So-net無料ブログ作成

第534話 日没まで

蒙恬が死ぬ寸前の状態の麻鉱軍の指揮を執り、息を吹き返すことで、初日を何とか乗り切ることができました。

蒙恬が李牧の鼻を明かした瞬間はもう嬉し過ぎて、最高でした!!!
蒙恬はもうすでに六将級の頭脳を持っていることは疑いようもないかと思います。蒙恬贔屓という自覚はありますが、信と王賁と比べて、武力は劣るものの、将軍としての資質は数段上だと思います!!
二日目以降も蒙恬の活躍を期待してます。

nice!(3)  コメント(10) 

nice! 3

コメント 10

お名前(必須)

王翦は左の戦場で何か起こると分かってて飛信隊を左の戦場へ送ったのか?
しかしは河了貂は何を見とれているんだか、蒙恬は左の戦場での役割を見事果たし、将軍になった時に必要な指揮能力や戦術を遺憾無く発揮したというのに飛信隊は王翦に言われた紀彗の首も取ってない、馬呈も討ち取れてない、武功も立ててなく王翦に言われた役割を果たしてない、そんな中どうやって武功を立てるかを考えるのが軍師の役目なのに、なに蒙恬に見とれてるんだか、そんなんだったら本隊と一緒に残ってれば良かったのに、軍師の才能も蒙恬以下(下手すりゃキョウカイ以下)、その上戦えない、何のために選抜部隊に入って左の戦場に来たんだか。

まあまだ1日目の最大の衝撃が麻鉱の死と決まった訳ではないから右の戦場で亜光将軍と王賁が敵将を3人とも討ち取ったとかがあるかもしれないか(笑)
なら尚更、信は武功がなく出遅れてる形になってるから軍師の河了貂がどうにかしなければならないのにな~
リアクションだけのキャラならいらないわ

そして李牧は中華最速の馬で離脱して悠々自適に本陣で2日目の戦略を練ってるのか(笑)
ならもう2日目でまたお得意のワープで王翦将軍か亜光将軍の首を取って勝てるんじゃないか?
金毛に言えばいいんだよ、「また私が敵将の首を打ち取ってきますので問題ありません」と(笑)
by お名前(必須) (2017-10-12 09:21) 

ウホ

※1 恬に嫉妬してるんかな?
by ウホ (2017-10-12 11:31) 

お名前(必須)

いやいや蒙恬が活躍するのは嬉しいわけよ、ただ河了貂がほんと何もしてないのがどうかと思うわけ。
by お名前(必須) (2017-10-12 16:12) 

KAN

 蒙恬は、左半分を復活させたが右側も戦力が残ったのだろう。贔屓目に見て、信と蒙恬、麻鉱の軍と合わせたときに15000~18000ぐらいいれば、明日の戦いに生きてくると思う。紀彗軍も戦力を減らしている。
 麻鉱の波状攻撃も役に立ったし、1日目で紀彗か馬呈のどちらかを討ち取って欲しかった。そうすれば、有利に秦の左軍は戦えると思ったのだが、ちょっと残念。
 キョウカイが、討ち取ってくれるかと期待はしたがやはり1日目では難しいのかも、ただし軍を動かす上手さは素晴らしいと思う。
 
by KAN (2017-10-12 17:41) 

総大将・王翦

…何という〝機知と機転〟なんだ蒙恬。麻鉱軍左半分を復活させしかも損害を最終的に自ら指揮を執り軽減させるとは…王翦も一目置く訳か。あの紀彗と李牧を出し抜き一矢報いたのだから大健闘だろう。

後は紀彗・馬呈サイドがいかにして蒙恬・信達と対峙するかだが、さすがに李牧がもう一度同じ手を使う事は考えられないし、中央軍の金毛・尭雲らを派遣して動静を探る可能性もあると思う。あるいは〝使命感〟から紀彗達が自力で〝策と策〟をぶつけ合う形になるかもしれない。
by 総大将・王翦 (2017-10-12 20:01) 

かずお

皆、すまん。
違うページに眼をとられてしまった。
来週?楊端和様のグラビアだと?
何と素晴ら…けしからん。訳のわからんアイドルに楊端和様の示す戦士の腹筋を出せるのか?単行本読まなきゃ分からんネタだが、ただ大きいだけのガキを出すなよ。相応しい肉体美を誇示出来るのは吉○◉保里だけだぞ。

皆、萎えるなよ。伊○馨なら許せるか?

ヤンジャンゴールドではありえない程の羌カイの笑顔。戦士の笑顔など可愛…否、不要だ。発売日はいつだろう?

結果論だろうか、先読みしてたのだろうか、王翦将軍は飛信隊派遣の際に脚の速い部隊を設定した。蒙恬将も騎馬を派遣して引き離す戦術を選択。信が火力重視の部隊を向かわせていたら馬呈との衝突必至。被害が拡大していた恐れがある。馬呈も麻の旗なのに飛信隊と見切った辺り脳筋バカではない。何とか持ち堪えたが、部下が涙を流す程慕われていた将軍を失った秦軍と奇策を打って成功しきれなかった趙軍。李牧は蒙恬をどう見るのか2日目の配置が待ち遠しい。その前に夜の反省会かな?再編成とか。

by かずお (2017-10-12 20:29) 

先読みのシャア

何とか、初日は乗りきりましたね。蒙恬の左半軍だけでも助けた事は、次の巻き返しに繋がる。2日目は早めに仕掛け、紀彗か馬呈のどちらかの首をとって挽回して欲しいですね。
麻鉱軍がまだ立ち直ってないと見せかけ、馬呈を引き付け、弓矢兄弟が狙撃、手傷を負わせて信がとどめを差す。そこを紀彗が助けに入り、逆に紀彗が討たれてしまう。紀彗は部下や同僚の武将を助けて討たれる、そんなドラマチックな最期になる気がします。
王翦が動くかどうですが、とりあえず、飛信隊の残りは援軍に回すでしょうが、基本、あまり動かないのでは?
この戦いは、あくまでギョウの城を落とすのが最大の戦果ですから、味方に多少犠牲があっても、李牧を城に行かせない事が重要と考えるのでは?
そして、王翦が過去に見せてきた、驚く戦術は、この李牧との戦いでなく、城を落とす、イナゴ作戦にプラスの1手を既に打っている様な気がする。
例えば、城に避難した住民に配下を潜り込ませ、イナゴ作戦をより効果的にする様に、備蓄食糧を焼いてしまうとか・・・
とにかく、王翦は必ず勝てる戦しかしない武将です。李牧が言葉を失う程の手を必ず打つでしょう。
by 先読みのシャア (2017-10-13 08:12) 

N村

 王センの描写がまだなかったですね。
 
 ところで、武神・ホウケンはどうしたんでしょうね?最近、音沙汰ないですね。
 合従軍の時にも李牧は連れてきたのに、今回は趙の危機ともいえる戦にも関わらずまだ姿がないですね。
 
 あと、この戦場には関係ないですが、黒羊戦の最後の最後に李牧が 「桓騎の弱点を読み切った」とか言ってましたが、その伏線が活かさる日はくるんでしょうか?

 まだまだ趙との戦は長引きそうですね!

 
by N村 (2017-10-13 11:02) 

しゅうしゅう

飛信隊は少人数なので、軍師としての作戦指示がしにくいのは仕方ないような。

でも、1日で、麻鉱軍は半数以上削られたっていうのは痛いですよね。

それと、一晩たてば、麻鉱軍に将軍が死んだことは
確実に伝わりそうだけど、
その辺の手当を、蒙恬もそうだけど
王翦はどう考えるのだろうか。

あと、また李牧のテレポート急襲はやめてほしいもんです。
by しゅうしゅう (2017-10-13 23:27) 

麻鉱軍将校

今回の兵の士気鼓舞、指揮で蒙恬の将軍への道が開けた気がします。
信はまだまだですね。
by 麻鉱軍将校 (2017-10-17 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。