So-net無料ブログ作成
検索選択

第517話 削り合い

李牧は悼襄王に謁見する。そこで悼襄王は李牧に対して、言い訳だけは達者だなと吐き捨てる。
李牧は処罰はいかようにも、しかし、事態は急を要するため精鋭を誇る邯鄲軍の内、十万を出陣させる許可を願い出るが、悼襄王に拒否される。悼襄王は邯鄲軍がこの王都から一兵たりとも出ることはあり得ぬと断言する。
李牧は鄴が落ちれば数年のうちに邯鄲にも秦軍の刃が届くと説明する。悼襄王は構わんと返し、秦の刃が届いたところで邯鄲は落ちるわけではない、鄴とて難民さえ受け入れなければ不落の城であったと続ける。さらに悼襄王は邯鄲が包囲されても十年でも二十年でも籠城は可能だと話す。
李牧はそれでもいつかは落ちますと言うと病がちな自分はその頃とっくに寿命でいっている、国がどうとか民がどうとか後のことなど知ったことかと嘲笑う。
そして、李牧に対して、さっさと失せて職務を果たせ、鄴を失えば李牧とその一党諸共皆殺しだと命令する。

李牧が廊下を歩いているところに太子が現れる。太子は李牧に対して西より早く戻ってきたことに感謝する。また、この戦局に関わらず、邯鄲軍が動かぬこと、父の難儀を代わりに詫びさせてくれと言い、必要とあらば兵の士気を上げに前線にて矛を振るう心構えであり、遠慮なく声をかけよと話す。李牧は心得ましたが、その必要がないように努めますと言うと、太子は今が正念場だ、鄴を頼んだぞと力強く言う。李牧は今の暗闇を凌げば太子の時代に趙は真の光が差すと信じていた。

王翦は幹部を全員集めて、王都圏の戦いの全容を説明し始める。趙は鄴の食糧が尽きて城が陥落する前に王都圏の各軍が四方八方より鄴を解放せんと群がってくる。防ぎようのない敵に思えるが実際のところ鄴を一撃で解放する力を有する軍は閼与と撩陽の二つであり、これが鄴まで届けば鄴包囲網は間違いなく崩壊すると断言する。そこで、鄴はこのまま桓騎軍六万で包囲を続け、閼与と撩陽以外の趙軍襲来に関しては全てこの六万で対処してもらうと言う。撩陽軍は楊端和が今相対している相手であり、撩陽城から増援を送ればゆうに十万超えとなるため、壁が一万の軍勢を率いて援軍に迎えと命令する。そして、閼与へは王翦軍七万と玉鳳隊五千、楽華隊五千、飛信隊八千三隊を加え、八万八千で北上し、迎撃すると宣言する。貂は閼与に偏り過ぎじゃないかと危惧するが、王翦は閼与が本命であり、李牧が必ず閼与軍に入って攻めてくるからだと語る。

邯鄲では秦軍が撩陽と閼与の軍の迎撃に出てくるという情報が入ってきていた。
李牧は舜水樹に対して撩陽軍に入り、大将となり指揮を執ることを命じる。残りは全て李牧とともに南下中の閼与軍に入り、将校として戦ってもらいますと宣言する。傅抵がこっちに面子を固め過ぎてはと危惧するが、李牧は王翦も必ず閼与に向けて戦力を厚くしてくると言い、ここからはいよいよ力と力の勝負と言う。鄴の陥落か解放はどちからが相対する敵を討ち破るかどうかにかかることになりましたと語る。




ついに鄴攻略戦の戦いの構図が見えてきましたね。舜水樹と楊端和はたぶん互角の戦いで楊端和が撃破されることはないと思いますが、李牧対王翦はお互いにどちらかが撃破されるまで死闘を繰り広げられるのでしょう。駒としては紀彗等もいることからやや李牧側が有利な気もしますが、始まってみないとわからないですね。きっと武神もどこかで出てくるのではないかな?

しかし、悼襄王は生まれだけが恵まれていただけで、王たる資質は何一つないですね…その王からあの太子が生まれるとは…すごい…

nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 11

風

いよいよ 激突ですね
第1話の最初に 李信将軍と呼ばれている人物が描写されていますが 信が 李牧の 李の名前を受け継ぐのかなぁ?と考えています
この戦いに 注目しています
by (2017-05-25 08:36) 

総大将・王翦

いよいよあの長平の合戦に匹敵する大戦の幕が開くか。一体全体どの様な布陣図になるのかかなり楽しみ。にしても壁のあんちゃん、山陽の時は臨時五千将として王翦の〝囮〟として活躍させられたが、今回〝一万の囮の将〟として編入されていないか心配だ笑

李牧の危惧通り、現趙王は過去の暴君・暗君に並ぶほどの暗君だな。あれではどれだけ李牧ら忠臣が居たとて趙の斜陽は避けられまいと思いきや、太子の嘉は「名君の気風」ありで、李牧には何とか秦の攻勢をしのいでもらいたいと敵ながら応援したくなったが、やはり王翦を敬愛する身としては何としても鄴・閼与・橑陽を奪取し、王都・邯鄲に強力な〝楔〟を打つ結果を見てみたい。
by 総大将・王翦 (2017-05-25 12:12) 

お名前(必須)

趙王のあの割り切った考え方は潔くて嫌いじゃないです。
壁は桓騎軍の兵を2千率いる事になる様ですが、果たしてあの癖のあり過ぎる桓騎兵を扱い切れるのか…。
by お名前(必須) (2017-05-25 22:19) 

贔屓

久しぶりに合戦~
キングダムはやはりこれですね!
by 贔屓 (2017-05-25 23:21) 

もしゃ

次はいよいよ合戦ですかね。楽しみです。

太子嘉、名君の兆しがありますが彼も辛いですね・・・。後の代王ですか。
李牧の不幸は仕えた相手が悪すぎた。嘉は実父が悪すぎた。
by もしゃ (2017-05-26 12:38) 

お名前(必須)

相変わらず壁の捨て駒感が半端ないw
by お名前(必須) (2017-05-26 15:11) 

しゅうしゅう

業を落とす前に、閼与攻略になるのは、この辺、史記にそっていますね。

閼与を攻略することで、秦からの補給線を確保することが出来るとか。

あの太子がこの後、王となるのか、それとも、別に兄弟がいて、そっちが太子を押しのけて王となるのか、そちらも楽しみです。
by しゅうしゅう (2017-05-26 18:00) 

お名前(必須)

気になったのがこの悼襄王が史実では、この戦いの年に亡くなっているんですね。そして次の王は皇太子を廃嫡して・・・という混乱がセット。

まさか、この戦いの最中にこの混乱が起こるorあるいは暗殺とかで発生させられる・・・なんてなったら李牧はかなり追い込まれるのかな・・・と。政略・謀略の類ですが、オウセンは得意そうな感じなので。
by お名前(必須) (2017-05-27 08:20) 

お名前(必須)

次号は戦ですね。どこから始まるか…
カンキは後回しそうなので、信たちor楊端和か…

陣容的に、信側は王翦以外
ある程度…馴染みのある面々でメインディシュでもあるので
置いておいて楊端和側やるんですかね?

楊端和側の説明が入って、その強さに公孫龍側が面を喰らう?
その後、趙側も副官とか到着したり隠し手で巻き返すものの
最終的には楊端和の勝利…という流れでしょうか。

さすがにすぐには決着までいかず
信側、カンキ側と場面を入れ替えながら進行していくとは思いますが
by お名前(必須) (2017-05-28 09:09) 

かずお

見開きページにて出陣武将一覧がありましたが、マッチメイクを考えると信は…元離眼城城主将軍が相手かな?頼む、倒さずに降伏に持ち込んでくれ。李牧は王翦将軍よりも王様対応で辛い思いしそう。

王翦将軍が昌平君に頼んでいた事って、趙国王側近のカイカク…だったかな?…に偽情報流させて王に間違った判断を促し、結果李牧の軍の統制を乱す結果になるのかな?と推測。

でね?桓騎軍って守備苦手じゃなかった?軍師泣き言漏らしてましたが、必殺技の逃走が使えない防衛戦…まぁ城内も敵ですが…は桓騎軍の得意としない展開です。兎に角解放させないのが目的ですから、ギョウの街城主がそれに気付いて開門するか否か。

長い戦いになりそうですね。
by かずお (2017-05-29 07:00) 

先読みのシャア

いよいよ、合戦ですね、待ち遠しいです。
桓騎は、その他大勢の小隊が相手ですから、「雑魚共が」って言って、軽く一蹴って感じでしょう。鄴の城をこじ開ける秘策が炸裂しそうな気がします。勿論、流民の兵糧食い潰しありきとは思いますが。
楊端和の所は、策士対超武力って感じでしょうか?でも楊端和も頭が切れるので、意外に策士対決かも知れませんね。
李牧対王翦はもちろん、策士対策士ですが、平地の広い戦場で、両軍共、横陣での相対になれば、策なんて有って無いようなものだと思いますが・・・
それでも、秘策の応酬になるんでしょうね。
by 先読みのシャア (2017-05-29 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: