So-net無料ブログ作成

第519話 総大将の流儀

邯鄲よりおよそ西に五十里、鄴より北におよそ七十五里に広大な平野と時折進軍をさえぎる森林と山が混在する朱海平原があった。そこはこれから南下する李牧軍と北上する王翦軍が激突する場所であった。
そして、両大将は斥候と共にすでに現地に入り、見晴らしのよい丘に立ち、地形を頭に入れて、そこに軍を想像し、陣形を組み動かし、壮絶に戦わせていた。両者の戦いはすでに始まっていたのである。

鄴では趙の解放軍が桓騎軍と戦っていた。そこではリン玉の騎馬隊が大いに活躍をしていた。趙軍は鄴が見える分、否応なく意識が前に来るため、リン玉の旋回横撃によって大打撃を喰らっていた。そこに雷土からの伝令が入る。現在戦っている敵の他に新たに左右から二千ずつ近づいているとのことであった。さらに別のところから新手の二千の騎兵が迫っているとのことであった。実際は桓騎軍に余裕はなく、摩論はその対応に大きく苦心していた。

朱海平原では両全軍が到着する。それぞれ将校を呼び寄せる。そして、作戦を伝え、配置に着かせる。秦軍は中央に王翦、麻鉱を置き、その後ろに飛信隊を配置し、合計五万八千、右翼は亜光と王賁で合計二万五千、左翼は蒙恬の五千であった。一方、趙軍は中央に李牧、金毛、カイネ、傅抵、尭雲を置き、合計六万、趙軍左翼は趙峩龍、馬南慈、岳嬰の合計三万、右翼は紀彗、馬呈の合計三万であった。
信は左翼の蒙恬を見つめる。

蒙恬は部下たちに楽華隊が栄えある第一陣で始めるぞと言うと楽華隊は大いに湧き上がった。




ついに陣形も明確になりましたね。王翦と李牧の意図は判りかねますが、蒙恬の左翼五千は相対する紀彗の三万に比べて、六分の一と非常に少なく、下手をすれば一気に飲み込まれてしまう恐れがあり、心配です。
蒙恬が王翦から作戦を伝えられた際、じっくり盤面をみて、心得ましたと言ったことから、王翦の作戦を理解し、これでも戦えるという判断をしたのでしょうね。内容はわかりませんが…
合従軍以来の蒙恬の見せ場なので、ファンとしては期待大です!!

nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 10

総大将・王翦

ようやく双方の布陣図が出たかと思ったら、蒙恬が初手で六倍の敵と相対しなければならないと。しかも名将・紀彗に豪将・馬呈、現実的な戦術として〝囮〟が妥当なんだろうが果たして蒙恬は王翦の〝真意〟をどこまで理解しているのか気になる。

王賁には関常+亜光とはW目付けとでもいうのだろうか。相手の李牧副官・馬南慈の実力も気になる。

信らが王翦の下に付くのは分かるのだが、相手が紀彗らではなく李牧とは少し予想外だった。王翦の〝不可解すぎる指示〟にどこまで飛信隊が柔軟に対応できるか楽しみ。

寡兵の第一陣か…今までに無い〝攻め方〟を李牧は既に見通しているのだろうか?はたまた泳がせるだけ泳がせて違う妙手を打つのか色々と想像してしまう。
by 総大将・王翦 (2017-06-08 06:37) 

もしゃ

いよいよですね。しかし、蒙恬が一人で6倍の敵に相対することに。
何が狙いなのだろうか。蒙恬は何かを理解したようですが・・・。斜線陣とも違うでしょうし・・・。あるいは最初に昌平君にお願いした何かがさく裂するのでしょうか?

とにかく久々の大戦。楽しみですね。

by もしゃ (2017-06-08 08:21) 

たかし

いよいよですね。
飛信隊が裏から蒙恬のサポートしてくる?
楽しみ!
by たかし (2017-06-08 10:47) 

N村

 この陣形、昔、信が趙の馮忌を討ち取った戦(「殿の飛矢が届くぞ」のあの戦)の陣形と似てませんかね?

 あの時の干央の位置に、蒙てん が布陣し、蒙武のいた中央に信が居てますね(ただし中央の後陣のようですが)
 もしかして、別働隊が、紀彗の本拠地を襲ってるとかあるんですかね?それで、紀彗には、蒙てんの五千で大丈夫とか?

by N村 (2017-06-08 12:55) 

しゅうしゅう

業の解放軍はどこから湧き出してきた軍なんでしょう??
それと、業にも守備隊はいるはずなんですけど、
イナゴ達の統制で、秦軍と戦っている場合ではないのでしょうか。

数で劣勢、食料も少ない、王都からも遠い秦軍が
どうここから、李牧に対峙していくのかが
気になります。

飛信隊は場所的に、なんというのか、トドメを刺しに行ったり援軍に出る独立遊軍的な扱いをされそうですね。
by しゅうしゅう (2017-06-08 18:15) 

黒白

いつも楽しく読ませてもらってます。

とうとう佳境に入りましたね。
個人的な見解ですが、
 李牧の立場上、最速で秦軍を撃破したいはずです。よって左右両軍を矛として秦軍両翼に仕掛け、結果少なくとも蒙恬軍を撃破し右翼から秦軍中央に横やりを入れる形にしたいのではないでしょうか。

対する王翦の狙いは、ありきたりですが楽華隊を盾、亜光と王賁の右翼を矛とするのではないでしょうか。
ただ、みなさんの言うとおり楽華隊は戦力が少ないので、中央後方に控えた飛信隊を遊撃隊として加勢に進軍させるでしょう。楽華隊に吊られて間延びした敵右翼に後方から飛信隊が猛攻すれば紀彗軍といえども苦戦すると考えられます。

重要なのは矛の先端にあたる玉鳳隊の突破力です。趙峩龍、馬南慈、岳嬰は相応のダメージを喰らい瓦解すると思います。

by 黒白 (2017-06-08 23:32) 

昭王

李牧が邯鄲軍10万を出陣させることが出来ていれば、趙は秦軍を退けることが容易かっただろう。

今後も10万単位の戦いが増えていくと思われる。

戦場で武力を発揮し戦況を優位に進める能力と、戦況を把握し戦いを描く能力が求められる。

本能型とはいえ、大将軍を目指す信にとって描く能力も求められてくるだろう。

飛信隊の活躍に期待したい。
by 昭王 (2017-06-09 12:25) 

お名前(必須)

次号は蒙恬が気になりますね。

趙軍は
どう考えても少ない蒙恬軍を見て、少し誘い込みと考えて様子を見るのか
何かあると考えつつも、攻めてみるのか…

李牧やキスイがいる以上、何かあっても対応できると踏んで
取り敢えず攻めてみそうですね。

それに対して
王翦の指示をベースに
蒙恬が上手く相手を撹乱させるような戦い方ができたら良いかなと
by お名前(必須) (2017-06-11 01:11) 

先読みのシャア

楽華隊5千に対し、紀彗軍3万と真正面から行けば相手にならない。だから楽華は囮になり、紀彗軍の誘きだしに徹するでしょう。
方法は楽華隊が趙の中央軍の横腹を突きに行くとか・・・
紀彗軍が追いかけてきたら、飛信隊が背後を突くとか。でもこれじゃあ、普通の作戦ですから、見破られますね(笑)
いっその事、マジに中央軍を叩きに行けば、紀彗も救援に行かないといけなくなる。それで陣形を崩し、飛信隊が趙の右翼に突撃を掛け一気に抜けて中央の李牧を狙いに行く。
でも、想像もつかない作戦が展開されるのでしょう、きっと。

次回から目が離せないですね。
by 先読みのシャア (2017-06-11 14:30) 

かずお

N村様のコメントに乗っかれば百人将の時もそうですが、輪虎将軍の時みたいにピンポイント対決を王翦将軍は期待しているのかな。王騎将軍の鉾を引き継いだ信将、王翦将軍がその意図を見誤る訳がない。そして李牧将軍がただ勝つのではなく、壊滅に近い勝利を目指しているのを感じている筈です。ただ勝つだけなら秦軍相手に持久戦すれば良いだけですから。敢えて攻めてきて壊滅的ダメージを与え、秦国を衰退の楔を打ち込みたいのでしょう。だから李牧将軍の会議でも他の将軍は無茶を指摘していました。

…自ら中に入ってやるつもりだな?流動を。

当然王翦将軍は読み切りますが、ある程度被害を抑える為に駒を厚くします。我慢してもらうは楽隊の蒙恬様。五千で三万引きつけれるなら流動の威力をそれだけ減らせれます。更にN村様のコメントで思い出しました。石つぶての強さを。王翦将軍は飛信隊に流動の中に入って李牧将軍を討ち取ってもらうのでしょう。当然中心には彼奴がいます。

我、ホウケン也

久々の当たらない先読みをしました。李牧将軍は流動に持ち込めれば勝ち、王翦将軍は流動の中に入って飛信隊が討ち取るまでを想定して勝ち。

当たればいいなぁ〜
by かずお (2017-06-12 12:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0