So-net無料ブログ作成
検索選択

第515話 小城の流民

咸陽では連合軍が列尾を捨てたという報が届く。城に秦の旗は立ててあるものの、兵は残っていなく、王翦からは列尾はすぐに趙に奪還されるため、補給は送らなくてよいという伝言があった。
それを聞き、昌平君は自分達が授けた策を捨てて、連合軍は王翦の策で動いていると判断した。
昌文君は列尾を捨てて、なぜ先に進んだのだと怒りと共に焦りを隠せないでいた。ここまでは間違いなく上策であったが、現場の何らかの理由で捨てざるを得なかったのであれば、即座に全軍退却すべきだ、連合軍は今持っている兵糧が尽きる前に鄴を落とさねばならなくなったと力任せに机を叩いた。
昌平君は連合軍の動きを確認する。伝令は楊端和五万が分離し、趙軍九万と交戦に入り、本軍は鄴へ向かわずに吾多という小都市へ攻め入ったと報告する。政はそれを聞き、昌平君にその意図を確認するが、昌平君は首を振り、王翦が何を考えているのかわからないでいた。

前線では吾多と同様のことをしており、信は焦っていた。王翦は流れができつつあると確認するが、信はそこに一刻も早く鄴へ向かうべきであり、山の民はそのために盾となって戦っていると主張すると、王翦は信の目の前に立ちはだかり、睨みつける。
王翦は李牧が最初の位置から邯鄲に戻るには最短でもあと一日かかる、そこから王都圏の軍を統制し、動き出すのに一日、それらが鄴を守りに到着するのに一日、それまでにこちらの仕掛けを済ませておく必要があると語る。
さらにここから鄴までの間にあと七つ城があり、王翦軍、桓騎軍、そして、楽華と玉鳳と飛信隊の合同軍の三軍に分けて西から順に足並みを揃えて落としていく、やることは同じく兵糧を全て奪い民を東へと追いやることだと続ける。

そこに急報が入る。列尾が趙軍の手に落ちたというものであり、太行山脈に沿って南下してきて軍、およそ五万が占拠し、外にまで展開布陣し始めたとのことであった。ついに出口が塞がれたのである。王翦はそれを聞き、楊端和に本軍の動きと足並みを揃えよと伝令を出す。

公孫龍は、山の民と相対していた。山の民は趙軍が攻めなければ動いてはこなかった。公孫龍は山の民は趙軍を足止めしていると考えているだろうが、それは逆であり、兵糧に制限があるのは秦軍で、刻一刻と首が絞まっていると考えていた。そこに山の民が東へ少し陣を動かしているという報告が入る。公孫龍は何も状況は変わらないと距離を保ったままついていった。

王翦の細かい指示に従い三軍が展開し中小都市を落として回ったため、城を追われた難民の群れは増え続ける一方であった。
山旦城を落とした信たちは移動する難民を眺めていた。信は難民を作って落とした城は占拠せず軍は次へ動かすと何をやらされているんだと叫ぶが、羌瘣はイナゴだと呟く。それを聞き、王賁と蒙恬は王翦の真意に辿り着く。

そして、王都圏南部に難民の大行列が出現していたその時ついに李牧が王都邯鄲へ到着した。





羌瘣がイナゴだと言ったことから、鄴に難民を向かわせ、難民に鄴の兵糧を干上がらせるということでしょうか。そうした場合、鄴を占拠しても結局補給が望めない秦連合軍も干上がってしまうでしょう。しかも仕掛けと言っていたからにはやはり難民に兵を紛れ込ませて、鄴を攻めると同時に中から瓦解させるということになりそうですね。
そして、李牧は逆に自ら作り上げた完璧に近い守りの鄴を奪還すべく王翦軍との戦いになるのかと思います。

合併号なので、来週発刊がないのはちょっと寂しいですね…

nice!(6)  コメント(21)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 21

総大将・王翦

イナゴのごとき民の大群を利用して敵の兵糧を食い尽くさせる策なんだろうか…んーそれならそれで敵側が〝何らかの形〟で民達を受け入れざるを得ないのが前提になるのだが・・まだ解らない。

しかも楊端和軍と足並みを揃えるなどと…尚解らん。
それをすると公孫龍も引き入れる形になると思うんだが。
まさか王翦は手始めに公孫龍軍九万を全戦力で包囲殲滅させるつもりなのか?いや列尾を陥とした扈輒軍五万がそれを見過ごすはずもない…んー想像もつかない。

信が総大将である王翦に意見するとは予想外だった。それに対して信の持つ〝矛〟に眼をやる王翦の心中やいかに(六将黄金期におそらく若手だった王翦は、その陰に隠れながら六将次席・王騎に何を見ていたのだろうか)。
by 総大将・王翦 (2017-04-27 08:28) 

モブ兵

歴史上ではすでに鄴は西門豹により黄河の治水が行われ発展したようですね。曹操も地政学的にも、農業、経済的にも最重要都市としておさめています。
首都の衛星都市として、農産物の供給的にかなり大事な都市ではないでしょうか?
そこを陥落させる事で長期的に防衛できるだけの兵糧が獲得できるのかも。
秦は優秀な将が多くて、李牧はつらいですね。
味方は引きこもりや山ごもりしている状態で王様はバカ、まだ使える将もカンキや楊端和を使える王翦と比べると一枚落ちだし。
by モブ兵 (2017-04-27 10:59) 

お名前(必須)

楊端和軍の本軍との連動は戦場の移動。
戦場を移動させる事によって、鄴方面以外へ逃げようとする難民の逃げ道を塞ぎ、鄴方面へ集中させる事だと思われます。
by お名前(必須) (2017-04-27 14:54) 

かずお

イナゴのイメージですと田畑を食い荒らす!に繋がるんですが、李牧が動き出せる三日間でどのように戦略的効果を得られるのか。王賁や蒙兄貴も貂よりも先に気付けた羌カイ、スゲェな。それ以上に楊端和様は既に気付かれていた様子。同調も王翦将軍の策を理解していたから動けるんだろうな、お綺麗です端和様。

悲しいのは列尾を奪い返して陣を張る兵士達、気付けよ笑。兵糧も兵士もゼロなら長期戦は望んでないと。背後を封じました奴らは袋の鼠です!みたいな勝ち誇っている顔が浮かびますが、陣を張るよりも追撃だろうに。地理的価値はあっても戦略的価値を下げられた列尾を見切った秦軍の判断をなぜ理解しようとしない?李牧は何故愚策を?と疑問に思ってましたが自分が用意していた策故に、内部から崩されるなんて考えつかないだろうな。

雷土、可愛いっす。

by かずお (2017-04-28 06:49) 

べべ

鄴が難民を受け入れるかどうかですね。受け入れれば兵糧が無くなるのは鄴が先になって、城を出て短期決戦に持ち込むのは趙になってしまう。受け入れなければ城の外は難民であふれかえり、弓で応戦できなくなるので、攻城しやすくなる。

王翦が出陣前に昌平君らに依頼した内容が気になりますね。いいタイミングで兵糧を積んだ船が黄河を渡ってくるのかな。。。
by べべ (2017-04-28 18:56) 

早く先が読みたい

一体この先どうなるんだろう。色々考えるのも楽しいですね。

疲労困憊で鄴に民が到着。周辺からかき集められて守備に当たってる兵士の家族も大勢含まれている。

だがこれだけの数を場内へ入れて食料を与えては大混乱。城門を開けるのか開けないのか、城内はもめる。

そこへ王翦軍が出現。更には楊端和軍が公孫龍軍と合戦しつつ出現。

民はパニックになって城門に殺到。家族を助ける為に門を開けようとする兵士と防ごうとする兵士で内戦状態に。

そこへ北から李牧軍が出現。民の一部は救いを求めて李牧軍の方へも殺到。こちらも大混乱に。

その隙に王翦軍は内戦状態の城を楽々と攻略するのであった。

みたいな展開なのかなあ。
by 早く先が読みたい (2017-04-28 22:09) 

先読みのシャア

まさに、難民はイナゴですね。イナゴは大群で田んぼの稲をダメにしてしまう。今回は鄴の城も、迎撃に出てきた李牧軍も群がられて、秦軍との戦いどころで無くなるんでしょうね。
鄴の城への進入は難民に紛れてかも、知れませんね。そして、李牧との決戦は案外、城の中かも知れません。まだ城の中の方が、難民は少ないでしょうから・・・
信らの武功はその時に挙げるんじゃないでしょうか?しかし、こんな作戦、李牧も虚をつかれる事でしょうから、王翦は李牧の上を行く化け物って事でしょうか?
それにしても、王翦と王騎、一族同士だし互いに認め合う仲かもですね。
後、王翦が昌平君に頼んだ事ってなんでしょうか?私も気になってます。燕軍の侵攻では無いように思いますが、さっぱりわかりませんね。きっと、今回の戦いでのポイントになる事でしょう。
by 先読みのシャア (2017-04-28 23:35) 

チェキ

まずギョウ周辺の9城弱すぎ(笑)
コウソンリュウ9万って彼は大将軍なの?
イナゴ作戦?ちょっと安易すぎないか?
全員がギョウに行くとは限らない
趙がコントロール出来る使者出して指示出せば良いだけ
逆にレツビから逆に進行されたらどうすんだ?
ちょっと展開に無理がないか?
by チェキ (2017-04-29 01:11) 

しゅうしゅう

今秦連号軍は、列尾の超軍、公孫龍の9万に、これから王都から出撃してくる李牧軍の3軍に囲まれているわけで、これらとの戦いをどう王翦は考えているのかが気になりますね。

李牧が来る前に、公孫龍の軍の数は削るか、
葬らないと、今度は補給線がない状態で
囲まれてしまうんですけど。

李牧達との戦いが終わってから、業には進行するのかもしれませんね。それまで、じっくり兵糧を減らしてもらう&王都から兵糧を運んでもらいそれを桓騎軍などがゲリラ的に確保。
by しゅうしゅう (2017-04-29 21:13) 

お名前(必須)

食料を持たない難民は飢餓状態になり暴徒化する。
そして暴徒化した難民は、近くて食料のある安全そうな城へと押し寄せる。
それが鄴。
趙がコントロールできるとは思えない。
by お名前(必須) (2017-04-29 23:57) 

もしゃ

難民が暴徒になる・・・が正解な気がします。手を下さなくても内輪もめになる。
公孫龍の軍は気にしなくていいと思います。
居ても何もできませんから・・・(暴徒相手に鎮圧する訳にもいかない)

by もしゃ (2017-05-01 18:07) 

ギャラクティカファントム

今回のイナゴ作戦がどうなるか私の様な愚者には想像もつきませんが、合従軍の時、李牧が南道の小都市を武力で撃破して咸陽に向かっていましたけど、この時に今回の王翦将軍の様に住民を一斉に咸陽に向かわせていたら秦国やばかったかも。

軍略に関しては昌平君・李牧より王翦将軍の方が遥かに上?
by ギャラクティカファントム (2017-05-02 08:42) 

十六夜

初めまして新参者ですが参加させてもらいます。
李牧に勝てなくても負けない方法は李牧の上司への精神的攻撃だと見方をしたら答えが出るかも。
あの国王です。
あの国王なら焦って李牧に無理難題押し掛ける確率がありそうなんですが?
新参者なりの愚直な感想です(笑)
by 十六夜 (2017-05-04 09:39) 

お名前(必須)

あの国王だから、李牧が事の重大さをいくら進言しても
危険性を理解できず、増援とかの要請も適当に受け流してしまいそう…。
でも、防衛に失敗したら責任は李牧に。

難民がギョウに押し寄せても
ギョウが門を開かなかった場合…
ギョウ周辺は難民で溢れかえってしまうから、秦軍は攻撃しにくくなりますが…
その一方でギョウからも秦軍を攻撃しにくくなる?
by お名前(必須) (2017-05-04 10:33) 

ポワン

王翦は王騎将軍の形見を見つめていましたね。ひょっとすると彼は王騎将軍の弟という設定ではないか。そして信が仇を取れるように龐けんと対決できるよう画策して行くのではないかと勘ぐってしまいます。
by ポワン (2017-05-05 17:49) 

お名前(必須)

確か王翦が本家、王騎が分家だったかと

ストーリー的にはて信があの三大天を葬るのは間違いないと思いますが それが今回なのかはたまた先なのか? ただ今回若手3人が活躍して3人とも将軍になるか誰かだけ逸れるかですね あとは李牧と王の確執がどこまで深まるかが楽しみですね
by お名前(必須) (2017-05-05 22:03) 

お名前(必須)

鄴に難民が集まることになるでしょうね。

その時に門を開けるか、開けないか、
門を開けると兵糧がなくなってしまうでしょう。

開けなかった場合は、
その場で暴徒と化し
内乱状態になるでしょうね。


by お名前(必須) (2017-05-06 00:34) 

風

ぎょうの城主難民 入れた
凄い 逆 食料攻め

おうせんは どこへ 向かったのか?
by (2017-05-10 09:26) 

お名前(必須)

過疎ってますね。
パクリブログお疲れ様です!
ここの住人気持ち悪いですね^_^
by お名前(必須) (2017-05-10 21:28) 

お名前(必須)

こう言うのもなんですがそうやって人のこと卑下してるお前の方がよっぽど気持ち悪いよ
by お名前(必須) (2017-05-11 05:36) 

始皇帝

始皇帝即位11年で他界する政はどーやって統一するんだろう。
めっちゃ気になる。。。
by 始皇帝 (2017-05-19 14:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: