So-net無料ブログ作成

第521話 機動の妙

数の不利をものともせず、紀彗軍を楽華隊は翻弄する。狩場に引き込まれた紀彗兵は楽華隊にことごとく蹴散らされ、本陣まで退却する。蒙恬はそれを追いかけ、徹底的に背を叩いた。
その苦戦の様子は紀彗と馬呈に伝えられ、怒った馬呈は騎兵五百を引き連れて、楽華隊に襲いかかろうとする。
蒙恬はそれを見るとすかさず退却しようとするが、馬呈は逃すまいと追いかける。紀彗は今すぐ馬呈を呼び戻そうと伝令を走らせる。
蒙恬は黒羊戦の全容の情報から紀彗軍に関してほぼ丸裸にしていた。馬呈は紀彗の側近中の側近であり、圧倒的な武力で紀彗軍の攻を一手に担う男で、もう一人の片腕の劉冬亡き今、馬呈を討てば紀彗軍の力は半減すると分析していた。蒙恬は願ってもいない好機であるため、序盤で馬呈を仕留めようと考える。
馬呈が蒙恬達騎馬隊に追いついた瞬間、じい達が参上し、馬呈に襲いかかる。歩兵も来ており、蒙恬は再び旋回しら背後に回って、退路を断ち、馬呈の首を取ると宣言する。しかし、馬呈が振り下ろした斧に楽華隊は粉砕される。蒙恬は馬呈の力は報告以上だと認識する。

紀彗軍本陣に馬呈と楽華隊が乱戦に入ったことが伝えられる。紀彗は蒙恬の戦いぶりをみて、数多の戦い方を熟知していると感じていた。蒙恬は騎馬の機動力を駆使し、急襲と離脱を繰り返し、紀彗軍の戦力を削ぎ続ける戦術であり、放っておけば外側の歩兵がやられ、半端な数の騎馬で追えば奥に罠をはられ、それも討たれてしまうのであった。そこで紀彗は三万の全力で追い詰めて一撃で楽華隊を消滅させるべく、全軍右向きに陣形を変えさせる。紀彗軍は目を疑う程の早さで陣の形を変え、出陣した騎兵と歩兵は全速力で楽華隊に迫っていった。
しかし、結果これが完全に裏目にでる。紀彗軍全軍が右側に陣形を変えきった時、それまで正面だった左側より地平を埋め尽くす程の秦の騎馬隊が出現したのである。それは中央軍にいた王翦の片腕麻鉱軍五千であった。さらに出現した騎馬隊の奥にさらに五千の騎馬隊が紀彗軍に向かっており、さらにその奥に五千から一万の歩兵大軍勢が紀彗軍に向かっていた。



なんと序盤からすごい展開になって来ましたね。王翦のとんでもない作戦にいきなり紀彗軍はピンチに陥りましたね。しかし、そのきっかけを作った蒙恬はやはり非凡であり、その力は紀彗も認めるところでした。
ところで、麻鉱の奥の騎馬隊の五千とその奥の歩兵大軍勢はどの軍だろうか…やはり王翦軍のどこかの部隊なのでしょう。飛信隊を投入するには早い気がしますし…
ここで、天才李牧はどう巻き返しを図るのか、このまま右翼がもぎ取られるということは流石にないでしょう。

nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 7

総大将・王翦

これは驚きの展開になった・・・初めに麻鉱、続いて飛信隊、最後に王翦直々に動くとは…このままだと早々に紀彗らの左軍が駆逐される恐れありか。にしても流石は不敗の王翦、〝繊細かつ大胆な行動〟に出るとはな。
この軍の動きを李牧は予測済みで妙手を打っているのだろうか?流石の李牧もこの動きを伝令から知った上で、軍を動かさざるを得ないと思うのだが。これからの李牧の挙動にも注目だ。
by 総大将・王翦 (2017-06-22 06:24) 

もしゃ

一気に主導権を握って、攻勢に出てきましたね。でも、今から思えば秦軍は時間がない。超短期決戦でケリを付けなければならない。そう考えると急ぐような攻勢も納得でしょうか?そして、李牧も苦しい。相手に主導権を握られ、後手後手に回るが故に仕掛けることができない・・・流石は王翦将軍。

歩兵大軍勢がいったい誰だろうか・・・。飛信隊の投入になるのか?一気に畳掛けるならありえるし、あるいは投入することでこれが完全に主攻と敵に認識させるか・・・。あるいは温存して、敵にプレッシャーを与えるか・・・駆け引きですね。面白くなってきました。
by もしゃ (2017-06-22 08:17) 

キングダム楽しみ

さすがに、信はまだ出てこないカナ?この後の
李牧の策に対する対応で出てくるかと。
キスイは予想以上に苦戦。バテイは退場の匂いまでするのは私だけカナ?
ただ、軍と軍とのぶつかり合いなら、
あのカンキともわたりあったキスイは挽回するでしょう。
by キングダム楽しみ (2017-06-22 15:17) 

しゅうしゅう

前回、馬呈を止めることができるのが、楽華隊にいるのかと書きましたが、いないようですね。

ジイ副将はかろうじて、生きながらえたようですが。

王翦が動いたことで、李牧も作戦を変更していくことになっていくことでしょう。
by しゅうしゅう (2017-06-22 16:30) 

先読みのシャア

激しい戦いになって来ましたね。一気に紀彗軍を葬る可能性もあるけど、流石に紀彗は許さないでしょう。数の上では、これでほぼ互角ですし、体制さえ立て直せば、五分になると思います。
王翦の作戦は、紀彗軍を窮地に追いやり、趙の中央軍を誘きだし、後方に隠した飛信隊で趙の中央を粉砕する事でしょうか?でも李牧は見破り、紀彗に援軍を送らず、紀彗の立て直しに掛けるのでは?
王翦はそれをも読みきり、次は右翼を主攻に替えて、李牧の中央軍が左か右に出ないといけない状況を作り、切り札に飛信隊を突撃させる。
やはり、この戦いは超短期決戦ですね。
李牧も短期決戦にしないと、いけないので、王翦が上手ですね。
by 先読みのシャア (2017-06-26 22:38) 

お名前(必須)

王翦はどこまで読んでいるんだ…。負ける姿が浮かばない。でも李牧もやられっぱなしは無いよねぇ。
by お名前(必須) (2017-06-26 23:35) 

かずお

王翦将軍は只左翼五千としか言わず、そのまま配置して会議終了。蒙恬将もじゃあやろうか、で一撃離脱を繰り返す。つまりは誘い出しの餌として自らの役割を会話無しに認識した蒙恬と、敢えて言わない王翦将軍。

内通者が居ると見たのか?

作戦が読まれたら短期決戦には持ち込めない秦軍は、お互いの意思疎通だけで戦略意図を読まなければならない。五千を任せた王翦将軍は蒙恬将なら意図を理解出来る!と任せたのであろう。だから中央から万単位の移動を無条件で行えたんだろう。貂もそこまでは読みきれなかったし、信に至っては…まぁ今後。でね?誰が内通者と思ったら…皆様のバッシング覚悟で桓騎軍。だって統一なされたら掠奪出来なくなるっしょ。彼曰く1番の悪人は秦王。秦王の邪魔をすることが彼等の愉しめる道かな?と。
by かずお (2017-06-28 06:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0