So-net無料ブログ作成
検索選択

第506話 山の民の攻城戦

楊端和の檄により火蓋が切られた列尾攻城戦。山の民は火球の如く列尾に突進する。
それを見た趙兵は城の中に戻り始め、矢の雨を浴びせようと待ち構える。
突進する山の民の中から一際速い部隊の飛馬族が飛び出す。その速さは凄まじく、城内に戻る兵に追いつこうとしていた。城壁の上から放った矢もその速さでかいくぐったのであった。焦る趙兵は兵が戻り切る前に門を下ろすよう命令する。
飛馬族は落ちる門をすり抜けようするが、間一髪門を閉める方が早く、激突する。激突を避けられた飛馬族は矛などで門を破壊しようと叩いた。また、持ち上げようと試みる。しかし、門は当然の如く閉まったままであった。
それを見た楊端和は大体うちはこんな感じだと言い、始めるかと城壁に梯子をかける。

一方、玉鳳隊は小休止に入っていた。そこに列尾攻めの報告が入る。また、城攻めが山の民と飛信隊だけだという内容は玉鳳隊員達を驚かせた。王賁は王翦の意図を自分の目で確かめると言い、走り出す。関常は素直に飛信隊が気になると言えばいいのにと言うと王賁はそれを無視した。

列尾攻城戦は山の民が矢の雨の中、城壁を登ろうとしていた。それを趙兵が必死に抵抗していた。それを見ていた羌瘣はこの城壁はしばらくは落ちないと見ていた。
楊端和は遠巻きに攻城戦の様子を見ていたが、ある攻めどころを見つけ、バジオウと鳥加族を呼ぶ。そして、信にそれを援護させるための腕の良い弓使いはいないかと尋ねる。
信はとっておきのがいると自信たっぷりに返す。




攻城戦始まりましたね。さすがに飛馬族の電光石火で終わることはありませんでしたが、あまり時間がかからず終わりそうな雰囲気ですね…

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

総大将・王翦

まさに飛馬族は本能の赴くままの攻めだった。結局は全滅したとはいえ、楊端和が戦場全体を見てその都度淡々と指示を出す姿はサマになってた。

所変わって王賁だが…相変わらず関常とのやり取りは読んでいて面白い。でも素直じゃないからこそ王賁らしいし、いずれは色んな意味で素直になれるのかも気になった。(関常はまだ千人将なのだろうか?彼の実力なら王翦の副官でも何ら違和感のない男だが)。

最後に信が楊端和の城攻めに愚痴をこぼした矢先に背後から楊端和が名を呼ぶシーンはすごく面白かった笑
後はバジオウ率いる鳥加族と仁淡兄弟の連携が楽しみ。
by 総大将・王翦 (2017-02-16 07:52) 

しゅうしゅう

先週、山の民は、せいらん車は持ってないだろうと書きましたが、長いハシゴは持っていたんですね。

来週、飛信隊とっておきの弓使いがどう山の民とコラボしていくのが楽しみです。

彼らは初陣なので、お手柔らかに。

by しゅうしゅう (2017-02-17 01:32) 

かずお

弓兄弟は初陣で大事な場面を任される様子。動物は撃てても人を撃てるかな?とメンタル心配。

で、兄弟の名前。弟は兄から名前を言われているけど、兄は自己紹介すらしていない…筈。どーやって名前を皆さま、管理人様達は知ったのだろう?と疑問に思ってたら、欄外に名前を書かれてましたね。流石に欄外は読んでませんでした。

半日で落とす為には早い開門が不可欠。兄弟の援護射撃成功祈るばかりです。
by かずお (2017-02-20 06:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: