So-net無料ブログ作成
検索選択

第522話 左翼の絶望

王翦に左翼本軍が攻撃を始めた模様という報告が部下から入る。
趙右翼紀彗軍本陣では秦軍の第二波五千の騎馬隊の攻撃を受ける。さらに奥にいた秦軍は一つの軍を二つの波に分け、攻撃を仕掛けようといていた。それは波状攻撃であった。
麻鉱軍第二波により紀彗軍の隊形は大きく崩れ、大きな被害が出ており、一方的な展開になっていた。麻鉱はこの一方的な展開は陽動の功であり、蒙恬の活躍ぶりを称賛した。

麻鉱は出陣する前に王翦と蒙恬と作戦の打合せをしていた。そこで蒙恬は左翼本軍到着までの囮の役目しかと承りましたと答える。麻鉱は重大な役目だぞと釘を刺す。さらに全王翦軍の中で最強の攻撃力を持つ麻鉱軍の力をどう趙右翼軍にぶつけるかは蒙恬にかかっているものの、蒙恬が失敗しても左が負けることはないのだがなと嘲笑う。蒙恬は麻鉱の言葉に反論せず、麻鉱の目をずっと見ていた。麻鉱は王翦に生まれの良さを鼻にかけた目つきをするこの若造に何か囮となる策を一つとお願いしようとすると蒙恬は必要ありませんと断る。蒙恬は心配せずとも楽華隊の戦い方できっちり麻鉱軍の波状攻撃につなげると言い切った。麻鉱はなぜ波状攻撃をかけると知っていると聞くと、蒙恬はそれには答えず、最高の形を作って待っているので、そこからはしっかり頼みます、もたついたら主攻の座をうちがもらいますからねとだけ返した。

趙軍兵士は見えていなかった敵の奇襲を受け、敵数を実際よりはるかに多いと錯覚していた。さらにそこへ、五千もの騎馬第二波が加わったことで、紀彗兵は敵が数万に膨れ上がったような重圧を受け、大きく士気を下げさせられていた。しかもこれが第三波、第四波と続いてくるため、この強烈な波状攻撃をさらに横腹に喰らえばもはやこの戦場の勝敗は決したも同然であった。
だが、紀彗がそれをさせなかった。次々と指示を出し、立て直しを図ろうとする。部下からの本陣を後ろに移動し、後退し、前線を作り直すという進言を退け、全隊に本軍死守の令を出し、奮い立たせようとした。さらに敵が少数であるとことも全隊に伝えよと指示する。これは総数で負けている王翦の策であり、単純な戦力は紀彗軍の方が上であり、今の流れに押し切られさえしなければ必ず勝てると檄を飛ばす。
だが実際は楽華隊の奇襲及び麻鉱軍の波状攻撃により、兵力は同等か逆転していたのであった。無論そこは承知の上での檄であった。
この戦局の移ろいの中で麻鉱以上に紀彗が脅威を感じたのは蒙恬であった。

蒙恬は引いていく馬呈を見て、紀彗軍の本陣は健在で波状攻撃に耐えていると判断し、王翦が想定していた配置になったと語る。

紀彗本軍では対策が練られる。紀彗は蒙恬の遊軍が挟撃してくる可能性を危惧していた。部下からは楽華隊は本軍襲来のためのただの囮だったのではないかと聞くと囮で終わらすには五千の隊は大きく、波状攻撃を止めるために全力を注がなくてはならない紀彗軍に対して、五千の遊軍は真横からでも背後からでも決定打を撃ち込む最大の脅威であると話す。紀彗はそうなると戦局は遊撃隊を率いる将の才覚次第で大きく変わるが、開戦からの動きを見ても蒙恬は只者ではないと感じており、開戦前にここまでの盤面を描ききっていた王翦に恐れを感じていた。

王翦に左翼の戦局が伝わった際、王翦はやはり見えておったかと呟いた。そのつぶやきは左翼配置を伝えられた時の蒙恬のもたついたら主役の座をうちがもらいますからねという発言に対してであった。つまりその時すでに蒙恬にも王翦と同じ盤面が見えていたのだ。
蒙恬は一度敵の視界から消え、次の一手で大将紀彗の首を取ると宣言する。






さすが蒙恬!!!天才的な戦術眼を持ち、王翦のやはり見えておったかと言う一言に蒙恬の才能を認める気持ちがしっかり入っているのだなと嬉しくなりました。
しかし、紀彗って確か本能型の将だったと思うけど、未だにその片鱗は全く見えず…
あと、天才李牧はどう仕掛けくるのか、、、右軍救済に動くのかな

nice!(3)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 11

総大将・王翦

今号も驚きの連続だった。まさか左翼五千が実は二万五千の軍だったとは…しかも蒙恬が己が役割を十二分に理解している上〝戦術眼が王翦並み〟であると。(まさに陸仙の言う通りだったな)〝囮が主役〟と化す五千の軍とは読んでいて只々凄いと思ったし、紀彗同様恐ろしく感じた。(にしても壁のあんちゃんが更に気の毒に思えた)
このままだと如何な名将・紀彗と言えども、いつ蒙恬に急襲されるか知れない恐怖に慄く他ないだろう。仮に仕留め損ねたとしても、先に馬呈が計略で討ち取られる可能性も考えられる。蒙恬の動向に目が離せない。次号は王賁サイド、どの様な戦闘になるか楽しみ。
by 総大将・王翦 (2017-06-29 08:22) 

趙兵

ここまで秦左翼・中央左翼が動いているなら,趙の中央も動くはず。
李牧の采配はどうなのだろうか?
次号に期待したい。
by 趙兵 (2017-06-29 14:54) 

しゅうしゅう

楽華隊に信のような手練がいれば、
蒙恬の知略ももっと引き立つんでしょうけどね。

紀彗を討つには、その前に馬呈を討っておく必要があるわけで、策にはめて、まわりからいっせいに弓を射撃でもしないと、討ち取れなさそう。

にしても、信の出番はまだ???
by しゅうしゅう (2017-06-29 17:43) 

KEI

蒙恬の活躍は大将軍への「成長」ではなく「覚醒」と
私はみています。
こと軍略においては三百将当時から大将軍級だったと。
なよついたガキから目覚めたの要因としては二つ。
蒙驁爺さんの遺訓と政の大望に感応したのではないかと。
by KEI (2017-06-29 20:11) 

キングダム楽しみ

黒羊の時から、主人公の信からしたら、敵ではあるが、紀彗はやはり、好漢。
敵ながら、惚れたよ。紀彗将軍!
蒙恬は次の一手を打つ時に、試練を迎えるの
カナ?
にしても、そろそろ信の出番も見たいですね。
by キングダム楽しみ (2017-06-29 23:19) 

王騎の矛

紀彗は、五千の楽華隊に一切兵力を割かず、前方にのみ集中するという判断は重大なミスでは?やはり、劉冬がいないため、指揮官も不足していたということなのかも。勝負ありましたね。
by 王騎の矛 (2017-06-29 23:52) 

チェキ

なんかこのままモウテンすげーって言う展開で終わりそうもない
李牧はその上を行っていた・・・って展開になりそう。
下手したらガクカ隊壊滅するかも
by チェキ (2017-06-30 01:35) 

とおりすがる

中央の軍が手薄になってるだろうから、
そこを李牧がつけこんで攻撃しそうな予感。

蒙恬と楽華隊って個人の火力は平均以上だろうけど、飛信隊ほどではないだろうから、
紀彗と馬呈を討つとなると、
キングダムの世界では厳しいような・・・。
猛将だと一人で100人斬りはもちろん、1000人斬りくらいする世界ですからね。
by とおりすがる (2017-06-30 02:20) 

べべ

 おそらく、紀彗の「しかし、真に恐るべきは、ここまでの戦局を読み切っていた李牧殿だ。」のコメントと同時に、マコウ軍側面に趙軍本体が突撃しそう。あるいはモウテンが隠れる森に伏兵が待ち伏せか。
 他にありそうなのは、オウセン本軍左翼が手薄になるので、その隙間を縫ってオウセン軍背後に回ろうとする李牧軍本体を、さらに背後で待ち構える飛信隊が討つ流れ。「何手先まで読んでいるんだ!」と驚愕する武将、軍師たちの顔ぶれの描写。。

 一方、李牧の真の狙いは、あくまでギョウの解放なので、李牧率いる本軍が囮となってオウセン軍を食い止め、残り全軍はギョウに向かうあたりが、最終局面かも。
 その時の駒の配置は、李牧がオウセン軍とギョウの間に立つ形。現在の配置から反転することになる。
 オウセンがこれを読んでいるとすれば、飛信隊の役割は、後ろに回り込む李牧のさらに背後を取って挟撃する形か、ギョウへの本体を追撃する役割か。
 南で戦うヨウタンワ軍も巻き込めば、もっと複雑な戦局になりそう。
 あるいは史実に基づいて考えると、李牧軍をほったらかしに趙国首都へ進軍し、李牧が裏切ったことを流布するのかも。それはまだ早すぎるか・・・。


by べべ (2017-06-30 18:40) 

先読みのシャア

今回のタイトル、間違えてますね。(笑)
趙軍からは右翼のはず・・・
蒙恬は流石です。秦軍側の左翼の戦い方を見切ってる。王翦は、左翼の波状攻撃で、紀彗を討つつもりですね。今回の戦は王騎が取った、フウキ抹殺の時と同じ様に思えます。
趙軍を見渡して、李牧以外で一番厄介な相手が紀彗だと思います。王翦の部下も意識してるし。しかし、蒙恬が紀彗を狙いに行っても、李牧が助けに入る様な気がします。そして、王賁の右翼の戦いも始まるでしょうから、飛信隊の出番はまだまだ先になりそうですね。でも、飛信隊が出た時は、流石の李牧も討たれる寸前になるのでは、しかし、先にギョウの城が落ちて撤退し、飛信隊の追撃を交わす。そんな感じになるのでは。
王翦は飛信隊の破壊力を最後の切り札にしてるのでしょう。何と言っても、信が先頭を走れば、10倍の強さになりますからね、飛信隊は。
李牧軍を蹴散らす姿、早く見たいですね。
by 先読みのシャア (2017-06-30 23:16) 

N村

 原先生の描く本能型の将は、「突撃じゃあ」のヒョウコウしかり、離眼の紀彗しかり、混戦になった後半戦から力を発揮する傾向があると見た!

 だから、最初は理詰め型のモウテンや王センが活躍して、後半から紀彗や信が出てくるのでしょう!
by N村 (2017-07-02 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0