ向け大河を渡る飛信隊。しかし、その進軍を秦への恨みを抱く戎翟公が急襲していた。戎翟公は弓兵を展開し、舟上の兵を狙い撃ちにした。さらに盾兵を岸に並べ、飛信隊の上陸を阻んでいた。信は舟だからってびびるな、いつも通り強行突破だと隊員達に叫ぶ。しかし、弓の勢いは強く、次々と前線の兵は矢を受け川に落ちていった。また、矢の雨を潜り抜け、岸に辿り着いても重厚に並べられた盾兵に跳ね返された。信はその状況を見て、ここは飛信隊が切り開くと言い放ち、貂は信の舟を先頭に錘型の陣を指示する。戎翟公は錘型で固まった舟を見て、無数の矢を喰らわせる。飛信隊はその矢を盾で防ぎながら、岸へ向かい、進軍していく。しかし、岸には鉄壁の盾兵が三重になって、飛信隊を待ち構えていた。戎翟公は飛信隊を腕利きの部隊だと認識するものの、水辺の足場の悪さと高低差により、上陸は不可能とみていた。
そして、ついに飛信隊は矢を防ぎつつ、盾兵の前まで辿り着く。そこで、飛信隊は矢を防いでいた盾を捨てる。そこには舟の上で全員が弓を引いている姿があった。そして、盾兵に向けて一斉発射する。その矢の勢いに盾兵は陣形を崩される。盾兵が急いで陣形を立て直そうとした瞬間、信の矛が反乱軍を切り裂いていた。飛信隊は上陸を果たし、拠点を確保することに成功する。戎翟公はそれを見て、部下に三千の兵を置いていくので、飛信隊と潰し合うようにと指示し、自らは樊於期のところに行くと告げた。

式典中の雍のキ年宮に急報が入る。ついに反乱軍が咸陽に到着し、攻城戦が始まったとのことであった。



さすが歴戦の猛者である飛信隊だと思いました。戎翟公の上陸を阻む作戦は失敗し、さらに残していった兵も飛信隊の前では無意味でしょう。
しかし、咸陽の守備力も薄くなっているため、どれだけ早く飛信隊が咸陽に辿り着けるかが重要になってくると思います。
蒙恬出てこないかな〜
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック